【日記】大学の定期テストほど無駄なことはないことを学んだ

この記事は 2 分で読めます。

こんにちは。ニャンチカです。

今日はタイトル通り、
「大学の定期テストほど無駄なものはない」
ということについて書いていきます。

今夜も日記という感じで、
お届けしていきますね。

僕は今大学4年生です。

もう大学もいよいよ卒業です。

ですが・・・

定期テストと戦わなければいけません。

授業が1つあるのでその授業のテストを、
控えています。

来週の土日からテストということもあって、
周りの人たちはテスト勉強をしまくっています。

ですが、僕は全くやってません。

直前に詰め込むタイプなので、
1日、2日前から始めて来ます。

「1日前とか大丈夫なの??」
と思うかもしれませんが、
案外なんとかなります。

恋愛商材を普段読みまくって、
勉強していることもあり、
暗記法についてはだいぶ極めました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その暗記法についてはこちら
↓ ↓ ↓ ↓
ナンパフレーズを脳内に染み込ませる最強の暗記法
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ということで、
僕はかなりゆるりと過ごしています。

で、僕が今疑問に思っているのは、

「大学の定期テストって意味あるの?」

ってことです。

大学のテストってただの暗記作業です。

「試験にはこれが出ます」と先生に言われて、
解答を一言一句暗記するだけです。

論理的思考力とか、
背景知識とか、
そういうものは一切ありません。

逆に言えば”解答”さえ暗記してしまえば、
授業の単位は取れます。

要は大学が求めてるのって、
「解答暗記力」でしかないんですよ。

「いやー意味ないだろ・・・」
と僕は思っています。

しかもテストで出る内容って、
かなり意味のないものが多いです。

もちろん意味があると言えば、
意味がありますが、

それを日常生活に置き換えたりして、
考えなければただの枝葉の知識で終わります。

僕の場合は、統計学で培った視点、思考法から、
ナンパを見ることができました。

なので、自分が先行している統計学の勉強は、
効果的だったし、役に立ったと思います。

でも、それ以外の勉強、授業って、
本当に意味ねーよなーって思います。

自分でAmazonから本を買って、
ひたすら読みまくる方が勉強になりますしね。

まあでも大学生が勉強に意味を、
見出していないのも、
本当に深刻な問題だと思いますね。

大学の図書館には半端じゃないほどの本があり、
パソコンルームだって24時間解放していて、
留学生との交流の場だってあります。

勉強しようと思えば、
いくらでもできます。

僕の場合は勉強のベクトルが他の大学生とは違い、
”恋愛の勉強”に向いてしまいましたが、
ずっと恋愛の勉強をしまくっています。

今でも恋愛商材を買いあさってますし、
書店で売られてる恋愛本や、
心理学、催眠などの勉強をずっとしています。

ですが、世間一般の大学生はそんなことはありません。

勉強なんてしないし、
飲み会やカラオケに行きまくります。

いやーもったいねえなと。

一回の飲み会で3000円かかります。

3000円あったら本が3冊も買えます。

1ヶ月飲み会を我慢したら、
恋愛商材だって余裕で買えます。

もちろん大学生の言い分もわかりますけどね。

「遊べるのは今しかないだろ!」
「今のうちに遊んどけって言われるしな」

ただ、この負のループは意外と簡単に、
捨てることができます。

「ワクワクするような目標、ゴールを作ること」

です。

僕の場合はそれがナンパでした。

「ワクワクするようなゴール」ができた瞬間、
それを達成するための毎日が楽しくなります。

勉強するのも行動するのも苦じゃなくなり、
どんどんどんどん楽しくなるんです。

ということで今回は、
かなり日記風の文章になりました。

これからはメルマガで書こうかな・・・笑

ということで今日はこの辺で。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は20歳まで「彼女いない歴=年齢」の童貞でした。
ですが、そんな僕が今ではナンパ師になって
色んな女の子と付き合ったり、エ○チできるようになりました。

・・・と、言っても怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「絶対嘘だろwwwありえねえよwww」
とか思っていること間違いないですね笑

ですが、これは紛れもない真実です。

僕は対人恐怖症、女性恐怖症に悩まされていた時もありました。
またどんなに女性にアプローチしてもことごとく断られるというキモいやつだったのです。。

けど、師匠から教えてもらったナンパがきっかけで、
僕は短期間でナンパスキルを鬼のように伸ばしていき、
色んな女の子と仲良くなれるようになりました。
そうして僕はナンパ活動をしているのですが、本当によかったなと思っています。

この経験からどんなにもてずに苦しんでいる人も、
ナンパスキルを身につけることで、
女の子と仲良くなって彼女にしたりセ○レにすることはできると僕は確信しております。

コミュ障の僕はどのようにして、
ナンパ師になれたのか??その過程は以下の記事からどうぞ。

ニャンチカがナンパで女にモテまくって
ヤリチンになれた秘密


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、対人恐怖症のコミュ障がヤリチンになるまでのストーリーを読む】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です