ナンパ音声を聞いてもらって添削の重要性をひしひしと感じた

この記事は 2 分で読めます。

こんにちは。ニャンチカです。
 
 
今回は他人のナンパ音声を添削すると、
むちゃくちゃ実力つくよって話です。
 
 
ナンパを上達させるために必要な話を、
この記事では書いています。
 
成果が出ずに困っている人は、
たくさんいます。
 
今回書かれているような内容を使えば、
最速で成長することができます。
 
 
スランプに陥ってる人ほど、
読んでおいて欲しい記事です。
 
 

ナンパ添削会に行ってきました

 
 
昨日はとあるナンパのセミナーでした。
 
 
 
セミナーのメンバーの方々とは、
ツイッターでお互いにメッセージを、
 
送ったりしていましたが、
リアルで会うのは今回が初めて。
 
 
 
この人は大体こんな感じなんだろうなと、
予想はしていましたが、
 
 実際に会ってみると印象が、
ガラリと変わる方もいらっしゃいました。
 
 
それでセミナーでは、
一体何をやったのかと言うと、
 
 
自分のナンパ方法について、
10分くらいプレゼンし、
 
そのあとナンパ音声を持ち寄って、
みんなの前で再生することでした。
 
 
 
 
「自分が声をかける時に、
 意識していることは、
 こういうことです」
 
 
「カフェに連れ出したり、
 ホテルに連れ出す時は、
 これに注意していますとか。」
 
 
前に立ってホワイトボードを使いながら、
話していきます。
 
 
 
 
で重要なのはここからで、
この後添削をしていくのです。
 
 
 
発表した人のどこを改善すればいか?
  
これをみんなで考えていきます。
 
あとは質問したりもしていきます。
 
 
 
このセミナーでは自分のナンパを、
客観視するのに非常に役立ちました。
 
 
 
 
自分でナンパしているだけだと、
どんな部分が悪いのかに気づくのが、
非常に難しいです。
 
 
でも他人のナンパ音声を聞いていると、
頭の中が冷静になって、
色々思いついてくるんですよ。
 
 
話を聞いていて、
 
「その切り返しはダメだろwww」
 
「話を盛り上げがうまい」
 
「テンションとトーンの使い分けがすごい」
 
 
などなど、
どんどん出てきます。
 
 
 
僕は結構色々な人から、
ダメ出しされまくったのですが
 
 
僕も積極的に他人の音声に対して、
指摘をしていきました。
 
 
 
 
そして発表したのが、
僕含めて6人くらいだったので、
かなり勉強になりました。
 
 
「ナンパをしていて、
 どこで躓くのか?」
 
「どこが自分には足りないのか?」
 
が色々学べます。
 
 
 
 
あとはリアルタイムで、
他の人の視点も聞けるのが、
良かったです。
 
 
やっぱり添削といっても、
自分1人の視点ってどうしても限界があります。
 
 
大勢で添削しあうと、
 
「この人はこういう視点で添削するのかー」
と自分にはない視点を得られるのが、
非常にGoodでした。
 
 
 
 
今まで僕は師匠にナンパ音声を、
添削してもらってはいたのですが、
 
 
学んだことに基づいて、
他人の音声を添削するのは、
力がつきまくるなと改めて実感しました。
 
 
 
だからこれからは師匠のナンパ音声も、
添削させてもらおうかなと、
 
 
と言うわけでセミナーで、
ナンパ音声を添削してみて、
思ったことを書いてみました。
 
 
 
添削することと、
ナンパ音声をとることは、
自分の成長には絶対にマストです。
 
早速実践してみようかと思います。
 
 
なのでナンパがなかなか上手くならないよ、
という人はまずナンパ師の音声を、
添削してみることから初めてみると効果的です。
 
 
 

他人のミスを指摘したら自分はもうミスれない

 
ここまで読んできて、
「添削なんて本当に効果あるの??」
と感じた方がいらっしゃるかと思います。
 
 
 
 
というか僕も昔まで思ってましたね。
 
「添削かあ。めんどくせえなあ」
 
「他人の音声を添削させるくらいなら
 ナンパさせろよ」
 
という感じです。
 

 

 
 
ですがこれは大きな間違いだったことに気づきます。
 
 
 
そのきっかけは師匠の一言。
 
「ちょっとこの音声添削してみて」
 
 
 
 
 
僕「えーまじすか?」
 
師匠「他人の音声を添削をすると、自分でも同じミスをしづらくなる」
 
 
僕「そうなんですか。。。。」
 
師匠「添削して」
 
 
僕「ウィッス」
 
 
 
そう言って僕は、
他人の音声を添削し始めたのですが、
 
「これはひどいww」
 
と思わず聞いていて、
思ってしまいました。 
 
「これは初心者か?」
思わずに感じられない声掛け。
 
 
セリフに全く感情が、
感じられない。
 
おそらくまだ言葉が、
自分のものになっていないのだろう。
 
 
「しかもこいつ声小さくて、
 聞き返されてるじゃんw」
 
その子のナンパの第一声が、
小さくなっていたせいか、
女の子に聞き返されていたんです。
 
 
「いやー聞き返されるのはダメだろ」
と僕は聴きながら思っていました。
 
 
まあ声が相手に聞こえないって、
ナンパで相手と会話をしたいなら、
あってはならないことです。
 
聞こえなかったら、
相手は無視するのが、
関の山ですからね。
 
 
そんな調子だったので、
僕はひたすらノートに改善するべき点を、
書きまくりました。
 
 
  
 
 
 

まさかの同じミスをする

 
 
そして添削をしてから二、三日して、
ナンパに行くことがあったんですよね。
 
  
「よしー今日もいっちょナンパするかあ」
とハイテンションで向かった僕。
 
 その日は渋谷で、
ナンパをしていました。
 
 
 
するとそう思っていた矢先、
横を超絶美人が通り過ぎます。
 
 
むちゃくちゃ綺麗な女子大生。
ミスコンに出てそうなくらい、
可愛かったです。
 
北川景子似の、
女の子でした。 
 
 
 
それをみた僕は、
 
「これは行くしかない」
と突撃します
 
 
 
「めっちゃ可愛い。ヤバイ可愛い。」
 
僕の頭はそのことでいっぱいでした。
 
そして次第に緊張していきました。
 
「上手くいくかな?」
 
「反応してくれるかな?」
 
 
そしていざ声をかけたのですが、
緊張しすぎたせいで、
 
上手く言葉が出てきませんでした。
 
 
 
 
そして
 
 いざ声をかけたものの・・・
 
 
 
「え??なんですか???」
 
 
 
 
そう。
 
僕はあろうことか、
聞き返されてしまったのです。
 
 
 
その瞬間僕はテンパリまくりですよ。
 
 
「やべええええええ」
 
 
 
相手が聞き返してくる時点で、
相手にストレスをかけてるんですよね。
 
それに相手に自分の言葉が、
伝わってないってことだから。
 
 
声が小さかったり、
滑舌が悪いという、
 
ナンパをする前に超基本的なところで、
引っかかってるということです。
 
もちろん相手が可愛かったから、
緊張していたということもあったでしょう。
 
 
ですが相手が美人だろうが、
いつもの実力を出せなかったら負けです。
 
 
それにナンパは一回きりの、
真剣勝負です。
 
 
やり直しはきかない。
 
斬るか斬られるかの世界。
 
 
 
結局僕は焦りに焦ってしまったことで、
 
相手からの反応は得られず、
その子との会話は終了しました。
 
 
 
「つい2日前に
 自分が言ったことが
 できてねえじゃん」
 
 
 
 
もうびっくりですよ。
 
音声を添削していた時は、
 
「こいつ声小さすぎwww」
 
と思っていたのに、
自分でもできていなかったんですから。
 
 
 
僕はそれを経て、
 
「絶対に二度と、
 聞き返されないようにしてやる。」
 
と誓いました。
 
 
その後は僕が、
意識しまくったこともあって、
そのミスはなくなりました。
 
 
ですが添削で自分が、
音声を添削し、
ミスを指摘しなければ、
 
 
「人に言ったことが、
 できてないってヤバイ」
 
 
となることはなかったでしょう。
 
 
僕はこのことから、
添削の重要性を実感しました。
 
 
自分がそのミスを、
繰り返さないためにも、
添削は役に立つと。
 
 
 
なので音声を添削することは、
非常にナンパを上達させるために、
役立ちます。
 
 
ぜひ少しでもいいので、
試してみてください。
 
 
 
 
それではまた。
 




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は20歳まで「彼女いない歴=年齢」の童貞でした。
ですが、そんな僕が今ではナンパ師になって
色んな女の子と付き合ったり、エ○チできるようになりました。

・・・と、言っても怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「絶対嘘だろwwwありえねえよwww」
とか思っていること間違いないですね笑

ですが、これは紛れもない真実です。

僕は対人恐怖症、女性恐怖症に悩まされていた時もありました。
またどんなに女性にアプローチしてもことごとく断られるというキモいやつだったのです。。

けど、師匠から教えてもらったナンパがきっかけで、
僕は短期間でナンパスキルを鬼のように伸ばしていき、
色んな女の子と仲良くなれるようになりました。
そうして僕はナンパ活動をしているのですが、本当によかったなと思っています。

この経験からどんなにもてずに苦しんでいる人も、
ナンパスキルを身につけることで、
女の子と仲良くなって彼女にしたりセ○レにすることはできると僕は確信しております。

コミュ障の僕はどのようにして、
ナンパ師になれたのか??その過程は以下の記事からどうぞ。

ニャンチカがナンパで女にモテまくって
ヤリチンになれた秘密


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、対人恐怖症のコミュ障がヤリチンになるまでのストーリーを読む】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です