とにかく量をこなすについて言いたいこと

この記事は 3 分で読めます。

こんにちは。ニャンチカです。
 
 
今日のタイトルは、
”とにかく大量に”という、
誤った価値観についてです。
 
ちょっと受験の例を出して、
話していきますね。
 

 

とにかく長時間勉強すればいい?

 
 
僕は受験生の勉強を、
指導することが家庭教師やら、
塾でやらで、
色々あります。
 
 
で、成績が伸びない受験生は、
 
「大量に勉強しさえすれば
 成績は伸びるものだ」
 
という誤った価値観に、
洗脳されています。 
 
 
 
 
昔の僕もそうでしたが、
周りの受験生が、
色々な参考書を使ってるから、
 
「俺もそれやろうかな」
 
という雑念が湧いてくるんです。
 
 
 
 
僕はクソ真面目な性格だったので、
30冊くらい参考書を買って、
やりまくりました。
 
「とにかく大量の参考書をやれば、
 成績が伸びるだろう」
 
 
 
と。
 
 
だけど成績は全く伸びませんでした。
効率を考えられなかったのです。
 
「短期間でたくさん覚える」
 
ということができず
 
「長時間勉強する」ことに、
満足しちゃっていたのです。
 
 

 

とにかく声をかけまくればいい?

 
そして僕は今ナンパをしています。
 
 
 
ナンパで女の子と仲良くなり、
ご飯に行ったり、
エ○チしたりする。
 
トーク力さえあれば、
どんな場所であろうと、
 
女友達ができるし、
仲良くなれる。
 
 
そのくらいナンパは、
魅力的な出会いだし、
 
普通の出会いに比べて、
経費もかからない。
 
はっきり言って最強です。
 
 
 
でもナンパの世界を見てると、
 
「とにかく大量に声をかける」
 
とかが、
 
「正義」
 
になってる気がするんですよね。
 
 
 
 
 
もちろん量をこなすのは、
悪い事ではありません。
 
ただしそれは、
 
「基本が既にできている」
 
という考え方が、
ベースにあったらの話です。
 
 
「なんて声をかければ、
 いいかわからない」
 
そんな状態で、
適当にセリフを並べて、
声を掛けまくる。
 
 
こんなことをして女の子は、
楽しいと思うでしょうか?
 
 
逆にこちらの余裕のなさがバレて、
女の子は引いていきます。
 
 
少し厳しい言い方になりますが、
 
時間の無駄です。
 
 
時間が勿体無いです。
 
 
 
正しい知識、正しい思考法で、
適切な努力をする。
 
これを徹底しない限り、
その努力は無駄になってしまいます。
 
 
 
 
それはもったいないとしか思えません。
どうせ努力するなら、
誰でも報われたいに決まってます。
 
 
ただ闇雲に努力するだけでは、
決して報われることはないのです。
 

 

正しい方法で努力することが大事

 
 
だからこそ僕は学んでいます。
 
 
きちんとした勉強法で、
きちんとした思考法で、
 
ナンパを学んでいます。
 
 
そして思考をより正確に、
より深いものにするために、
僕は学ぶのです。
 
 
それに対して・・・
 
「大量にやる。」
 
「大量に学ぶ。」
 
という価値観がはびこる、
この社会。
 
 
 
これは如何なものかと。
 
 
僕はこれが”努力””だと、
捉えられることが、
 
日本の悪しき習慣だと思ってます。
 
 
努力しても結果が出ない。
これは努力をしている人が一番辛い。
 
結果が出ない人は、
頑張ってないんじゃないんです。
 
 
頑張っています。
けど、方向が間違ってるんです。
 
 
頑張ってるんです。
 
しかしその上で、
現実を見つめてほしいんです。
 
 
 
 
頑張るだけではダメなのだと。
 
 
 
 
 
僕は頑張ることは一ミリたりとも、
美学だとは思いません。
 
 
もちろん頑張ってる人は、
すごいと思います。
 
でもその人の人生を、
トータルで見たら、
 
無駄な努力は、
ただの時間の無駄に、
過ぎないんです。
 
 
それよりも
 
「頑張らないで、
 結果を出す方法」
 
 
それを僕は推奨します。
  
 
 
 
どのナンパ師も頑張っています。
正しく学んで結果を出しましょう。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は20歳まで「彼女いない歴=年齢」の童貞でした。
ですが、そんな僕が今ではナンパ師になって
色んな女の子と付き合ったり、エ○チできるようになりました。

・・・と、言っても怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「絶対嘘だろwwwありえねえよwww」
とか思っていること間違いないですね笑

ですが、これは紛れもない真実です。

僕は対人恐怖症、女性恐怖症に悩まされていた時もありました。
またどんなに女性にアプローチしてもことごとく断られるというキモいやつだったのです。。

けど、師匠から教えてもらったナンパがきっかけで、
僕は短期間でナンパスキルを鬼のように伸ばしていき、
色んな女の子と仲良くなれるようになりました。
そうして僕はナンパ活動をしているのですが、本当によかったなと思っています。

この経験からどんなにもてずに苦しんでいる人も、
ナンパスキルを身につけることで、
女の子と仲良くなって彼女にしたりセ○レにすることはできると僕は確信しております。

コミュ障の僕はどのようにして、
ナンパ師になれたのか??その過程は以下の記事からどうぞ。

ニャンチカがナンパで女にモテまくって
ヤリチンになれた秘密


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、対人恐怖症のコミュ障がヤリチンになるまでのストーリーを読む】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です