【ナンパ実録音声②】「マルイってどっちですか?」初心者にオススメの道聞きナンパをしてみた

この記事は 8 分で読めます。

こんにちは。ニャンチカです。

久しぶりに、ナンパ音声を、
アップしていきます。

今回の音声はだいぶ昔に、
道聞きアプローチをして、
LINEを交換した時のものです。

 

この音声では初心者でも、
取り組みやすい道聞きナンパを、
使っています。

 

なので、この音声を聞けば、
道聞きナンパの全体像が理解でき、
自分でも使っていくことが、
できるようになるかと思います。

 

勉強になる箇所がたくさんあると思うので、
ぜひ聞いてみてください。

 

 

僕個人としては、
かなり恥ずかしい音声ですが、
まあ公開していきますw

 

初心者にオススメの道聞きナンパ

 

で、今回使ったのは、
「道聞きアプローチ」
になります。

 

道聞きアプローチは、
道に迷ったふりをして、
「〜ってどっちですか?」
と聞くナンパ法です。

 

で、今回初めて使ってみたのですが、
意外と使いやすいです。

なので、
初心者にオススメだなあと思い、
今こうしてまとめています。

 

で、僕は渋谷のセンター街で、
「マルイってどっちですか?」と、
道聞きをすることにします。

 

道聞きナンパは演技力が必要

 

で、道聞きナンパをする時は、
演技力が必要になります。

 

どういうことかと言いますと、

 

本当はナンパなのに、
道に迷っている振りをして、
女の子に声をかけるわけです。

 

なので、この時に、本当に、
「道に迷っているフリをする力」が、
絶対に必要になります。

 

もし、この時点で演技ができていないと、
かなり気持ち悪い感じの雰囲気になります。

 

「お前、絶対道に迷ってないだろ!
 知ってるだろ!ナンパだろお前!」
という雰囲気になるのです。

 

なので、声をかける時は、
「本当に道に迷っている感」
を出す必要があるのです。

 

ロストアプローチでも演技力が必要

で、さっきから「演技力が大事」と、
話してきました。

こんなことを書くと・・・

 

「演技力ってなんでいるの?」

 

と思った人もいるかもしれません。

 

ですが、演技力というのは、
僕が進めている、
ロストアプローチに、
絶対に必要なのです。

 

例えば、

「この辺でペンギン見ませんでした?」

とか

 

「この辺でドンキーコング見ませんでした?」

 

という声かけも演技力がいるわけです。

 

自分で
「この辺でドンキーコング見ませんでした?」
と聞きながら、

女の子から、
「こいつ絶対探してないだろ、
 ただのナンパだろ?」
と思わせてはいけないわけです。

 

本当に心から探している風を装って、
「この辺でドンキー見なかった?」
と聞かなければならないわけです。

 

 

で、その演技のために、
道聞きアプローチは、
練習になります。

 

なので、今回は演技の練習のためにも、
道聞きナンパを使うことにしました。

 

ナンパ前のシュミレーション

 

ターゲットイメージ

身長:165センチくらい。ちょい高め。

髪型:ショート

服装:デニムとコート

雰囲気的にはこんな感じです。

年齢:おそらく高校3年生卒業したて

顔:少しロリコン系を感じさせる感じ

 

持ち物:バックのみ

 

声かけ前シュミレーション

道ききアプローチに挑戦。

*道聞きアプローチ=道に迷ったふりをする

 

持ち物はバックのみなので、
そこをいじれればいじることを考える。

 

ナンパ実録音声

音声は2分です。

スマホで、音声を聴きながら、
書き起こしを読めます。

 

 

ナンパ実録音声書き起こし

 

僕「すいません、マルイってわかりますか?」

女「あーわかりますよ、あ、こっちです」

 

僕「こっち?」←sキャラの立場決定をするために、強めに発言

女「はい」

 

僕「まじすか?めっちゃ優しいすね」

女「いえいえいえ。ちょうど駅に向かうところなので」

 

僕「あ、まじすか?あっちですか?」

女「マルイですよね?」

 

僕「マルイですよ」

女「マルイですよね?」

 

僕「マルイですよ、なんでそんな疑ってるんすか?」

女「笑」

 

僕「マルイっぽくない?」

女「いや違います笑」

 

僕「なになになに?笑」

女「マルイわかります」

 

僕「あーよかった、よかった」

女「あの109の?デパートですよね?」

 

 

僕「あ、そうですそうです。めっちゃ優しいっすね」

女「いやいやいや笑」

 

僕「これナンパって言ったら怒りますか?」

女「いやいやいや笑・・・え?」

 

僕「怒ります?殴ります?」

女「いやいや笑」

 

 

僕「殴っていいっすよ、本当に」

女「え?」

 

 

僕「殴っていいっすよ」

女「いやいや笑」

 

 

僕「本当になんか言いそうだから、逆に申し訳なくなってきた」

女「いやいや」

 

 

僕「逆に申し訳ない」

女「いやいや笑大丈夫です、え?」

 

 

僕「いや、マルイも行こうとしてたんですけど」

女「いやいや笑」

 

 

僕「不明」

女「不明」

*聞き直したのですが、何を言ってるかよくわかりませんでした。

 

 

僕「まじすか、そんな慌てちゃって、これからなんかあるんすか」

女「これからバイトなんで」

 

 

僕「バイトなんすか?」

女「4人で遊んでたんですけど、それで抜けて」

 

 

僕「それで抜けて、このままバイト?」

女「はい」

 

 

僕「いや、それ行かなくていいっすよ、この前クビになったじゃん」

女「え?」

 

 

僕「見た見た見た」

僕「この前、店長から殴られてたの見た」

女「いやいや笑」

 

 

僕「違った?別人?」

女「別人、全然」

 

 

僕「ごめん、めっちゃ適当に言った」

女「知ってます」

 

 

僕「いやーわかんないと思ったけど、バレたか」

女「ハハハ笑」

 

 

僕「渋谷でバイトしてるんすか?」

女「いや!○○○○です」

 

 

僕「あ、地元なんだ」

女「はい」

 

 

僕「へー」

*個人情報のため音声カット

 

僕「○○○○です、っていう人初めて見たわ」

女「笑」

 

 

僕「不明」

女「不明」

*聞き直したのですが、何を言ってるかよくわかりませんでした。

 

僕「こっちすか、わかりました。じゃあ駅離れる前に、スターバックスっていう知らないカフェがあるんで、そこ行きません?」

女「え、でも本当に時間ないんで」

 

 

僕「時間ないんすか、マジスカ」

女「〜分の電車に乗らないといけないんで」

 

 

僕「じゃあ僕ラインだけ交換してもらったらすぐパッと帰るんで、それだけどうすか?」

女「ライン?」

 

 

 

僕「僕のQRコード読んでくれたらすぐパッすぐいなくなるんで」

女「ああ、わかりました」

 

僕「優しいっすね」

 

ナンパ音声解説

 

で、ここからはナンパ音声の、
解説をこれからして行きます。

 

最初の入りで勝負が決まる

 

多分この音声を聞いている人の中には、

「こんなショボイ会話でも、
 LINEって交換できるの???」

 

と思っている人が、
何人かいらっしゃるかと思います。

 

実際、僕も聞き直してみて思ったのは、
「大して面白いこと言ってねえなw」
という感想です。

 

 

で、これはナンパに対する、
誤解の1つなのですが、

「素晴らしく面白いことを、
 常に言わなければならない」

ということはありえません。

 

 

もちろん、面白いことや、
ユーモアは大事なのですが、

「最初の入りさえクリアすれば、
 その後は会話を楽しむスタンスでOK(基本的に)」

なのです。

(もちろん、最初が良くても、
 あとがつまらなければ、
 LINEの返信は来ないのですが・・・・)

で、今回僕自身が、
LINEを交換できたのも、
最初の入りが上手くいったからです。

で、実際に会話を聞いても、
大して面白いことは、
あまり言っていません。

 

それは何かと言いますと、
色々あるのですが、
今回は1つ解説をしていきます。

 

最初の立場決定でSキャラを浸透させる

 

最初の会話を聞き直してみると、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕「すいません、マルイってわかりますか?」

女「あーわかりますよ、あ、こっちです」

僕「こっち?」←sキャラの立場決定をするために、強めに発言

女「はい」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな感じだったと思うのですが、
「こっち?」という声を、
かなり強めに言っています。

で、これはSキャラを浸透させるために、
強気で言ったというのがあります。

 

まず、ナンパをしていく上では、
Sの要素を強めていく必要があります。

少なくとも、Sの要素が無いまま、
ナンパをしていくと距離を縮めたり、
可愛い子とは仲良くなることは、
なかなか難しいです。

 

で、今回はこのSキャラの浸透が、
上手くいったというものがあります。

 

 

僕のナンパ音声をダメ出し

 

それではこれから、
自分のダメだった部分を、
書いていきます。

 

相手の会話を拾いきれてない

 

やはりこれですね。

いまいち、会話を拾い切ることが、
できていません。

 

例えば・・・

「今、4人で遊んで、
 抜けてきたんですよ」を、

普通にスルーしていますが、
もっと面白く料理できましたね。

 

 

 

例えば・・・

「本当にそれ友達ですか?
 実は仲悪いですよね?」

とか、

「おお、友達できたんですね!
 おめでとう!」

とか、

色々パターンがあったのに、
拾いきれなかったのが、
悔やまれます。

 

後は、

「え、本当に時間ないんで」

という発言にも、
もっと面白く料理できたかと、
非常に悔やまれます。

 

 

例えば・・・・・

「なんで時間ってなくなるんですかね。
 ちょっと一緒に考えてみません?」

 

とか色々返せたのになあと、
地団駄を踏むばかりですw

 

個人的には、

「友達と遊んできた帰り〜」

「時間ないんで〜」

は頻出用語です。

女の子をナンパした際に、
必ずと言ってもいいほど、
出てくるフレーズです。

 

なので、絶対に、
抑えておくべきですね。

 

連れ出しから、LINE交換に逃げてしまった

 

で、この女の子なのですが、
カフェに連れ出すことが、
恐らく可能だったかと思います。

 

たぶん、粘ればスタバに、
連れ出せたのでしょうが、
チキってLINE交換に逃げましたw

「本当に時間ないんで」を、
上手く返せなかったのが、
だめだめでした。

 

そこら辺諸々、
会話をうまく料理できれば、
連れ出せたのですが、
まじでミスりました。

で、最終的にはLINE交換に、
逃げてしまったのが、
失敗です。

 

 

終わりに

 

試しに使ってみた道聞きナンパですが、
意外と使えました。

ただ、センター街のど真ん中で
「マルイってどっちですか?」は、
個人的にかなり怪しいなあと思ったので封印ですw

 

あと、渋谷とか新宿だと、
みんなナンパ慣れされてるので、
ロストアプローチの方が、
反応がいい気がしました。

 

なので、地元とか可愛い子を、
街中で見かけた時に、
使っていこうかと思います。

 

ということで、
久しぶりのナンパ音声でした。

それではまた。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は20歳まで「彼女いない歴=年齢」の童貞でした。
ですが、そんな僕が今ではナンパ師になって
色んな女の子と付き合ったり、エ○チできるようになりました。

・・・と、言っても怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「絶対嘘だろwwwありえねえよwww」
とか思っていること間違いないですね笑

ですが、これは紛れもない真実です。

僕は対人恐怖症、女性恐怖症に悩まされていた時もありました。
またどんなに女性にアプローチしてもことごとく断られるというキモいやつだったのです。。

けど、師匠から教えてもらったナンパがきっかけで、
僕は短期間でナンパスキルを鬼のように伸ばしていき、
色んな女の子と仲良くなれるようになりました。
そうして僕はナンパ活動をしているのですが、本当によかったなと思っています。

この経験からどんなにもてずに苦しんでいる人も、
ナンパスキルを身につけることで、
女の子と仲良くなって彼女にしたりセ○レにすることはできると僕は確信しております。

コミュ障の僕はどのようにして、
ナンパ師になれたのか??その過程は以下の記事からどうぞ。

ニャンチカがナンパで女にモテまくって
ヤリチンになれた秘密


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、対人恐怖症のコミュ障がヤリチンになるまでのストーリーを読む】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です