【日記】新世界に入る前の恐怖心

この記事は 2 分で読めます。

こんにちはニャンチカです。

今夜も備忘録的に書いています。
日記風の記事です。

僕はナンパを始めてから、
約半年が経ちました。

そして、今の自分と昔の自分では、
見える世界も姿も全く違っています。

それは普段の日常生活の中でもそれが出てきていて、
ナンパをする時以外にも反映されています。

具体的にはコミュニケーションをしていて、
他人の反応が変わりました。

話をしていて笑ってくれることが増えたし、
仲良くなる人も増えました。

それはたぶんナンパで培った、
コミュニケーション力と、
自信から来ているんでしょう。

話も面白くないし、自信もないような人とは、
女の子に限らず誰も関わりたくないですよね。

僕はナンパを通して「見えてる世界」が、
変わったなーとつくづく思います。

そして今まで”自信”というものは、
勝手にその人の中に”ある”ものだと思っていました。

要は「自分で成功体験を得て培っていくもの」
だとは思っていなかったのです。

膨大な練習、試行錯誤を経て、
さらにその先の成功体験を経て、
自信というものが湧いてくるんだなーと。

 

今は「自信が何やら」とかを偉そうにほざいていますが、
昔の僕は自信のかけらもありませんでしたね、

まず女の子と話すのが怖かったし、
仲良くなれなかった。

話しかけにいけないのだから、
当然仲良くなれない。

可愛い女の子が話しかけに来てくれるなんていう、
神展開は一切なかったから、
可愛い女の子との関わりはゼロです。

なぜ話しかけにいけないか?

それは自信がなかったからです。

 

「最初から自信がある奴なんていない。
 女の子と話しにいって成功体験を積み重ねないと、
 自信なんて湧かねーよ。」

そう思うかもしれません。

 

ですが、僕にはそんな余裕はありませんでした。
確かに言ってることはわかります。

 

でもそれはあくまで女性というものに対して、
恐怖心がなかったり、
自分のセルフイメージが下がってない状況の話です。

本当にしょぼかったなーと思います。

「女の子が怖い・・・・」

そんなことで貴重な青春時代を、
棒に振りました。

女の子がいくらでも周りにいる、
中学校生活、高校生活を失ったんだから。

 

今もし過去の自分に、
プレゼントを何か送れるなら、
真っ先に恋愛商材を送るかと思います。

ただ、それでも思うことがあります。

「やらなきゃ新世界には行けない」

ということです。

当時まだフツーの大学生だった僕にとって、
”ナンパ”という世界は新世界でした。

ただ、新世界と同時に””異世界””
でもあったのです。

「うおーなんだこの世界は・・・」
と興奮していたのと同時に、

「俺なんかがナンパして大丈夫かな・・」
と恐怖心もたまらなくありました。

 

 

ワクワクと同時に恐怖心が湧いて来ました。

「失敗したらどうしよう・・・」

「本当に上手くいくのかな・・・」

「俺騙されてるんじゃ・・・・」

と最初はビビりまくりでしたからね。

でも、ナンパに失敗という概念はありません。

 

 

やらずに悩む。
その時間がもったいないです。

新世界は最初はビビりますが、
やってしまえば大したことはありません。

逆に恐怖が大きいものほど、
新世界に到達した時に見える景色は、
素晴らしいものがあります。

新世界は誰もが最初はビビります。

やってしまえば意外と大したことないです。

それでは今日はこの辺で。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は20歳まで「彼女いない歴=年齢」の童貞でした。
ですが、そんな僕が今ではナンパ師になって
色んな女の子と付き合ったり、エ○チできるようになりました。

・・・と、言っても怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「絶対嘘だろwwwありえねえよwww」
とか思っていること間違いないですね笑

ですが、これは紛れもない真実です。

僕は対人恐怖症、女性恐怖症に悩まされていた時もありました。
またどんなに女性にアプローチしてもことごとく断られるというキモいやつだったのです。。

けど、師匠から教えてもらったナンパがきっかけで、
僕は短期間でナンパスキルを鬼のように伸ばしていき、
色んな女の子と仲良くなれるようになりました。
そうして僕はナンパ活動をしているのですが、本当によかったなと思っています。

この経験からどんなにもてずに苦しんでいる人も、
ナンパスキルを身につけることで、
女の子と仲良くなって彼女にしたりセ○レにすることはできると僕は確信しております。

コミュ障の僕はどのようにして、
ナンパ師になれたのか??その過程は以下の記事からどうぞ。

ニャンチカがナンパで女にモテまくって
ヤリチンになれた秘密


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、対人恐怖症のコミュ障がヤリチンになるまでのストーリーを読む】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です