可愛い元カノの写真を消せないのはスネ夫になっているから

この記事は 6 分で読めます。

こんにちは。ニャンチカです。
 
今日は別れた彼女とスネ夫の話
というテーマで話していきますね。
 
 
この記事では、
真にモテる男になるために必須のマインドを、
書いています。
 
そしてこれを読めば、
本当にモテる男がどんな人なのか?
ということを理解できるようになります。
 
このまま注意して、
読み進めていってください。
 

スネ夫はなぜウザいのか?

 
これから少しスネ夫の話をします。
 
 
ドラえもんで出てくる、
スネ夫。
 
このキャラはかなり好き嫌いが、
分かれるキャラではないでしょうか?
 
 
まあスネ夫から学ぶべきところは、
たくさんあるのですが、
僕は嫌いです笑
 
 
 
 
こんな感じで自慢のオンパレード。
 
で自慢の内容が、
 
マジでしょーもないwwww
 
 
 
 
いっぱい自慢してるけど、
肝心のお前はどうなんだ!!!
 
 
という話です。
 
 
僕たちは小さいころドラえもんを見て、
 
「スネ夫みたいに自慢するだけの、
 男になってはいけない」
 
ということを教わります。
 
 
 
 
 
 
ですが・・・・・・
 
 
スネ夫のようなことを、
してはいけない
 
 
と僕たちは学ぶにも関わらず・・・・
 
 
 
 
 
多くの人がスネ夫と、
同じような行動をとっているのです。
 
 
 
 
特に恋愛となると、
スネ夫のような行動をしている人が、
たくさんいるのです。
 
スネ夫を真似してしまっています。
 
 
 
 
それはなぜなのか???
 
「スネ夫みたいに自慢ばっかしてるやつなんていねえよwww」
というツッコミが来そうです。
 
もちろんスネ夫のように、
自慢しまくってる人が
たくさんいるわけではないんです。
 
 
 
 
多くの人がドラえもんを見て思う、
「スネ夫のように自慢をしてはいけない」
という教え。
 
それはスネ夫を表面的にしか理解してないのです。
 
 
実はスネ夫という人物の本質的な理解は、
別のところにあります。
 
 
 

痛い男が過去にいました

 
 
スネ夫という人物の本質的な理解をする前に、
ある痛い男の紹介をしていこうと思います。
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
その男は中学高校と、
全くモテることがなかった。
 
その男は大学では絶対に、
彼女を作ると決めて、
死ぬほど行動した。
 
いろんなサークルに行ったり、
街コンに行ったりと、
行動しまくった。
 
 
そして何ヶ月も死に物狂いで、
行動し続け念願の可愛い彼女ができた。
 
 
 
 
こんな写真に近しい、
おっとりしたゆるふわガールだったと男は話す。
 
 
その男はあまりの嬉しさに感激した。
生まれて初めての彼女だ。
彼女ができるってこんなに素晴らしいのかと。
 
 
だがその男は嬉しさのあまり、
ある愚かな行動をとるようになる。
 
 
友人に会っては彼女の写メを見せ、
自慢をする。
 
「これ俺の彼女なんだ、可愛いでしょ?」
「これはね、この前彼女とデートしたところ」
 
そうやって男は、新しく会う人に自慢話を続けていった。
 
 
 
 
しばらくしてその男は彼女と別れた。
 
だけどその男はいつまで経っても、
彼女の写真を消さなかった。
 
 
それどころか、別れた後も、
「これ俺の元カノ、可愛いでしょ?」
 
と友人に見せる日が続いた。
 
 
 
 
ある日男はその姿を師匠に見られてしまう。
 
 
 
 
怒られると恐怖しただったが、
師匠からは、
男の予想とは反する答えが返ってきた。
 
 
「自分を語るのに他人を使ってんじゃねー」
 
「スネ夫になったら終わりだ」
 
 
男は自分がどれほど、
愚かなことをしてきたか、
理解した。
 
 
そして男は、
元カノの写真を消した。
 
 
 
そうして男は、
今この記事を書いている。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
そうこれは僕の話なのです。
 
ここまで読んできて前半のスネ夫の話と、
繋がったでしょうか?
 
 

スネ夫とは己を他人で説明しようとする生き物

 
 
僕は師匠に
「スネ夫みたいになるな!」
と怒られました。
 
この時僕は”スネ夫”という人物が、
いかに愚かであるか?
に気づきました。
 
 
 
 
スネ夫がダメな点は、
ただ自慢をするところだけにはありません。
 
スネ夫が自分を説明するのに、
他人を使って説明するところにあるのです。
 
 
 
「僕のパパはさ〜社長なんだよね」
 
「僕のいとこは本当に頭が良くてさ〜」
 
 
 
 
これらのスネ夫の発言を、
見ればわかると思いますが、
 
自分(スネ夫)がどんな人間であるかを、
他人(パパ、いとこ)を使って説明しています。
 
 
これが僕はだと言っているのです。
 
 
 
 
 
 
なぜかというと、
 
己を他人で説明するようになったら、
いつまで経っても自信は得られないから。
 
 
僕の場合だとどうだったのか?
 
僕の場合は・・・
 
僕(ニャンチカ)という人間を説明するのに、
他人(可愛い彼女)を使って説明していた。
 
ということになります。
 
 
 
この状態はヤバイです。
 
なぜヤバイかというと、
 
彼女がいることで自分を説明できる
↓ ↓ ↓ ↓
彼女がいることで自分の自信を保てる
↓ ↓ ↓ ↓
彼女と別れたら自分を説明できなくなる
↓ ↓ ↓ ↓
彼女と別れたら自分の自信を保てなくなる
 
 
ということだからです。
 
 
 
付き合っている間は、
確かに自信を得たような感覚を得られます。
 
「俺はこんなに可愛い彼女と付き合ってるんだぞ」
と。
 
ですが、こう考えていると、
別れた後は自信も何もなくなりました。
 
 
というか自分を説明する道具だった彼女が消えるので、
自分の存在すら何なのかわからなくなります。
 
 
 
 
僕は精神状態がおかしくなりましたね。
 
 
スネ夫の家族がもし全員いなくなったら、
スネ夫は多分呆然として、何もすることができずに、
その場でヘナヘナと座り込むと思います。
 
自分という人間の存在を説明するための、
唯一の存在である家族。
 
それがなくなるのです。
 
 
そして
 
 
 
おそらくこう叫ぶでしょう。
この時のスネ夫はあまりにも無力。
何もできない赤ん坊のよう。
 
 
実際、僕はこんな状態でした。
 
 
 

写真を消さないことで最後までスネ夫であり続けようとした

 
 
そんな僕がとった行動。
 
 
それは自分の存在を確認するために、
彼女の写真を消さずに、
友人に自慢し続けたのです。
 
 
自分(ニャンチカ)という人間を、
他人(別れた彼女)によって説明するために。
 
 
その結果どうなったか?
 
 
気持ち悪い男に成り下がりました。
 
「俺の付き合っていた女は可愛い」
 
「元カノとエ○チしまくった」
 
 
こんなに気持ち悪い人間にだけは、
もうなりたくないですwww
 
 
ですが僕は他人を使って自分を説明するという、
スネ夫から脱却することができずに、
 
別れた彼女の写真を持ち続けました。
 
 
 
 

本当にモテる男とは?

 
僕の師匠は本当にモテる男です。
 
ナンパで毎月10人以上と、
エ○チしているかと思えば、
飲み会などでもお持ち帰りしまくっている。
 
そんな彼がじゃあ自慢をするか?
 
いい女と付き合っているということを、
アピールするか?
 
女を使って自分を説明するか?
 
 
答えは否です。
自慢のじもありません。
 
 
むしろ「まだまだだな」と言って、
日々努力されています。
 
僕とは雲泥の差です。
 
 
超謙虚です。
謙虚さの塊です。
 
 
そして僕がいかに愚かなことをしたか、
気づきました。
 
他人を使って自分を説明しても、
何も得られない。
 
 
彼女と付き合ってる時は、
いっときの自信を得られるかもしれないが、
 
別れたらその自信は一瞬で崩れ去る。
脆いものです。
 
 
 
 
僕はこの1件を経てから、
自慢することも自分という人間を、
他人を使って説明することもなくなりました。
 
 
「スネ夫みたいになるな・・・」
 
忘れずにこの胸に刻み込んで行きます。
 
 
 
この他人を使って自分を説明するな!ということは、
僕が勧めているTAVという教材にも書かれています。
 
 
よかったら見てみてください。
 
 
リンク(現在作成中です)
 
 
それではまた。
 
 
 




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は20歳まで「彼女いない歴=年齢」の童貞でした。
ですが、そんな僕が今ではナンパ師になって
色んな女の子と付き合ったり、エ○チできるようになりました。

・・・と、言っても怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「絶対嘘だろwwwありえねえよwww」
とか思っていること間違いないですね笑

ですが、これは紛れもない真実です。

僕は対人恐怖症、女性恐怖症に悩まされていた時もありました。
またどんなに女性にアプローチしてもことごとく断られるというキモいやつだったのです。。

けど、師匠から教えてもらったナンパがきっかけで、
僕は短期間でナンパスキルを鬼のように伸ばしていき、
色んな女の子と仲良くなれるようになりました。
そうして僕はナンパ活動をしているのですが、本当によかったなと思っています。

この経験からどんなにもてずに苦しんでいる人も、
ナンパスキルを身につけることで、
女の子と仲良くなって彼女にしたりセ○レにすることはできると僕は確信しております。

コミュ障の僕はどのようにして、
ナンパ師になれたのか??その過程は以下の記事からどうぞ。

ニャンチカがナンパで女にモテまくって
ヤリチンになれた秘密


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、対人恐怖症のコミュ障がヤリチンになるまでのストーリーを読む】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です