【高校生・大学生・社会人別】女性恐怖症を治す方法まとめ

この記事は 6 分で読めます。

  • 大学生なのに女性恐怖症で、毎日が苦しい
  • 高校生で、女性が怖くて仕方がない
  • 今まで女性と接することなく社会人になってしまった

この記事を読まれているあなたは、
上記のような悩みを抱えているかもしれません。

女性恐怖症は年齢があまり関係なく、
どんな人でもなってしまうのが特徴です。

 

というわけで今回は、

  • 高校生・大学生・社会人別の女性恐怖症の克服法

について、元女性恐怖症の僕の意見をお伝えしたいと思います。

 

女性恐怖症とは?

まず女性恐怖症とはどんな状態なのか?

女性恐怖症とは文字通り女性に対して恐怖を抱いている状態を指します。

「女の子が怖くて話しかけられない」
「近くにいると緊張する」
「女性の前から一目散に逃げたくなる」

などの症状が該当します。

 

ちなみに、女性恐怖症には2つの種類があります。

1つ目は「過去の女性からのトラウマによるもの」を指し、2つ目は「女性に対する免疫のなさによるもの」を指します。

今回は主に2つ目の、「女性免疫のなさからくる女性恐怖症」をメインに話して行きたいと思います。

 

高校生で女性恐怖症を克服する方法

それではここから、高校生が、
女性恐怖症を克服する方法を書きます。

その前に、
「高校生で女性恐怖症はヤバイのか?」
というテーマについてまとめておきます。

 

高校生で女性恐怖症はヤバイのか?

「もしかして、俺女性恐怖症かな?」
と思っている男子高校生は多いかもしれません。

ただ、高校生の間であれば、
女性恐怖症になったとしても、
強く思い悩む必要はないというのが僕の意見です。

つまり、
「高校生であれば女性恐怖症は問題ない」
ということです。

(日常生活などに支障をきたさない限り)

 

その理由をこれから書いていきます。

 

出会う女性の数が圧倒的に少ない

 

まず、高校というのは出会う女性の数が、
圧倒的に少ないです。

基本的に「学校の女の子」がメインですから、
人数的にも決して多くありません。

マンモス校の私立高校に行ってれば別ですが、
出会える女性はどうしても少なくなります。

 

「俺は女性と仲良くなれない」
「うまく女の子と話すことができない」
↓ ↓ ↓ ↓
「俺は女性恐怖症だ」

となってしまう男性は非常に多くいます。

 

つまり、

 「女性慣れしてないから
  女性恐怖症になった」

というケースです。

 

ですが、そもそもなのですが、
出会える女性の数が少ないのが問題で、

たくさんの女性と出会っていたら、
中には話が弾んだり、

フィーリングが合う子が、
絶対に出てきます。

 

その過程で、女の子に免疫がついて、
恐怖心が薄れていくことも。

 

つまり、だんだんと女性に慣れてくるわけですね。

ちなみに、大学生になれば、
高校生の時の何十倍もの出会いがあります。

というか、出会いの選択肢が広まります。

バイト、サークル、
学校、合コン、紹介などなど。

「高校の時は女性恐怖症だと思ったけど、
   大学に入って女性と話していくうちに、
   気づいたら慣れてしまっていた・・・」

という話はよく聞きます。

 

 

周りの男性から恋愛を学べない

大学生や社会人になれば、
周りの友人から良くも悪くも、
恋愛の話がたくさん入ってくるようになります。

「彼女をどうやって作ったか?」
「どうやって女の子と仲良くなるのか?」

などのテクニック的な話から、

「今度合コンがあるから来て欲しい」
「一緒にナンパしに行こう」

などの出会いの話にも発展して行きます。

 

ですが、高校生というのは基本的に、
こういう話が出回ることはあまりありません。

なぜなら、みんな慣れてないからです。

 

高校というのはかなりの格差社会で、
一部のリア充男子が女の子を食いまくってます。

つまり、構造としては、
「リア充男1:それ以外の男9」
くらいです。

 

なので、恋愛をしている男子も、
相対的に少なくなっているので、
情報が入ってきにくいんですね。

 

なので、恋愛の情報が少ないことも、
高校生が女性慣れしにくい原因とも、
言うことができるでしょう。

 

狭いコミュニティなのでキャラを変えにくい

 

そして、これは僕がそうだったからこそ、
よくわかるのですが、

「学校などで告白して振られたり、
   恋愛のことでクラスメートからバカにされる」

という出来事があったとします。

 

そうなると、高校3年間は、
ずっとそのキャラが付きまとうので、

「恋愛が苦手なキャラ」だと、
自分で思い込んでしまうようになります。

また、周りにいる女性も変わらないので、
自分のキャラや接し方を変えにくいです。

大学や社会人になれば、
新しく出会える女性が増えます。

ですので、
「自分が昔どうだったか?」は、
全く相手に伝わりません。

 

ですが、高校などであれば、
新しく恋を始めたり、自分を変えようとしても、

周りに今までの自分を知ってる、
男性や女性がいるため、
行動しにくくなります。

 

「大学デビュー」という言葉があるほど、
高校でキャラクターを変えるのは難しいんです。

 

高校生が女性恐怖症を克服するオススメの方法

 

①学校の女子には何もしないと決める

まず、学校の女子には、
何もしない方が良いです。

というのは、学校というのは、
今までの自分を知っている人が多くいます。

ですので、自分を変えたかったり、
キャラを捨てたい時に障害となります。

なので、学校の女の子には、
告白をしたり、話しかけたりは、
何もしないと決めてしまう方が良いです。

そうした方が楽になります。

なので、仲良くするのは、
「学校外の女の子」と決めましょう。

 

②街歩く人の目を相手がそらすまで見続ける。

これは一時期僕がよくやっていた、
訓練方法です。

街を歩く女の子を見つけて、
ずっと見つめます。

そうすると、相手の女の子も、
こちらを見てきますから、

そこで目をそらさずに見続けるのです。

 

相手の女の子からしたら、
「何こいつ????」
と思うかもしれませんが、
ガン無視です。

ひたすら見続けて、
相手が目をそらすまで見ましょう。

これをすることで、
女性の視線に対する、
恐怖が減っていきます。

 

電車、バス、街中でやり続けることで、
かなり女性への恐怖は減ります。

 

③恋愛の知識と理論を学ぶ

高校生が手を出すのはどうかなと、
少し思ったのですが、
役に立つので読んでみましょう。

いわゆる、恋愛本です。

恋愛本は使えないものが多いですが、
この本だけは高校生でも使えるほど、
非常に役立つ内容になっています。

 

ハマりすぎて勉強できなくなるのは、
NGですが、一度目を通しておきましょう。

 

高校生の女性恐怖症への正しい捉え方

今高校生でこれを読んでいるあなたは、
「自分が女性恐怖症なのかもしれない」
と考えているかもしれません。

ですが、高校生の時の男子は、
女性恐怖症ではなかったとしても、
女性に緊張してしまう人がほとんどです。

ですので、そこでナイーブに考えすぎる、
必要はないのかなと思います。

また、

「高校の時は女性が苦手で怖くて、
 仕方がなかったけど、大学に入ったら、
   気づいたら女性慣れするようになった」

という人もたくさんいます。

何が言いたいのかというと、

高校生のうちから自分のことを、
女性恐怖症だと決めつけないで欲しい、

ということです。

 

もし仮に大学生になっても、
女性恐怖症が続いてしまう。

怖くなって何もできないのであれば、
問題かもしれませんが、

そうではない人も結構います。

 

そして、高校というのはコミュニティが、
非常に狭いので自分のキャラを変えづらいです。

なので、
「よし!女が苦手なのを克服するぞ!」
と考えても実行しにくいですよね。

そーいう意味でも高校の間に、
女性コンプレックスを、
解消するのは難しかったりします。

 

ですので、高校生の間はあまり、
気にしすぎる必要はないです。

 

著者も元女性恐怖症ですが、 
高校は死ぬほど悩まされました。

1人で学校のトイレで吐いてたり、
手足が震えることも度々でしたが、
大学に入ってからはなんとか克服できました。

 

「大学に入ったら事情が変わる」と思って、
今は気にしすぎることはないようにしましょう。

また、恋愛テクニックや恋愛理論を、
学びまくって、女性への恐怖を、
和らげていくという方法もあります。

それについて知りたい方は、
こちらを参照してください。

 

 

大学生で女性恐怖症を克服する方法

それでは、次は大学生が、
女性恐怖症を克服する方法を、
書いていきます。

大学生で女性恐怖症はヤバイのか?

「大学生にもなって女性恐怖症はヤバイのか?」

こんな風に思っている人もいるかもしれません。

実際はどうなのか?

正直、僕は年齢によると思っています。

大学に入学したばかりの、
大学1年生であればこれからだと思います。

ですが、大学3年生後半や、
大学4年生になっても、

女性が怖いままであれば、
それは改善する余地があります。

 

基本的に社会人は大学生よりも、
出会いが少ないと思った方が良いです。

つまり、女性との関わりは、
今後より一層減っていくので、

社会人になる前に改善しておかないと、
克服が難しいのです。

 

ただ、これはあくまで一般論で、
社会人になってからの方がお金が増えて、
自分に余裕がつくようになった。

稼いだお金を使って出会いを増やし、
女性からモテるようになり、
恐怖症が減っていった。

などの方も見られます。

 

ですので、一概には、
問題があるとは言えないのが実情です。

 

大学生の女性恐怖症克服方法

それでは、ここから大学生の、
女性恐怖症克服法について、
書いて行きたいと思います。

 

①ガールズバーに行く

まず、ダントツでおすすめできるのがこれです。

ガールズバーに行きまくりましょう。

ガールズバーというと値段が高い、
ぼったくられるというイメージがあります。

ですが、そこはちゃんと事前に、
調べてから行けば、
値段が高くなることはほぼありません。

実際に僕は1時間で5000円くらいで、
いつも済ますことが多いですし、

大学生の頃もそのくらいの値段で、
ガールズバーに行ってました。

ガールズバーの女の子は、
商売なので塩対応を食らうことはありません。

むしろ、優しく話しかけてくれますし、
緊張をほぐしてくれます。

(じゃないと、あっちも儲からないので)

また、綺麗な女の子も多いですし、
女性への免疫をつけたいのなら、
最適だということができます。

僕も数回ガールズバーに行って、
女性と喋りまくりましたw

そのおかげで、だいぶ女性慣れして、
恐怖症も軽減していったので、
効果はかなり高いと言えます。

 

②マッチングアプリをやりまくる

次におすすめなのがこれです。

マッチングアプリを長時間使い、
女の子とメッセージや通話を、
しまくること。

マッチングアプリは失敗をしても、
あまり傷つかないというメリットがあります。

それに色々な女性と知り合えるので、
大量に数を打つこともできます。

僕が女性恐怖症だった頃は、
ひたすらメッセージを送りまくったり、
通話をすることから始めてました。

実際に目の前に女の子がいると、
緊張してしまいますし、
うまく話せないことが多かったです。

ですが、実際に目の前にいないだけで、
だいぶ楽に話すことができたのです。

これは結構おすすめ。

 

 

③恋愛の知識・理論を学ぶ

実際に女性慣れするだけで、
恐怖症が消えたかというと、
そうではありません。

ひたすら、恋愛の知識や、
付き合うための方法を調べました。

書店で売られている恋愛本には、
全て目を通しましたし、

ネットで売られている恋愛商材も、
かなりの数を購入しました。

「女性はどうすれば恋に落ちるのか?」
「女性と話す時に何を意識すればいいのか?」

こーいうことが学べたので、
次第に恐怖も消えていきます。

 

女性に対して恐怖してしまうのは、
「女が何を考えてるかわからないから」
「何を話せばいいのかわからないから」
というのが大きいかと思います。

それを解決してしまえば、
女性への恐怖も大部分は消えます。

 

恋愛本であれば、LOVE理論や恋愛工学。

 

 

恋愛商材であれば、美女を落とすための会話術。

こんにちは、ニャンチカです。今回は相沢さんの新教材である、「美女を落とすための会話術」を、レビューしました。 正直、この教材については、かなり思い入れが...

 

これらの内容が役立ちました。

 

大学生の女性恐怖症への正しい捉え方

高校生の時と違って大学生になると、
出会いの数が増えて行きます。

なので、できれば、
大学1年生の段階で女性慣れして、
女性恐怖症は克服しておきたいところ。

また、大学2年生、3年生になると、
新規で出会う女性の数が次第に減るので、
そこは注意が必要です。

 

もし、大学生になっても女性恐怖症が、
なかなか治らないというのであれば、

ある程度、お金を使ってでも、
女性慣れしていくことをお勧めします。

「女性が怖くて仕方がない・・・・」
と家で1人で悶々と悩んでいるのは、
非常にもったいないです。

 

まずは、
出会いを増やしたり、
マッチングアプリを使ったりなど、

ハードルを下げて行動してみましょう。

 

 

社会人で女性恐怖症を克服する方法

社会人で女性恐怖症はヤバイのか?

「社会人で女性恐怖症はやばいのか?」

この問いに対する答えですが、正直、年齢によるかなというのが僕の意見です。

20代前半であれば、
まだ改善できるかと思われますが、

20代後半、特に30代で、
女性恐怖症の場合は本気になって、
行動しないと難しいでしょう。

20代後半以降になると周りの女性も、
結婚を意識し始めていきます。

そのような状態で、
「女の子が怖い・・・」
「彼女ができたことがない・・・」

というのは共感されにくいですし、
女性からの反応を下げます。

 

ですので、社会人なのであれば、
20代前半で女性恐怖症は、
克服しておきたいところです。

 

社会人の女性恐怖症克服方法

それでは、これから社会人の、
女性恐怖症克服法を書いていきます。

①キャバクラに行く

上の大学生の部分には、
ガールズバーを書きましたが、

社会人になれば稼げる金額も、
変わって行きますので、
キャバクラをお勧めします。

ガールズバーとキャバクラの違いは、
主に女性との距離感にあります。

ガールズバーは女性と対面ですが、
キャバクラは隣に座ってくれます。

また、ガールズバーよりも、
綺麗な女性が多い所がほとんどです。

ですので、女性慣れには、
この上なく効果的です。

 

②ソープに行く

これは人を選びますが、
「何が何でも克服したい」と、
思うのであれば、

ソープランドでセックスしまくると、
尋常じゃないほど女性慣れできます。

実際に僕の知人で、
ソープランドに10回行ったら、
女性恐怖症が治ってしまった。

という方がいます。

彼はその後、完全に女慣れして、
色んな女の子と遊びまくる、
チャラ男になっていきました。

もちろん、彼のような方向を、
目指す必要はありませんが、

実際に効果があるのは間違いありません。

 

 

③恋愛の知識・理論を学ぶ

社会人であれば学生の頃よりも、
比較的お金に余裕が出ますので、
恋愛の知識に投資をすることを推奨します。

恋愛本や恋愛商材を読んでいくことで、
女性が男性に何を求めているのかを、
知ることができます。

そーいう知識があると、
余計な不安が消えて行きますし、

恋愛であーだこーだ悩むことも、
確実に減って行きます。

僕自身、恋愛商材にはかなりの金額を、
突っ込みました。

ですが、そのおかげで女性恐怖症も、
治りましたし、人並み以上の恋愛を、
することができるようになりました。

なので、恋愛商材を買いまくって
本当によかったなと思ってます。

 

社会人への女性恐怖症への正しい捉え方

上にも書きましたが、社会人は、
正直年齢次第だと思います。

そして、一番大事なのは、

「そもそも女性恐怖症を治したいと、
   本気で思っているのか?」

です。

 

中には女性が嫌いで女性と、
関わりたくないという人もいれば、

女性恐怖症だけど彼女が欲しい、
イチャイチャしたいという人もいます。

これは自分がどっちなのかで、
大きく変わりますし、

長い間恐怖意識を持っていたものを、
変えるには多少の努力が必要です。

 

僕自身もかなりの時間とお金を使って、
女性恐怖症を克服してきました。

そう考えると、結局のところ、
「本気で女性恐怖症を治したい!」
という想いが一番大事なのかもしれません。

 

 

女性恐怖症を克服するための注意点

ここまで、高校生、大学生、社会人別に、
女性恐怖症の克服法を書いてきました。

それではここからはどの年齢の人にも、
共通する注意事項を書いていきたいと思います。

 

①ハードルを上げすぎない

これは多くの人が失敗してしまうのですが、
決して行動のハードルは、
上げすぎないようにしましょう。

 

例えば、女性恐怖症を克服するために、

「絶対にすぐに彼女を作ってやる!!」
「ワンナイトラブをやってやるぜ!!」
「LINEをゲットしてやるぜ!!」

みたいな目標を立てることです。

 

もちろん、目標を立てることは、
別に悪いことじゃないんですけど、
大きな目標と小さな目標で分けるべきです。

例えば、最初であれば、

「女の子から話しかけられたら無視をしない」
とか

「女の子が近くにいても、
   挙動不審な動きをしない」

などのレベルから始めるべきです。

 

いきなり、彼女を作ろうとか、
LINEを交換しようとか、
ハードルを上げすぎると失敗します。

それで、うまくできない自分に、
罪悪感を抱いて、全く行動が、
できなくなるという負のループにはまりますので。

最初はハードルを徹底的に下げて行動しましょう。

 

②病院は最終手段

女性恐怖症を克服するために病院にいくことを考える人がいます。

ですが、病院というのは最終手段です。

「動悸が激しくなって日常生活を過ごすことに支障が出ている」

などの状態でなければ病院は推奨しません。

 

なぜなら、病院での治療は「対処療法」であり、「根本治療」ではないからです。

 

病院の治療では女性に対する恐怖を、
減らすことはできます。

ですが、なくすことはできないのです。

また、

「どうすれば女性に対して、
 苦手意識を持たなくなるのか?」

「恐怖の感情を感じなくなるのか?」

これらは教えてくれませんから、
結局のところ対処療法で終わります。

また、医師によっては薬物の投与を、
勧めてくる場合もあるので、
注意が必要です。

 

なので、病院の使用は最終手段と言えるでしょう。

 

まとめ

ここまで高校生、大学生、社会人別に、
女性恐怖症を克服するための、
方法をたくさん書いてきました。

ただ、重要なことは年齢によって、
女性恐怖症を治すための方法が、
大きく変わるわけではないということです。

「女性の免疫をつける」という部分では、
共通しています。

本質を忘れずに参考にしてみてください。

ピチピチの19歳女子大生から渋谷でLINEを奪った音声が聞けます

 

 

上記の音声は、渋谷のセンター街で、
高校卒業したてのピチピチ女子大生から、
たった3分でLINE交換に応じさせる音声の一部です。

現在、特別プレゼントにて、LINE交換音声の、
全貌と解説をお渡ししています。


対人恐怖症だった僕がどのようにして、
街中で女の子に声をかけてLINEを、
抜き去ることができたのか?

どんな思考でテクニックを使っているのか?

僕が底辺から這い上がれた理由とは?


その全てを理解できるようになってます。

絶対にブログには書けない恋愛の裏話を、
クローズドのメール講座で知ることができます。

→ニャンチカのメール講義を読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください