ペアマティックプロジェクトのデメリット。他の出会いに比べたら楽だけど・・

2週間でモテるようになるメールセミナーを無料でやっています

この記事は 3 分で読めます。

こんにちは、ニャンチカです。

先日から紹介している、
このペアマティックプロジェクト。

→ペアマティックプロジェクトを2万文字でネタバレしています

ボチボチ売れてきました。

だいたい15本ほど、
レビューを書いてから、

2週間も経ってませんが、
結構売れている感じです。

で、色んなところでべた褒めしているので、
気になった人ともいるかもしれません。

例えば・・・

「この教材にデメリットはないんですか?」
「向いてない人はいないんですか??」

という教材のデメリットの部分ですね。

 

もちろん、どんな教材にも、
良い面と悪い面はあるので、
そこを理解しておくのは大事です。

僕が実際に使ってきた中で、
感じる部分を書いていきたいと思います。

 

①マッチングアプリは多少の作業が必要

その1。

やり取りに時間がかかる。

これは教材のデメリットというよりも、
マッチングアプリのデメリットかもしれません。

マッチングアプリというのは、
スマホ1つで出会いを作れる分、

メッセージのやり取りや、
いいねを送ったりなど、
多少の作業が必要になります。

これを作業と捉えるか、
遊びと捉えるかは、
完全に人次第ですが、

メッセージのやりとりなどで、
多少時間が持ってかれます。

特に最初のうちは、
プロフィールを作り込んだり、
メッセージのやり方に右往左往したり、
わからないことだらけだと思います。

もちろん、人によってここは異なりますが、
ガチで女の子と出会いたいのであれば、
隙間時間も合わせて1日30分くらいは、
持ってかれると考えた方が良いです。

前に知り合いのナンパ師が、
言っていたことではあるのですが、

「メッセージのやり取りとかが、
   好きじゃないと続けるのは難しいかもしれない」

と。

確かにこの部分はあります。

入り口がどうしても、
ネットになってしまうので、

コミュニケーション方法は、
チャットになります。

で、この教材もそれは全く同じで、
特にこの教材ではプロフを、
作り込むことが書かれています。

なので、面倒臭いことは、
何もしたくない!!!!

時間や労力をかけたくない!!

という人には、
お勧めできないかもしれません。

 

一応言っておくと、
普通の出会いと比較すれば、
はるかに労力は少ないです。

かかる費用も少ないし、
自分の好きな相手を選べるし、
メンタルも傷つきにくい。

ナンパ、合コン、街コンなどと、
比べてはるかに、
コスパという面では良いです。

 

でも、だからと言って、
何もせずとも女が抱けるとか、
ヤリまくれるというのは無理なので、

そこは注意しておきましょう。

 

②コピペでなんとかなるわけではない

 

次のデメリットなのですが、
この教材はプロフィールや、
メッセージのテンプレートは、
あまり出てきません。

なので、どうしても自分で、
考えて作っていく必要があります。

いわゆる、コピペとか、
量産ができないわけです。

ただ、一応言っておくと、
教材内ではプロフィールの、
作り方については徹底的に、
細かく書かれています。

「ここの項目はこれを意識しろ」
「この部分はこんな風に書いた方がいいですよ」

などという感じで、
佐藤さんがわかりやすく話しています。

なので、
「書き方がわからない」
「どうやって書けばいいのか
  全く検討もつかない」

ということはありえないでしょう。

 

少なくとも佐藤さんの言う通りに、
文章をオリジナルに作ってく感じです。

「コピペすればなんとかなるんだ!」
みたいな発想だとうまくいきません。

 

③情報量が濃いので、復習が必要

この教材はかなり内容が濃いです。

マッチングアプリの教材ですが、
どんな恋愛でも使えるテクニックが、
たくさん載っています。

女性を食事に誘う方法、
女性とのラポールを築く方法、
恋愛感情を刺激する方法、
性欲を刺激する方法、

などなど、普通の出会いにも、
使えるテクニックがたくさんあります。

で、これらのテクニックは、
一朝一夕で身につくものではないので、
何回も読み直す必要が出てきます。

僕自身も、
高確率で食事に誘えるテクニックは、
現在実践中です。

ハマった時はかなり効きますが、
どうしても自分のものになってないと、
うまくいきませんね。

ここは要復習という感じです。

あと、マッチングアプリで、
いいねをもらってからどうやって、
出会うのかについて、
かなり詳しく書かれてます。

なので、
そこまで本気じゃない人は、
あまりお勧めできないかもしれません。

「マッチングアプリで
   ヤリまくるんだ!」

「本気でアプリに取り組んで、
   女の子と会いまくってやる!」

という人じゃないと、
多分挫折しますw

そのくらい情報量としては、
かなり濃いです。

まあ、高いお金を出して、
恋愛商材を買ってるので、
このくらいやってもらわないとw

と個人的には思いますけどね。

何回もこの教材を復習する前提で、
購入した方が良いです。

適当に流し読みする程度で、
購入しようとするなら、
消化不良になって終わると思います。

 

④長期的にコツコツと出会いを増やしたい人向け

これもこの教材の、
デメリットというよりも、
マッチングアプリのデメリットに、
近いものがあります。

まずマッチングアプリ、
特にペアーズでは、

いいねの獲得数が、
非常に重要になってきます。

「いいねが多い」→「魅力のある男だ」→「さらにいいねが増える」

というループがあるので、
まずはいいねを増やしていく、
必要がどうしても出てきます。

 

このいいねが増えていけば、
週に5人とかそのくらいのペースで、
会うことができるようになります。

が・・・・

 

最初のいいねが増えていない段階、
これからいいねを増やしていくぞ!
という段階は耐えどきです。

長くて、1ヶ月は待った方が良いです。

そのくらいもすれば、
いいねが増えまくって、
無限に女性を誘えるようになりますから。

なので、もう今すぐ女性と、
出会いたいんだ!!!!

という人はパーティーに行ったり、
合コンなどに行ってくる方が、
良いかもしれません。

ただ、マッチングアプリの効果は、
凄まじくて、

しっかりと使いこなしていけば、
毎月新規の女性と10人近くは、
出会うことができるようになります。

なので、長期的にコツコツと、
出会いたいという人には、
かなり向いてるわけです。

なんかデメリットなのか、
メリットなのかよくわからなくなってきましたが、

そこは意識しておくべきです。

 

そして、この教材も、
「しっかりとプロフィールを作り込んで、
   自分を偽ることなくモテていきましょう」

というコンセプトなので、
1ヶ月くらいは時間がかかるかもしれません。

 

まあでも、どっちを取るのか?
って話です。

1ヶ月間コツコツと作り込んで、
2ヶ月後、3ヶ月後に新規の女性と、
大量に後方会えるようになる状態。

作業はせずに、
出会いの場に行きまくって、
女性と出会いまくる状態。

 

別にどっちが良いか、悪いかを、
言うつもりはありません。

ですが、コスパという面では、
圧倒的に前者の方が良いですし、

「そのような仕組みを作れるなら、
   作っておいて損はない」という考えです。

 

とは言うものの、普通の出会いよりも100倍楽

と、ここまでデメリットについて、
たくさん書いてきました。

ですが、これらのデメリットを、
踏まえたとしても、

マッチングアプリは、
普通の出会いに比べて、
むちゃくちゃイージーなことには、
全く変わりません。

マジでマッチングアプリで出会いを作るのは、
本当に簡単ですし、楽勝です。

逆にマッチングアプリで会えないってのは、
やり方が確実に間違ってますし、
プロフィールがおかしいことがほとんどです。

 

なので、そこさえしっかりと改善すれば、
今までの生活がなんだったんだと思うくらい、
簡単に大量の女性と会えるようになります。

はい、ということで、
今回は教材のデメリットでした。

興味がある人は、
ぜひチェックしてもらえればと思います。

→ペアマティックプロジェクトを2万文字でネタバレしています

ではでは、本日はこの辺で。

 

ピチピチの19歳女子大生から渋谷でLINEを奪った音声が聞けます

 

 

上記の音声は、渋谷のセンター街で、
高校卒業したてのピチピチ女子大生から、
たった3分でLINE交換に応じさせる音声の一部です。

現在、特別プレゼントにて、LINE交換音声の、
全貌と解説をお渡ししています。


対人恐怖症だった僕がどのようにして、
街中で女の子に声をかけてLINEを、
抜き去ることができたのか?

どんな思考でテクニックを使っているのか?

僕が底辺から這い上がれた理由とは?


その全てを理解できるようになってます。

絶対にブログには書けない恋愛の裏話を、
クローズドのメール講座で知ることができます。

→ニャンチカのメール講義を読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください