毎日の学習効率が劇的に変化する集中力アップ法

この記事は 2 分で読めます。

こんにちは。ニャンチカです。
 
 
今回は作業している時の集中力を、
爆上げする方法を話していきますね。
 
 
集中力が高まれば、
普段の学習効率も上がっていきます。
 
短時間で色んなことを、
覚えられるようになりますから、
 
ナンパのマインドや方法論を、
すぐに身につけることも可能になります。
 
 
最速で即をしたり、
連れ出しをするために、
 
非常に重要な考え方なので、
このまま読んでいってくださいね。
 

 

外で作業するのが最強 

 
 
まず結論からいくと、
 
外に出て作業しろ
 
ということです。
 
 
 
「なんだそんなことかよ」
と思った方もいるでしょう。
 
 
ですがこれは超有効なのです。
 
家で勉強しても集中できない
外で勉強すると集中できる
 
実際に後ほど僕の経験も話しますが、
これには科学的な根拠があります。
 

 

なぜ外で勉強をするとはかどるのか?

 
 
ちょっと神経の話しをしていきますね。
 
人間の神経には
 
交感神経副交感神経があります。
 
 
 
交感神経は体を緊張、
集中させる神経です。
 
例えば運動している時や、
勉強して集中している時に、
交感神経が働くのです。
 
 
 
それに対して、、
 
副交感神経は体を修復し、
リラックスさせる神経です。
 
例えば寝ている時や、
リラックスしている時に、
副交感神経が働くのです
 
 
この交感神経と副交感神経は、
シーソーゲームのような関係で、
成り立っています。
 
 
 
 
もっとわかりやすく言うと、
 
交感神経と
副交感神経の
どちらが今強いのか?
 
が大事になります。
 
 
 
つまり、、、
 
家で勉強しているとリラックスの、
働きが強い副交感神経が優位になる。
 
 
 
ですが
 
外で勉強していると緊張の働きが強い、
交感神経が優位になります。
 
 
そういう感じで家だと集中できないし、
外だと集中できると言うのは、
 
神経の話で説明することができます。
 

 

 家で全く集中できなかった僕 

 
 
実際僕が家で作業したり、
勉強していても、
全く集中できなかったんですよね。
  
  
あとはテスト前あるあるとして、
今まで全く手をつけてこなかった、
部屋の掃除を始める。
  
 
確かに部屋の掃除をし終わったら、
 
「部屋の中綺麗になったぜ」
 
と達成感は出ますけどね。
 
 
「やばい全然勉強してねえ」という
虚無感は半端ないです。
 
 
あとは僕の場合だと、
ベットが強敵中の強敵です。
 
「ちょっと疲れたから30分だけ仮眠しよう」
 
 
そう思ったが最期。
目を覚ましたのは次の日の朝、
なんてことはありまくりです。
 
 
絶望でしかありません。
しかも罪悪感も半端ないですからね。
 
「やっちまったよ…」と。
自分を責めまくります。
 
 

外で作業したらはかどりまくった

 
というわけでまずやったのが、
家では絶対に作業しないことです。
 
 
もう家で集中して作業する自分が、
全く想像できなかったので、
外に出ることにしています。
 
 
僕がよく地元で使うのは、
 
マック、
スターバックス、
タリーズ、
ガスト、
 
この4つです。
 
でそんな風に外で、
作業しまくる僕ですが、
 
作業がはかどって仕方がないです。
 
 
 
そこには僕のことを散々苦しめてきた、
漫画もなければベットもない。
 
外にいるので除をしようという、
考えすら浮かんでこない。
 
 
あと強敵がいるとしたら、
スマホのSNS。
 
 
でもTwitterを見たところで、
大したことは書いていない。
 
知り合いのナンパ師が、
即報を流してるくらいで、
 
見る必要は殆どない。
 
 
僕は作業をする時は、
スマホの電源を切っていますし、
 
見ちゃわないように、
わざと玄関に置いたりします。
 
 
とにかく何が言いたいのかというと、
1つのことに何か集中したいときは、
他の選択肢を潰して潰して潰しまくります。
 
 
 
やるべきことだけを、
やれるように、
 
他の作業ができない環境を
作ってしまうことが超大事になります。
 
 
 
僕はこれをやって家では、
絶対に出来なかったであろう作業が
どんどん作業できるようになりました。
 
 
家で作業に集中できない時は、
外に飛び出る。
 
 
 
 
これが超有効な考え方です。
 
 
家では5時間かかってたのが、
外でやったら1時間、2時間で、
済むこともしばしばあります。
 
 
シンプルですが、
バカみたいに効果ありますよ。
 
 
それではまた。
 
 
 




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は20歳まで「彼女いない歴=年齢」の童貞でした。
ですが、そんな僕が今ではナンパ師になって
色んな女の子と付き合ったり、エ○チできるようになりました。

・・・と、言っても怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「絶対嘘だろwwwありえねえよwww」
とか思っていること間違いないですね笑

ですが、これは紛れもない真実です。

僕は対人恐怖症、女性恐怖症に悩まされていた時もありました。
またどんなに女性にアプローチしてもことごとく断られるというキモいやつだったのです。。

けど、師匠から教えてもらったナンパがきっかけで、
僕は短期間でナンパスキルを鬼のように伸ばしていき、
色んな女の子と仲良くなれるようになりました。
そうして僕はナンパ活動をしているのですが、本当によかったなと思っています。

この経験からどんなにもてずに苦しんでいる人も、
ナンパスキルを身につけることで、
女の子と仲良くなって彼女にしたりセ○レにすることはできると僕は確信しております。

コミュ障の僕はどのようにして、
ナンパ師になれたのか??その過程は以下の記事からどうぞ。

ニャンチカがナンパで女にモテまくって
ヤリチンになれた秘密


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、対人恐怖症のコミュ障がヤリチンになるまでのストーリーを読む】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です