完璧主義に苦しまされた受験生時代のニャンチカ

この記事は 4 分で読めます。

こんにちは。ニャンチカです。
 
 
 
今日のテーマは完璧主義です。
 
 
今回は僕が完璧主義によって、
超苦しめられた話をしていきます。
 
 
 
僕は実際、
 
完璧主義
↓ 
自分はダメだ
↓ 
罪悪感
↓ 
行動できなくなる
 
 
という負のスパイラルに、
見事にハマりました。
 
 
これがいかに自分を苦しめ、
大事な時間をドブに捨てることになるのか?
 
 
この記事を読めば理解できます。
 
 
 
 
 

完璧主義すぎる受験生

 
 
ちょうど高3の夏休み。
 
 
僕は完璧主義すぎる受験生でした。
 
 
 
学校から夏休みの勉強計画表を、
渡されます。
 
そこには1〜2時間単位で、
やるべきことを記入します。
 
 
例えば朝6時に起きて、
7時まで朝食をとり、
9時まで国語を勉強し、
10時まで日本史をやり、
12時まで英単語の勉強をする。。。
 
 
きめ細かく夏休みの40日間、
起床から就寝まで予定を立てさせられる。
 
 
 
それに夏は「受験の天王山」と
言われており受験生の気合は高まる。
 
 
  
「うおおおおめちゃくちゃ勉強してやるぜ!」 
 
 
そう思ってプレシャーをかけていく。
 
 
そしていよいよスケジュールが、
完成しました。 
 
 
「この通りやれば早慶なんて楽勝だぜw」
 
僕はそう思って、
夏休みがワクワクしてきた。
 
 
 
じゃあ、その後僕がどうなったのかというと。。
 
全くうまくいきませんでした。
 
 

スケジュール通りは難しい

 
 
まず、夏休みに入ったら、
スケジュール通りに行きませんでした。
 
全く行きません。
 
開始1週間程度で挫折します。 
 
それもそもはず、
 
僕は毎日夜12時に寝て、朝5時に起きるという、
無謀なスケジュールを立てていました。
 
 
まず朝の時点で、
計画失敗なことに気づく。
 
 
 
そもそもですが。
 
勉強する内容にしたって、
「今日は英語の気分だな」とか
「今日は日本史やりたいな」とか、
気分もあります。
 
 
それに勉強を進めていくうちに、
当初予定していた計画を、
変更することになるなんてザラです。
 
 
夏休み前に立てた計画を、
40日続けることにそもそも無理がありますw
 
 
  
今ならそう思いますね。
 
そう思えたらよかったのですが、
完璧主義のせいで大変なことに、
なりました。
 
 

完璧主義のせいで自己嫌悪のループ 

 
 
でも当時の僕は、
そうは思わなかったんです。
 
 
ああなんて俺はダメなやつなんだ
 
僕は自分のせいだと思ったのです。
 
 
スケジュールが悪いのではなく、
自分が悪いのだと。
 
 
完璧主義
↓ 
自分はダメだ
↓ 
自己否定
 
 
そこからは地獄でした。
 
 
 
「俺ってクズだな・・・」
 
そしてだんだんやる気は、
無くなっていった。
 
 
 そうして、次第に自己嫌悪のループにはまり、
ストレスが高まっていきました。  
 

完璧主義のせいでトイレで吐き続ける

 
最終的に僕は受験生時代、
3日に1回はトイレで吐くようになります。
 
 
ストレスが溜まりすぎたせいです。
 
頻繁に胃液がこみ上げてくるという、
地獄の日々。
 
 
そしてこの時は結局、
この悪循環を抜け出せませんでした。
 
受験が終わるまで、
吐き続けただけです。
 
 
今ならその時の自分にちゃんと、
アドバイスをあげたいですね。
 
 
「人は常に完璧でいられるほど強くはない」
 
「だから無理すんなよと」
 
 
僕は完璧主義のせいで心身ともに疲弊し、
最終的に履き続ける日々を送りましたが、
みなさんにはこうなってほしくはありません。
 
そして、もう二度とああはなりたくないです。
 
 
ですが、僕はあの時自分が完璧主義だと、
自覚すらしていませんでした。
 
 
思っていたのは、
 
「ああなんて俺はダメな奴なんだ」
 
という罪悪感だけでした。
 
 
今考えると知らないというのは、
本当に恐ろしいことなのだなと、
 
ひしひしと実感しています。
 

完璧主義にならず少しずつ進んでいくのが大事

 
 
でも今僕は自分が、
完璧主義であることを、
自覚しています。
 
 
なので自己否定もしなくなり、
罪悪感から行動できなくなるという、
悪循環に陥ることもなくなりました。
 
 
 
自分のできることを、
着実にこなしていけばいいんだなと。
 
 
「それで少しずつ行動していけばいんだ。」
 
「少しずつでも前に進めばいいんだ。」
 
これを知ることで、
僕はかなり気が楽になりました。
 
 
もちろん完璧を目指すことは、
悪いことではありません。
 
 
むしろ自分に負荷をかけることは、
自らを大きく成長させる方法の一つです。
 
 
 
ですが、負荷のかけ方を1つミスることで、
反動も大きくなります。
 
 
ナンパの話を、もう少し絡めたかったですが、
マインドで大事なことをお話ししました。
 
それではまた。 
 
 




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は20歳まで「彼女いない歴=年齢」の童貞でした。
ですが、そんな僕が今ではナンパ師になって
色んな女の子と付き合ったり、エ○チできるようになりました。

・・・と、言っても怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「絶対嘘だろwwwありえねえよwww」
とか思っていること間違いないですね笑

ですが、これは紛れもない真実です。

僕は対人恐怖症、女性恐怖症に悩まされていた時もありました。
またどんなに女性にアプローチしてもことごとく断られるというキモいやつだったのです。。

けど、師匠から教えてもらったナンパがきっかけで、
僕は短期間でナンパスキルを鬼のように伸ばしていき、
色んな女の子と仲良くなれるようになりました。
そうして僕はナンパ活動をしているのですが、本当によかったなと思っています。

この経験からどんなにもてずに苦しんでいる人も、
ナンパスキルを身につけることで、
女の子と仲良くなって彼女にしたりセ○レにすることはできると僕は確信しております。

コミュ障の僕はどのようにして、
ナンパ師になれたのか??その過程は以下の記事からどうぞ。

ニャンチカがナンパで女にモテまくって
ヤリチンになれた秘密


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、対人恐怖症のコミュ障がヤリチンになるまでのストーリーを読む】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です