番ゲしてもLINEの返信がこないのはよくあることなのだ

この記事は 2 分で読めます。

こんにちは。ニャンチカです。
 
 
ナンパしてLINEをゲットしても、
返信がこないことなんて、
よくあることだよー
 
ということを話していきます。
 
 
これを理解できれば、
 
ラインの返信がないことで、
落ち込んだり、無駄にストレスを、
抱えることがなくなります。
 
 
 
これからナンパをしていく上で、
非常に重要な考え方ですし、
 
気持ちの切り替えをする上では、
大事な話です。
 
 
気持ちの切り替えができれば、
行動力も上がっていくので、
感情のコントロールは、
ナンパをする上では必須になります。
 
 

番ゲしても返信が来るかは不明

 
 
「番ゲをしてもLINEの返信がないのは、
 よくあることだ」
 
という話をしてきたのですが、
実際に僕があった出来事を元に、
話していきますね。
 
 
それでは物語の始まり始まり〜
 
 

美女を文化祭で発見!

 
 
僕は9月の中旬に、
ある大学の学祭に行きました。
 
 
 
そこで師匠と一緒に、
コンビナンパをしました。
 
 
やり方はいたってシンプル。
 
女子大学生の二人組に、
話しかけるという方法です。
 
 
大学の廊下で、
二人組を見つけました。
 
 
しかもかなりかわいい。
 
 
一人目は有村架純似の女の子で、
 
 
二人目は広瀬すず似の女の子。
 
 
「これはいくしかない!」 
と突撃です。
 
 
 
 
 
まず僕が最初に話しかけに行きました。
 
笑いが取れてオープン。
 
そこですかさず師匠も、
入り込み会話を続けます。
 
やはり文化祭ということで、
反応はかなり良いです。
 
ストリートなら、
無視されるのが普通ですが、
文化祭なら会話は100%成立します。
 
 
で、女の子の反応もGOODでした。
 
 
ずっと笑ってるし、
話を振ってきたりと、
お互いかなり盛り上がりました。
 
 

文化祭で美女からLINEゲット

 
 
そして5分ちょっと話したところで、
 
「じゃあ仲良くなったんで、
 LINE交換しましょう」
 
と師匠がLINE打診。
 
 
 
で女の子からの反応も、
かなり良かったので、
 
ノーグダ(拒絶なし)で
LINEゲットに成功しました。
 
 

ワクワクしながらLINEを送る僕

 
 
「よっしゃー!!」
と心の中でガッツポーズをする僕。
 
 
おそらく今まであった文化祭の女の子中で、
一番可愛かったです。
 
しかも普通に大学生活を送っていたら、
まず絡めないようなキラキラ女子です。
 
 
サークルとかにいたら、
女王様的ポジションを獲得してそうな、
女の子たちでしたからね。
 
 
 
「これだからナンパは辞められないな」
と思いながら家に帰り、
夜にLINEを送信。
 
 
 
 
「いやーこんな可愛い子だったら、
 ご飯だけでも満足だわー」
 
と一人でテンションが、
爆上がり。
 
 
 
「まだかなーまだかなー」
と僕は待っていました。
 
 
 
 
ですが・・・
 
その日は来ませんでした。
 
 
夜も遅かったので、
「あれ今日は来ないのかな?寝るか」
と僕はおとなしく寝ることにしました。
 
 
 
「あれだけ盛り上がったんだから、
 来ないわけないだろう」
と僕は思い込んでいたのです。
 
 
そして次の日の朝。
 
LINEを開きましたが、
返信はなし。
 
未読のままです。
 
 
「あれ・・・おかしいぞ・・」
と僕は不安になって来ました。
 
 
 
「もしかしてこれ来ないやつ??」
 
 
 
そして・・
 
 
明日も明後日も、
返信が返ってくることは、
ありませんでした。
 
 
そして1ヶ月経った今も、
返信がこないままです笑
 
 

LINEが返ってこないのはよくあること

 
 
その後師匠とも話をしたのですが、
師匠にもLINEは来ていなかったそうです。
 
 
僕としては、
 
「あれだけ会話が盛り上がって、 
 LINEが来なかったのは初めて」
 
だったので、
結構ショックでしたね。
 
 
理由は本当に不明です。
 
まあ考えられることとしては、
 
女の子たちの気まぐれだったのか、
女の子に彼氏ができたのか、
自分たちよりもすごいナンパ師がいたのか、
 
などがあります。
 
 
 
まあでも、考えたところで、
無意味ですし、理由はわかりません。
 
 
僕は今回の出来事から、
LINEの番ゲをしたとしても、
どんなに盛り上がったとしても、
 
「返信がこないことってあるんだなー」
ということを学びました。
 
 
 
逆のパターンも、
もちろんあります。
 
 
相手の反応が悪いまま番ゲをして、
 
「絶対返事来ないだろうな・・」
と思っていたら返事が返ってくることも、
たまにあるのです。
 
 
だからマジでわからないんだなーと。
 
 
 
これを経てから僕は、
LINEの返信がこなくても、
 
驚かなくなったし、
いちいち気にすることもなくなりました。
 
 
これはこれからナンパをする上でも、
大事な考えだなということを、
学ばされた出来事でした。
 
 
 
で最後にまとめですが、
 
LINEを交換したとしても、
返信が来るかはわからない。
その場の相手の反応が良かったとしても。
 
 
 
これを覚えていただければ、
今後のナンパにも役立つでしょう。
 
 
それではまた。
 
 
 
 




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は20歳まで「彼女いない歴=年齢」の童貞でした。
ですが、そんな僕が今ではナンパ師になって
色んな女の子と付き合ったり、エ○チできるようになりました。

・・・と、言っても怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「絶対嘘だろwwwありえねえよwww」
とか思っていること間違いないですね笑

ですが、これは紛れもない真実です。

僕は対人恐怖症、女性恐怖症に悩まされていた時もありました。
またどんなに女性にアプローチしてもことごとく断られるというキモいやつだったのです。。

けど、師匠から教えてもらったナンパがきっかけで、
僕は短期間でナンパスキルを鬼のように伸ばしていき、
色んな女の子と仲良くなれるようになりました。
そうして僕はナンパ活動をしているのですが、本当によかったなと思っています。

この経験からどんなにもてずに苦しんでいる人も、
ナンパスキルを身につけることで、
女の子と仲良くなって彼女にしたりセ○レにすることはできると僕は確信しております。

コミュ障の僕はどのようにして、
ナンパ師になれたのか??その過程は以下の記事からどうぞ。

ニャンチカがナンパで女にモテまくって
ヤリチンになれた秘密


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、対人恐怖症のコミュ障がヤリチンになるまでのストーリーを読む】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です