ナンパで番ゲ失敗した美女が5回連続で夢に出てきた話

この記事は 3 分で読めます。

こんにちは。ニャンチカです。
 
 
今回の記事では、
ナンパが上手くなるために、
超重要なことを書いています。
 
ナンパを上達させたいのであれば、
ぜひ読み進めていってください。
 
物語形式ですが、
面白くもあり、
勉強にもなる内容です。
 
再三言っていることですが、
ナンパが上手くなれば、
 
コミュ力も上がりますし、
彼女やセ○レも増えたりと、
いいことづくしです。
 
ナンパを一緒に、
頑張って行きましょう。
 
で早速今回のお話ですが、
タイトルの通りです。
 
ナンパで番ゲ失敗した美女が、
5回連続で夢に出てきた話。
 
です。
 
 

文化祭ナンパで戸田恵梨香似の美女発見

 
いきなりですが、
悔しい時ってどうしますか?
 
 
僕はですね。
「ああああああ」と叫ぶのを必死に、
こらえて一人で赤面しています。
 
(完全にヤバい奴ですね)
 
 
 
そして、
 
「絶対に挽回してやるぞ」
「見返してやる」
 
と、僕は一人で心の炎を、
燃やし続けています。
 
 
 
ところで先週の土曜日に、
ある大学の文化祭に行きました。
 
 
 
 
で大学に到着直後に、
気づいたのですが、
 
むちゃくちゃ可愛い、
女の子がいたんですね。
 
 
僕たちの前を歩いている、
前の二人組です。
 
清楚系美人と言ったところで、
戸田恵梨香似でした。
 
 
 
「これはヤバい。絶対に行くしかない」
とテンションMAXです。
 
全身に電流が走るとは、
まさにこのことかと。
 
 
で師匠が隣にいたのですが、
「絶対に俺一人で取ってやる」
と一人で突撃しました。
 
要は逆3の状態です。
 
(逆3…女の子二人組に一人でナンパしに行くこと)
 
 
 
 
そしてかつてないほどの、
マジモードでナンパです。
 
気合いが違いました。
 
今までのナンパの経験を生かし、
今までの勉強、練習を生かすために、
正真正銘の本気で臨みました。
 
 
 

番ゲ失敗して悔しさにまみれる

 
 
 
で結果はと言いますと、
 
 
 
ラインゲットならず・・・・
 
 
 
 
 
ちなみに僕が前に新宿でナンパして、
失敗した女の子も超絶悔しかったのですが、
今回はその子の比ではありませんでした。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新宿でナンパして失敗した時の話はこちらです。
↓ ↓ ↓ ↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
まあ原因はいくつかあるのですが、
一つだけ言うとするならば、
 
「Sキャラの浸透が弱かった」
 
ことです。
 
 
 
 
 
相手がかなりの美人だったために、
ビビってしまったのが原因でしょう。
 
 
(Sキャラの浸透については、
 別の記事で書こうと思います)
 
 
僕はたまらなく悔しかったです。
 
「なんでもっとうまくできなかったのか?」
と後悔のオンパレード。
 
 
 
 
 
家に帰った後、
一人で泣いていましたwww
(完全にキモい奴です)
 
 
 

5回連続で夢に出現する美女

 
で次の日曜日は、
気持ちを切り替えて、
別の文化祭に行きました。
 
そこでは6番ゲというまあまあの、
結果を残すことができたのですが、
 
やはり土曜日の美女のことが、
超絶気になっていました。
 
 
 
そのせいだったのでしょうか。
 
23時くらいに寝たのですが、
その美女が夢に出てきたのです。
 
で、24時に目が覚めました。
 
「ハッ!夢か・・よりによってあの女かよ」
 
とすぐに寝ます。
 
そうしたら、またその美女が、
夢に出てきましたw
 
で今度は2時くらいに目が覚めますw
 
 
「またかよw」と思いすぐに寝るのですが、
 
朝の4時、5時と1時間おきに、
それが続いたので、
 
 
「なんなんじゃーーーー!」
と布団を飛び出て、
 
家も飛び出て、
ランニングしてきました。
 
 
 
で30分間走り続けて、
「もう大丈夫だろうと」
また少し仮眠をとったのですが、
 
 
またもや美女が夢に出てきたんです。
 
 
 
もうこれは拍子抜けで、
一体なんなのと。
 
「なんでこんなに出てくるんだよw」
と自分でも意味不明でした。
 
 
「5回連続出てくるって、
 なんなの?」
と。
 
 
ちなみに夢の中では、その美女と、
ムフフな感じになることもなく、
普通に喋っているだけでした。
(ちくしょう)
 

悔しくて悔しくて震える

 
なのでずっと今日は、
その美女のことが頭から離れません。
 
何しろ5回連続で同じ夢を見るなんて、
初めてだったので。
 
ただその美女を思い出すたびに、
悔しさもこみ上げてきます。
 
 
 
胃のあたりがムカムカしますし、
叫んで走り回りたい衝動に駆られます。
 
発狂衝動みたいなものですかね。
 
それと同時に、
ふと思うことがありました。
 
 
それは・・・
 
 

悔しいとすら思わなかった僕

 
 
「こんだけ悔しいと思ったの、
 いつぶりだろう」
 
 
ということです。
 
またこうも思いました。
 
「ていうか本気で悔しいという感情を、
 感じたことってあったっけ?」」
 
 
うーん。
なかった気がします。
 
 
というのも昔の僕は、
もっとひねくれていました。
 
特に中高のモテなかった時です。
 
モテる男を見ては・・
 
「あいつはイケメンだし・・」
「あいつはリア充だから・・」
「俺は人見知りだから・・」
 
と常に言い訳をしていました。
 
 
 
 
で挙げ句の果てには、
 
「女なんて興味ないんだよね」
 
と言いながらも、家では、
毎日3回オ○ニーをしていた僕。
 
 
「あいつはコミュ力があるから」
「でも俺は人見知りだから」
「イケメンでもないから無理」
 
そんな感じのことを、
思いながら生きてきました。
 
 
けどそれって、
自分で限界を決めちゃっているから、
成長がないんですよね。
 
悔しいという感情を感じないのは、
現状に満足してしまっているからです。
 
 
 
 
「別にもう成長しなくていいだろ」
と思っているからこそすごい人に会ったり、
 
上手くいかないことがあったとしても、
悔しさを感じないのです。
 
 
僕は大学4年生の春から、
ストリートナンパを始めました。
 
元対人恐怖症、
元カノは一人。
 
という底辺みたいな、
状態から始めました。
 
 
というのも、
同じ大学生が毎月10人以上の女の子と、
エ○チしているのをツイッターで見たら、
悔しくてたまらなくなったのです。
 
 
だって同じ大学生が、
そんなハーレムみたいな生活を、
しているのが許せなかったのです。
 
悔しくてたまりませんでした。
 
だからこそ、その人に弟子入りして、
こうやって必死にナンパを、
するようになりました、
 
 

悔しさは成長の原動力

 
 
「悔しいから俺も絶対に追い越してやる」
と思いながら僕はナンパを始めました。
 
 
 
 
もちろん、いきなりは無理ですが、
 
「ちょっとずつ追いついていこう」
と思い今もこうして、
ナンパを続けています。
 
 
そうやって悔しいという気持ちに正直に、
前から向き合ったからこそ成長できました。
 
 
「悔しいいいいい」
「畜生ううう」
 
当時の僕はこの一心で、
やっていたなあと。
 
 
悔しさのエネルギーは、
ものすごいものがありましたね。
 
 
 
「それに比べて今はどうだ?」
 
 
「成果が少しずつ出てきた分、
 昔のような悔しさとか必死さは、
 なくなってるんじゃないの?」
 
ともう一人の自分が、
話しかけているような、
感じがしたのです。
 
 

悔しさをバネにする

 
僕は今回の出来事が、
非常に勉強になったなあと感じました。
 
 
 
 
昔、感じていた悔しさを思い出したし、
「絶対もっと上手くなってやる」
とモチベが上がりましたし、
 
もちろん辛いことではありましたけど、
いい刺激になりました。
 
 
 
 
だから今後も悔しさというのは、
大事にしていこうと思います。
 
 
僕は今後ナンパをするときも、
そして今後ずっと、
 
あの美女のことを忘れないだろうし、
5回連続で夢を見たことも、
決して忘れないでしょう。
 
 
今回の悔しさを忘れずに、
バネにして今後もナンパを続けていこうと、
思わせる出来事でした。
 
 
 
追伸
 
 
僕の尊敬する方が、
以前こうおっしゃっていました。
 
 
「悔しい時は対処法よりも、
 悔しさを大事にするべきだと思う。」
 
まさにその通りです。
名言ですね。
 
 
それではまた。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は20歳まで「彼女いない歴=年齢」の童貞でした。
ですが、そんな僕が今ではナンパ師になって
色んな女の子と付き合ったり、エ○チできるようになりました。

・・・と、言っても怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「絶対嘘だろwwwありえねえよwww」
とか思っていること間違いないですね笑

ですが、これは紛れもない真実です。

僕は対人恐怖症、女性恐怖症に悩まされていた時もありました。
またどんなに女性にアプローチしてもことごとく断られるというキモいやつだったのです。。

けど、師匠から教えてもらったナンパがきっかけで、
僕は短期間でナンパスキルを鬼のように伸ばしていき、
色んな女の子と仲良くなれるようになりました。
そうして僕はナンパ活動をしているのですが、本当によかったなと思っています。

この経験からどんなにもてずに苦しんでいる人も、
ナンパスキルを身につけることで、
女の子と仲良くなって彼女にしたりセ○レにすることはできると僕は確信しております。

コミュ障の僕はどのようにして、
ナンパ師になれたのか??その過程は以下の記事からどうぞ。

ニャンチカがナンパで女にモテまくって
ヤリチンになれた秘密


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、対人恐怖症のコミュ障がヤリチンになるまでのストーリーを読む】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です