友人「最初は可愛くない女の子を口説いて練習しろ」 僕「それってどうなのよ・・」

この記事は 5 分で読めます。

こんにちは、ニャンチカです。

今回は、タイトルにある通り、

「可愛くない女の子を口説いて練習する
 という考えは良くない」

という話をこれからしていきます。

 

可愛い女の子や美人と付き合ったり、
仲良くなるために大事なことを、
今回盛り込みました。

これを知ることで、
周りの男性と差がつきますし、
美女と仲良くなるには、
絶対に知っておかなければならないことです。

逆にこれを知らないと、
いつまでたっても可愛い子を、
落とせないという現象にハマります。

「美人と付き合いたい!」という人は、
多いと思うので、このまま読み進めていってください。

 

「まずは可愛くない子で練習する」風潮について

 

巷の恋愛商材や、書店で売られている恋愛本を見ると、

「あなたがモテないうちは、
 レベルの低い女の子や可愛くない女の子を、
 口説いて恋愛の練習しましょう。」

という内容をよく見かけます。

でこれはナンパ師の間でも
非常によく言われていることです。

 

確かに、
「恋愛経験ゼロ、童の童貞」
という状態であれば、

モデル級の美人であったり、
誰もがチヤホヤするような、
人にアプローチするのは、
無謀に思えるかもしれません。

 

「まず最初は身の丈にあった女の子を選ぼうよ」
というのもわかります。

 

恋愛というものが
お互いの価値(会話力、ステータス、金、顔など)を、
交換しあうものだとします。

そうすれば、今の自分の”レベル”に、
あった女性と付き合うのが、
普通なのかもしれません。

だから僕は
「最初は可愛くない女の子を口説いて練習しろ!」
という考えを100%否定するわけではありません。

ですが、その上で言いたいことがあります。

それは、
「可愛くない女の子を口説くのって、
 めっちゃデメリットあるよ」
ということです。

 

正直、僕はこの
「最初は可愛くない女の子を口説いて練習しろ!」
という意見には、否定派です。

 

真っ向から否定するわけではないけど、
賛成しかねるみたいな感じです。

 

ということでなぜ僕が、
「最初は可愛くない女の子を口説いて練習する」
という意見に否定的なのか?

これからお話ししていきます。

 

可愛くない子を口説いても自信はつかないから

「100人斬りしたり、
 色んな女の子とエ○チしまくったり、
 彼女が増えまくったら俺にも自信つくんじゃね?」

と思う人がたまにいます。

 

ですが・・・

恋愛で自信がつくときは、
「自分が可愛いと思った女の子」
と関係を持ったときです。

もちろん顔だけというわけではなく、
性格が魅力的だったりする場合も当てはまります。

で、
「この女の子可愛いな〜やりてえなあ」
と思った子と付き合ったり、
エ○チすると、

「俺ってやるじゃん・・」
「こんな可愛い子と・・」

みたいになって謎の自信が湧いてきますw

ですが、「この女可愛くねえなあ」と思いながら、
女の子とデートしたり、ご飯を食べたり、
エ○チしたとしても、

あなたに自信はつきません。

もちろん全員がそうとは一概に言えませんが、
ほとんどの人が当てはまるかと思います。

 

もちろん可愛くない女の子と関わる上で、
何か学びになることはあるかもしれませんが、
「自信がつく」ということにはなりにくいです。

 

「俺はとにかく誰でもいいからセックスしたいんだ!」
という人にとってはいいかもしれないのですが、

「ナンパや恋愛を通して自分を成長させたい」
と思ってる自分にとっては、
あまり意味のない行為です。

 

どうせ行くなら、
可愛い子に行こうよって僕は思います。

 

可愛くない子は簡単に落とせるので無理して美人に行こうとしなくなるから

 

少し言葉が悪く、非常に下品な言い方に、
なってしまうかと思いますが、

可愛くない子って簡単に落とせてしまいます。

これは別にナンパの話ではなく、
普通に恋愛したらって意味です。

可愛くない子はあまり男から優しくされない。
だから、優しくされると簡単に落ちてしまう。

とよく言われていますが、
その通りです。

 

例えば、誰でもいいからセックスしたいのであれば、
僕だったら、出会い系で容姿が普通の子に、
メッセージを飛ばしまくります。

で、ご飯を奢ったりそれなりに優しくしたら
簡単に付き合えますし、
簡単にセ○クスできます。

 

とここまで書いてきて、

「え?セックスできて、
 彼女ができるならいいじゃん?」

と思う人もいらっしゃるでしょう。

 

一見パラダイスのように思えてしまうのですが、
ここには大きな落とし穴があります。

それは・・・

可愛くない子は簡単に落とせてしまうあまり、
可愛くない子を口説き続けるループから、
抜け出せなくなってしまう

ということです。

 

この落とし穴にはまってしまうと、
美人や可愛い子に対して勝手に、
苦手意識を作り出すようになります。

 

そうなると、

「無理して可愛い子に行かなくても、
 まあ簡単に落とせるなら今のままでいいや・・」

となってしまい、
可愛い子に行けなくなってしまうのです。

人間はどんどん楽な方に流されますから、
エネルギーを使って可愛い子に行く必要性を、
感じなくなるのです。

 

それは自分が「美人と仲良くなりたい」
と思っている場合でもです。

そうやって勝手に自分の可能性を、
決めてしまうようになります。

 

可愛くない子を口説いても楽しくないし、相手がそれにバレるから

「最初は可愛くない女の子を口説いて練習しろ!」
とよく言いますが、

「そもそも練習って何?」
と僕は思っています。

多分ナンパだったら、
声掛けをして、カフェに連れ出して、
という”作業”のことを指すのかもしれません。

もちろん、その”作業”を繰り返すことで、
女慣れする可能性はあります。

ですが、あなたが”練習”と思って、
女の子に接していたら、
相手にそれはバレます。

「あーこの人本気じゃないなー。
 ただやりたいだけなんだろうなー」

みたいにバレます。

普通に相手は傷つきます。

 

小学校とか中学の時に、

罰ゲームで好きでもないクラスの子に、
適当に告白してみる

みたいな鬼畜ゲームありませんでした?

 

僕の頃は、
クラスのある男子がじゃんけんに負けて、
地味な女の子に告白していました。

で、その女の子は告白されるのが初めてだったそうで、
非常に嬉しそうにしていたのですが、
そのあと罰ゲームだったことをバラして、

「さっきのはなしね笑」
みたいになりました。

 

そしたら女の子は急に泣き出して、
「もうなんなのよ!」みたいに、
喚き散らしていた記憶があります。

 

で、この”練習する”というのも、
非常にこの告白の例と似ています。

「あ、この人本気じゃないんだ。嘘なんだ」
とわかった瞬間、女性はかなり傷つきます。

 

というか男だってそうですよね?

告白された後に、
「やっぱ嘘でした〜あれ罰ゲームっすwww」
って言われたら普通にブチ切れますよね?

それと同じです。

 

そもそもですが、
「可愛くない子を口説いて楽しいか?」
っていうのが僕の根底にありますけどね・・・

 

できるだけ可愛い子に行くべき

ということでここまで、
散々否定してきました。

 

「美人は怖いし無理だよ・・」
「いや可愛い子は緊張してしまう・・」

という意見もありますが、
それらを踏まえても、
僕は「可愛い子に行く」ようにしています。

僕としても、
「美人と仲良くなりてえエ○チしてえ」
と思ってるので将来の自分が美人を抱けるように、
それこそ”練習”しています。

もちろん最初の一歩は可愛くない子でもいいと思います。

ナンパを始めた時だったり、
最初に付き合う彼女だったり、
最初にセ○クスする相手だったり、

特に最初の一人とかだったら、
別に相手にこだわらなくてもいいかなとは、
思います。

 

ですが、ずっとそんなことをするのは、
よくないよーという話でした。

 

「可愛くない子は練習で」と思った瞬間、
「可愛い子と可愛くない子は別の生き物」
と僕は考えてしまうので、

美人に行けなくなるなーと、
最近思うようになったのです。

 

ということで、今回は、
「できるだけ可愛い子に行け!」
ということでお話ししてきました。

 

それではまた。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は20歳まで「彼女いない歴=年齢」の童貞でした。
ですが、そんな僕が今ではナンパ師になって
色んな女の子と付き合ったり、エ○チできるようになりました。

・・・と、言っても怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「絶対嘘だろwwwありえねえよwww」
とか思っていること間違いないですね笑

ですが、これは紛れもない真実です。

僕は対人恐怖症、女性恐怖症に悩まされていた時もありました。
またどんなに女性にアプローチしてもことごとく断られるというキモいやつだったのです。。

けど、師匠から教えてもらったナンパがきっかけで、
僕は短期間でナンパスキルを鬼のように伸ばしていき、
色んな女の子と仲良くなれるようになりました。
そうして僕はナンパ活動をしているのですが、本当によかったなと思っています。

この経験からどんなにもてずに苦しんでいる人も、
ナンパスキルを身につけることで、
女の子と仲良くなって彼女にしたりセ○レにすることはできると僕は確信しております。

コミュ障の僕はどのようにして、
ナンパ師になれたのか??その過程は以下の記事からどうぞ。

ニャンチカがナンパで女にモテまくって
ヤリチンになれた秘密


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、対人恐怖症のコミュ障がヤリチンになるまでのストーリーを読む】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です