【時間がない人必見】時間がない時は時間を刻め!

この記事は 2 分で読めます。

こんにちは。ニャンチカです。
 
 
今日はですね、
「時間は分割できるんだぜ」
という話をしていきますね。
 
 
これを知らないのと、
知ってるのとでは、
 
時間の使い方に、
えげつないくらい差がつきます。
 
知ってる人はモテまくり、
かたや知らない人はモテないまま。
 
ということが普通にありえます。
 
この時間を分割するという考えは、
ほとんどの人が意識できていません。
 
なのでこれを知るだけで、
他のナンパ師よりも、
圧倒的に有利になります。
 
ライバルをごぼう抜きして、
モテる人生を手に入れましょう。 
 

 

時間を分割するとは??

 

時間を分割するというのは、

簡単に言うと、

・30分とか1時間とかまとまった時間で
 一つのことをやろうとしない!

・逆に5分、10分単位で、
 1つのことをやる。

・とにかく細かい時間で作業をする!

ということを指しています。

「短い時間でやるとか意味あんの?」
と思う方がいらっしゃると思います。

ですが隙間時間の有効活用は、
鬼大事なのです!

実際に僕がそれを痛感した、
エピソードを話していこうと思います。

 

時間の使い方が苦手だった僕

 
僕は昔時間の使い方が、
超苦手だったんですよねー。
 
 
「あーあの時もっと、
 こうしておけばよかったー」
 
「気づいたら夜になってた」
 
と公開のオンパレードで、
24時間を有効活用することが、
できてませんでした。
 
たとえば大学の定期テストが、
まさにそうでした。
 
 
それは大学2年生の頃の、
小テストの話です。 
 
 
 
だいたいテスト範囲が、
30ページくらいあったんです。
 
前日からある程度準備をして、
おかなきゃいけない時に限って…
 
 
「やばいもう朝の3時なのに、1ページしか進んでねえwww」
 
 
「オ○ニーしてる場合じゃなかった…」
 
 
僕はまだまだ時間があると、
余裕をぶっこいていたんです。
 
 
ですが!
 
気づくとかなり追い込まれてることが、
よくありました。
 
そして僕を奈落の底に突き落とし、
絶望させた事実が・・
 
 
それは・・・・
 
「明日の小テスト確か1限やん・・」
 
「やべえお昼からだと勘違いしてた・・」

という事実に僕は、
気づいてしまったのです。

朝起きて勉強することを決め込んだ

 
 
ここで2つの選択肢が、
僕に突きつけられました
 
徹夜するのか?
 
 
それとも
 
早起きして勉強するのか?
 
 
 
 
僕は徹夜したかったけど、
朝の3時までやっても、
 
気づいたらオ○ニーしてて、
全く集中できないまま・・
 
 
 
自分のラストスパートには、
全く期待できませんでした。
 
 
そんな状況だったからか、
 
「寝て朝早く起きて、
 勉強した方が効率的じゃね?」
 
「それに時間がなくてやばいと、
 思ったら本気の本気になるし、
 そっちの方がいいのでは?」
 
と僕は思うようになったのです。
 
 
朝の目覚ましを2つセットして、
「朝の6時に絶対起きる」
と決意しました。
 
そして不安を抱えながらも、
僕は布団に入って、
眠りについていきました。
 
  
そして朝6時・・・
 

 

隙間時間を使いまくってテストを乗り切った僕

 
 
僕はいつもだったら、
二度寝を必ずします。
 
 
ですがその日僕は、
飛び上がるように起きました。
 
 
「1分でも時間が惜しい」
 
 
僕は顔を洗ったら、
すぐに机に向かった。
 
 
朝食も食べない。
ひたすら勉強勉強勉強。
 
 
「絶対に覚えないと・・」
 
 
この時の僕はもはや、
1秒間隔で生きてました。
  
 
 
駅まで歩いて向かったのですが、
プリントを見ながら歩きました。
 
 
 
 
しかもブツブツ呟きながら、
歩いていたので完全に不審者です。
 
 
 
そして駅に到着。
ここから僕は90分間、
電車に乗り続けます。
 
 
「正念場だ」
 
 
ここが勝負でした。
 
僕はプリントを見ながら、
満員電車でブツブツ呟き始めます。
 
 
満員電車で独り言とか、
ただのヤバイ奴でしかない。
 
 
でもそんなことは、
頭にありませんでした。
 
「単位を落とすか?
 不審者呼ばわりされるか?」
 
「お前はどっちがいいの?」
 
 
 
そんなの単位に決まってます。
 
 
僕は周りの目線は気にならないほど、
集中し続けました。
 
 
 
 
そして前日よりも何十倍ものスピードで、
テスト範囲を読みまくる僕。
 
  
最後は学校に着き、
机でラストスパートをかけた。
 
 
 
確かに理解は浅かったものの、
最終的にはテスト範囲を、
4周近くしていた。
 
 
前日まで朝の3時までかけて、
1ページだった僕が、
次の日には30ページを4周だ。
 
 
全然違うw
 
 
結局僕はそのテストを乗り切り、
無事小テストで8割という高得点を、
取ることに成功しました。
 
 
 
「あーよかったよかった。」
と僕は一安心しました。
 
そして・・・
 
 
この時僕はあることに気づいたんです。
 
 
それは・・・・?
 
 
 
「ちょっとの時間でも、
 やる気次第でどうにでもなる」
 
ということです。
 
 
 
駅のホームで電車を待っている時間
 
ついテレビを見てしまった時間
 
寝る前にベッドの上でスマホをだらだら見ていた時間
 
 
 
こういう時間も有効活用しようと、
意識するようになったのです。
 

 

まとまった時間がないと勉強できないは嘘

 
「30分とか1時間くらい
 まとまった時間が欲しい」
 
こういう声を僕は、
よく聞きます。
 
まとまった時間の方が、
勉強してるぜ感は、
確かに出るんですよね。
 
実際僕がそうでした。
昔まで机に座って、
 
1時間2時間勉強しないと、
気が済まない!みたいな。
 
しかも、
「移動時間とか集中できないわ」
と思っていたので、
 
5分や10分の隙間時間を、
完全になめくさっていました。 
 
 
でも今回のテスト勉強の一件で、
変わりました。
 
「あれ?移動時間しか
 勉強してないけどな・・」
 
「普通にめちゃくちゃ覚えられたぞ??」
 
 
ああ単に集中力の問題だったんだなと。
 
 
 
別に5分でも、10分でも短い時間でも、
有効活用しようと思えば、
いくらでも作業したり勉強できる。
 
 
 
 
ということに僕は気づいたんですね。
 
だから、別にまとまった時間がなくても、
勉強ってできるんだ!
 
ということを学びましたし、
何より短い時間を有効活用することで、
周りと圧倒的に差をつけられることを、
実感したのです。
 
 

 

隙間時間を計算すると・・・?

 
ツイッターとかラインを、
だらだら使う癖が僕には、
ありました。
 
 
例えばこれら全部で1日30分持ってかれたとすると、
 
 
1週間=30分×7日=3時間30分
 
1ヶ月=30分×30日=15時間
 
 
たった1日30分グータラしているだけで、
これだから実際はもっとあってもおかしくない。
 
 
計算してみると、
ほんと衝撃である。
 
 
 
「忙しい忙しい」言ってる人も、
このデータを見たらグゥの音も出ないのでは?
  

時間の使い方さえ学べば人生は豊かになる

 
 
しかしちょっと5分勉強しようとか、
作業しようという意識は超大事です。
 
5分間隔、1分間隔で時間を分割する、
意識があるのとないのとでは、
毎日の濃さがめちゃくちゃ変わってきます。
 
 
この時間の使い方さえできれば、
人生は確実に豊かになりますからね。
 
 
ナンパだってそうです。
僕は基本ウォークマンで、
ナンパ音声を暇なときに聞いてるだけ。
 
 
 
机に向かって毎日1時間とか、
勉強してるわけではありません。
 
 
ただ毎日音声を暇な時に聞く。
これをひたすらやっているだけです。
 
 
ほんと小さなことに、
聞こえるかもしれませんが、
 
時間を分割するだけで、
日常生活はかなり充実するので、
ぜひ試して見てください。
 
それではまた。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は20歳まで「彼女いない歴=年齢」の童貞でした。
ですが、そんな僕が今ではナンパ師になって
色んな女の子と付き合ったり、エ○チできるようになりました。

・・・と、言っても怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「絶対嘘だろwwwありえねえよwww」
とか思っていること間違いないですね笑

ですが、これは紛れもない真実です。

僕は対人恐怖症、女性恐怖症に悩まされていた時もありました。
またどんなに女性にアプローチしてもことごとく断られるというキモいやつだったのです。。

けど、師匠から教えてもらったナンパがきっかけで、
僕は短期間でナンパスキルを鬼のように伸ばしていき、
色んな女の子と仲良くなれるようになりました。
そうして僕はナンパ活動をしているのですが、本当によかったなと思っています。

この経験からどんなにもてずに苦しんでいる人も、
ナンパスキルを身につけることで、
女の子と仲良くなって彼女にしたりセ○レにすることはできると僕は確信しております。

コミュ障の僕はどのようにして、
ナンパ師になれたのか??その過程は以下の記事からどうぞ。

ニャンチカがナンパで女にモテまくって
ヤリチンになれた秘密


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、対人恐怖症のコミュ障がヤリチンになるまでのストーリーを読む】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です