ナンパをボロクソに批判された僕がドリームキラーに対して思うこと

この記事は 2 分で読めます。

どうもニャンチカです。
 
今日はドリームキラーの、
対処法について話していきます。
 
この記事を読めば、
ドリームキラーの対処法が、
わかるようになります。
 
「ナンパを反対されて困っている」
という人は是非とも、
読んでおいて欲しい記事です。
 
ドリームキラーとの、
向き合い方がわかれば、
ナンパのマインドブロックも、
外れていきます。
 
行動力を伸ばして、
可愛い女の子と仲良くなったり、
エ○チしていきましょう。
 

 

ドリームキラーとは?

 
 
「ドリームキラーってなんだ?」
と思った人がいるでしょう。
 
 
ドリームキラーとは、
 
”他人の夢を邪魔する人”
 
のことを指します。
 
 
文字通り、
 
dream(夢)killer(殺し屋)
 
の意味です。
 
 
 

 ボロクソに批判された僕

 
 
ナンパしている人だったら、
確実に出会うことが、
多いと思います。
 
というか僕はそうでした。
 
 
 
ナンパの常識と一般常識は、
かけ離れてるし、
 
「それが普通の反応だろうな」
 
と最近は思うようになりました。
  
 
昔のことですが、
自分がナンパしていることを、
友人に話したら、 
 
「お前がナンパ???」
 
「無理に決まってんだろw」
 
とボロクソ批判されました笑
 
 
別にその友達が、
嫌な奴だったわけではないです。
   
だいたいこんなもんです。
批判して来る人が、
やっぱり多いですね。
 
 
基本的にナンパの話をして、
好意的に受け取って、
もらえることはないですね。
(特に女の子は)
 
「ナンパとか暇人のやることだろ?」
 
「もっと他にやることないの? 」
 
 
と言われちゃいますからね。
 
 
 
まぁ僕も最近まで、
この業界のことは知らなかったですが、
 
さすがに半年経つと、
完全にこっちの常識に染まりました。
 
なので一般の人とは話が、
合わないことが多々ありますね。
 
 
 
友人「出会いねえよー」
 
僕(ナンパすればいいじゃん)
 
 
友人「ナンパとか俺みたいな凡人には無理だって」
 
僕(俺だって昔は対人恐怖症だったんだけど・・)
 
 
とこんな感じで、
お互いの価値観や思考が、
ずれてしまうんです。
 
なので、
 
”いまいち盛り上がらない”
 
なんてことがよくありますね。
 
特に昔の友人とは、
全く噛み合わないっすw
 
 

ドリームキラーの対処法

 
 
じゃあドリームキラーに会った時は、
どうすればいいのか??
 
ここが大事になってきます。
 
 
 
 
対処法なのですが、
これについては・・・
 
シカトするしかありません。
 
 
声をかけても、
ガンシカしてくる女の子並みに、
シカトをかますしかないですね。
 
 
 
 
そもそもなぜドリームキラーは、
他人の夢を破壊しようとするのか?
 
ここを考えることが、
大事になってきます。
 
 

なぜドリームキラーは僕たちの夢を破壊するのか?

 
ドリームキラーが他人の夢を、
破壊してくる理由。
 
 
 
それはその人が、
無知であるからです。
 
 
その人は知らないから怖いんです。
怖いからやめさせようとするんです。
 
例えばナンパを、
反対してくる人というのは、
 
ナンパのことを、
全く知らない人がほとんどです。
 
 
だから結果的に非リアだったり、
モテてない人に多い気がします。
 
 
「ナンパなんて危ないからやめなさい」
 
「女の子がナンパでついてくるわけないだろ」
 
「お前のそのコミュ力じゃ無理」
 
 
などなど僕自身も、
ボロクソ言われました。 
 
ですが何もわかってない相手に、
あーだこーだ言われたって、
気にする必要ないです。
 
 
むしろそれを気にしてしまって、
動けなくなったり・・
 
自分のやりたいことも出来ずに、
人生終わるってしまったり・・
 
 
そっちの方が僕は
めちゃくちゃもったいない
と思ってしまいます。
 
  
だったら嫌われてもいいから、
その人のことを無視する方が、
全然いいです。
 
 

ドリームキラーは説得しようとしても無意味 

 
しつこいようですが、
僕自身ナンパを始める時、
 
周りの友人からは、
無茶苦茶批判されました。
 
  
ただ今では僕の成果を話すと、
 ほとんどの人が黙り込みます。
 
不思議ですね笑
 
 
 それでも一部の人は、
 
「そんな不純な恋愛が〜」
 
「どうせブスばっかだろ」
 
と言ってきます。
 
 
 
 
もちろん僕も最初は、
「なんとかわかって欲しい」
と思っていました。
 
「なんでわかってくれないんだ!」
と少し悲しくなったのを覚えています。
 
 
 
 
ドリームキラーの人たちを、
黙らせたいと思って、
必死に説得をしようとしました。
 
 
ですが・・・
 
無駄でした。
 
「いやそんなのさ無理だからw」
 
と全く聞く耳を、
持とうとしてくれないのです。 
 
 
 
 
なぜ彼らは、
信じてくれないのでしょうか?
 
それは・・・
 
もう彼らは最初から、
 
「そんな世界はありえない」
 
と決め込んでいるからです。
 
 
 
なので
こちらがどういったところで
意味ないんですよね。
 
 
お互いディスりあって、
エネルギーだけ持ってかれて終わります。
 
 

ドリームキラーの存在を受け入れた

 
 
だから僕は諦めました。
意味ねえなと。
 
それと同時に、
 
「まあ反対してくるのは普通だよな」
 
とドリームキラーの存在を、
受け入れるようになりました。
 
 
 
 
「そういう人もいるもんだ。」
 
僕はそう思うことで、
納得できるようになりました。
 
 
だから基本的に僕は、
ストリートナンパをしていることを、
知り合いに言ったりしません。
 
 
仲の良い友人だけの話に、
留めています笑
 
もちろんナンパの成果を話せば、
静かになるんでしょうけど、
めんどくさいですね正直。
 
色々話さなきゃならなくなるので。
 
 
それに
 
「ナンパして女とやりまくってるぜ」
 
ってドヤ顔している人って、
ダサくないですか?
 
 
 
自分を説明するのに、
他人を使っているようなものです。
 
そうなってしまったら、
もう終わりだと思います。
 
 
 
自分がやるべきことを、
やってればいいんですよ。
 
周りにどう思われるとかどうでもいい。
 
 
ちゃんと自分のことを見ててくれる人と、
付き合っていけば大丈夫です。
 
 
今回はこの辺で。
ありがとうございました。




最後に

僕は20歳まで「彼女いない歴=年齢」の童貞でした。
ですが、そんな僕が今ではナンパ師になって
色んな女の子と付き合ったり、エ○チできるようになりました。

・・・と、言っても怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「絶対嘘だろwwwありえねえよwww」
とか思っていること間違いないですね笑

ですが、これは紛れもない真実です。

僕は対人恐怖症、女性恐怖症に悩まされていた時もありました。
またうつ病を患っていたこともあり、時には自殺を考えたこともありました

ですが僕はナンパの勉強と実践を繰り返したことで、
スキルを身につけていき、
色んな女の子と仲良くなれるようになりました。
そうして僕はナンパ活動をしているのですが、本当によかったなと思っています。

この経験からどんなに恋愛に苦しんでいる人も、
ナンパスキルを身につけることで、
女の子と仲良くなって彼女にしたりセ○レにすることはできると僕は確信しております。

うつ病の僕はどのようにして、
ナンパ師になれたのか??その過程は以下の記事からどうぞ。

うつ病のニャンチカがヤリチンになるまでのストーリー

ーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、対人恐怖症だった僕がヤリチンになるまでの物語を読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<