ニャンチカの「童貞脱出物語」をこれから書いていきます

この記事は 1 分で読めます。

こんにちは、ニャンチカです。

今日から童貞脱出物語シリーズを、
書いていきたいと思います。

この物語では僕が過去に、
童貞で苦しんだ内容をもとに、
恋愛を学んでいくことを目的としています。

そこから、僕が童貞から脱出するまでの物語、

僕が童貞の時に悩みまくって、
死ぬほど苦しみまくって、
誰にも言えずに1人で泣いてた時の話。

そんな時の物語をこれから書いていきます。

 

こんなことを書こうかなと思います。

「童貞童貞と飲み会の時にバカにされて、
   家の布団で泣いていた話」

「童貞と言ったら、
  先輩からバカにされまくった話」

「なんで自分は童貞なんだろうかと、
   1人で死にたくなった話」

など僕が苦しんだ内容から、

「僕が高校の時に、
   ストーカー呼ばわりされて死んだ話」

「1日6回オナニーをするほど、
    毎日性欲に押しつぶされていたこと」

「カップルを見るたびに吐きそうになる程、
   辛くて、家で泣いていた話」

など、彼女いない歴=年齢の人にとっては、
あるあるの話かなと思います。

そして、何も物語だけを、
話していくのではなく、

「今戻れるなら、あの時どうするか?」
「なぜあの時うまくいかなかったのか?」

など戦略、ノウハウ的な部分も、
これから書いていきたいと思います。

 

童貞物語と言っても別に大それた、
切ないラブストーリーでもなく、
セックス報告記事でもありません。

僕が大学、高校、中学の時に、
恋愛で悩み、葛藤しまくった話を、
していくつもりです。

 

僕はコミュ障、女性恐怖症なこともあり、
死ぬほど恋愛に悩み苦しんできました。

女性と話すだけで汗が出るわ、
手が震えるわでもう死ぬ思いだったなあと。

高校生の時はストーカー呼ばわりされるわ、
大学に入ったら童貞童貞バカにされるわで、
今思えば、あの時はきつかったです。

でも、そんな奴でも頑張れば、
可愛い彼女を作って童貞は捨てれるし、
普通に人並みの恋愛はできるってことです。

そして、童貞を捨てることこそが、
目的になっている人が多いのですが、
目標は可愛い彼女で捨てることです。

ブスで童貞を捨てたところで、
なにも得られるものはないと思います。

 

確かに100人斬りとかセフレを、
何十人も抱え込むとかだったら、
人によっては結構な努力が入りますが、

童貞を捨てる、彼女いない歴=年齢を、
捨ててしまうなどであれば全然可能です。

実際、超低スペックの僕ですら、
できたので、そんなに難しくないです。

ちなみに、昔僕が、
思っていたことなのですが

彼女を作るとか、
セックスをするとか、
そーいう話になると、

「男が下で女が上」
「獲得していく側」

みたいなイメージを僕は昔も、
持っていたんですけど、
実際はそんなことないんですよね。

女性も意外と貪欲に出会いを求めていますし、
セックスも普通に求めています。

女性だって、彼氏が欲しいと思ってるし、
普通にセックスしたいと思ってるわけです。

だからこそ、
別に人並みにモテるとかって、
全然可能なんですよね。

はい、ということでこれから、
色々と書いていきたいと思います。

童貞物語のはじまり、はじまり。

まず最初の記事はこちらになります。
↓ ↓ ↓ ↓
【童貞脱出物語第0話】「清楚系女子大生とHしたったw」←うざいンゴ

 

 

ピチピチの19歳女子大生から渋谷でLINEを奪った音声が聞けます

 

 

上記の音声は、渋谷のセンター街で、
高校卒業したてのピチピチ女子大生から、
たった3分でLINE交換に応じさせる音声の一部です。

現在、特別プレゼントにて、LINE交換音声の、
全貌と解説をお渡ししています。


対人恐怖症だった僕がどのようにして、
街中で女の子に声をかけてLINEを、
抜き去ることができたのか?

どんな思考でテクニックを使っているのか?

僕が底辺から這い上がれた理由とは?


その全てを理解できるようになってます。

絶対にブログには書けない恋愛の裏話を、
クローズドのメール講座で知ることができます。

→ニャンチカのメール講義を読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください