【美女を落とすための会話術を読んで】コミュ障なのに女の子からモテまくってるR君の秘密とは?

2週間でモテるようになるメールセミナーを無料でやっています

この記事は 3 分で読めます。

こんにちは、ニャンチカです。

 

最近まではずっとストリートナンパを、
繰り返しまくっていましたが、

相沢蓮也さんの「美女を落とすための会話術」

美女を落とすための会話術

↑この商材を読んでから、女性との、
会話に対する考えが大きく変わりました。

 

昔までは、

「面白い会話をしてなんぼ!!」、

「女性を笑わせて、
  一目置かれるようになりたい!」

と思っていたんです。

 

でも、やっぱり根が真面目なこととか、
喋るのがもともと得意じゃない自分にとって、

「やっぱり俺は喋ってモテるのって向いてないかな?
  でも、相手の話を聞くことでモテるのはできるはずだし、
  そっちの方が効果があるのでは??普通にモテるのでは??」

と思うようになったのも事実です。

 

で、この教材を読んでからは、

「俺は聞き上手の方を目指すべきか・・」
「今まで通り話す力を身につけるべきか・・」

と頭の中でぐるぐる回る日が続いたのですが、
実践してみて思ったことを書いています。

 

で、最近はずーーーーっと、

「喋り上手よりも聞き上手な男を目指す」

ということを意識して、
毎日を過ごしていますが
結構気づくことがたくさんあります。

 

それは何かと言うと・・・・・

「女の子の話を真剣に聞ける男って、
   ほとんどいないんだな・・・」

ということです。

 

確かに僕の周りには、
喋り上手な人が大量にいます。

話すとめちゃくちゃ面白かったり、
いつも女性を笑わせている感じの人。

で、別にユーモアの面白さだけじゃなくても、
普通に話していて楽しいみたいな。

「こいつと話すと面白い」

こういう男性ってたぶん、
結構いると思うんです。

 

ですが・・・・・・

話を聞ける男性ってマジで少ないですw

実際に周りの男を思い出しても、
ほとんどいません。

 

彼女がいてモテてる奴でも、
セフレが大量にいる奴でも、
話を聞くのが上手い人は思いつかない。

 

で、最近の僕は本当に、
「女の子の話を聞く」ということに、
常に全力をかけています。

真剣勝負だと思っていますし、
命がけで聞くという感じですw

 

で、そのくらいやっていると、
自然と周りの男性の聴きのスキルも、
わかるようになってくるんです。

 

「こいつは結構、人の話を聞ける人だな」
とか。

「この人マジで聞くのが上手だわ・・
  女の子も喜ぶだろうな・・」

というのが本当にすぐわかるんですね。

 

で、僕が最近知り合ったR君という人がいて、
その人の話をしていこうかなと。

で、彼とは友達の知り合いという事で、
出会って仲良くなりました。

 

ただ、彼の第一印象は、
「なんか大人しそうな人だな」
という感じ。

そんなにお喋りな方でもないし、
どちらかというと、
かなり落ち着いている。

ただ、彼の話を聞いてめちゃくちゃ、
びっくりしたことがありました。

 

それは・・・・・

なんと彼女が今二人いて、
セフレも二人いるとのこと。

超絶遊び人でした。。。笑

 

いやもうマジで意外でしたよ。

「えええ??????
  意外すぎるんだけど・・・」

 

たぶん、

「モテる人=話が上手い」

っていう図式が僕の頭の中に、
まだあったと思うんです。

 

だから、正直彼を見たときは、
モテるとは思わなかったし(失礼)、

まさかそんなに遊んでるとは、
1ミリも思いませんでした。

 

で、どうやって彼がそんなにモテたのかを、
僕は気になって彼に聞いたんですけど、

「俺はそんなに話もうまくないし、
    コミュ障だからさ・・・」

「ずっと女の子の聞き役に徹してるんだよね」

とのこと。。

 

なんか、周りで聞いてる男は、
「へー、そうなんだ」くらいにしか、
話を聞いてなかったんですが、

僕は一人で驚嘆してました。

「やっぱり、聞き上手は最強じゃね??」と。

 

で、R君が言っていたのですが、

「R君はちゃんと私のことをわかってくれる」
「なんかすごい自分のことを見てくれている」

みたいなことを相手の女性から、
よく言われるらしいんですよね。

 

うーむ。やっぱり聞き上手って、
すごいなと。。。。

 

 

ここからは僕の持論なのですが、
なんか最近のトレンドなのか、
年代が上の人の話を聞いていると、

「昔と比較してペラペラと喋りまくる、
  若い男性が増えた」

ような気がするんです。

 

どうですかね、この感想。

 

ただ、一応根拠を持って話すなら、

「コミュ力=しゃべり上手」という認識が、
最近になってものすごい増えた、

というのが原因だと思います。

 

コミュ力って言葉がいつ生まれたのかは、
全然覚えてないんですけど、

「あの人コミュ力高いよね〜」
とか結構言ってる人いるじゃないですか。

で、そのコミュ力高い人って、
大抵しゃべり上手だと思うんです。

 

だから、色々な人が、

「コミュニケーション能力ってのは、
 しゃべり上手なことなんだ」

と錯覚しているのかなと。

 

で、世間が、

「恋愛でも仕事でも勉強でもなんでも、
   コミュ力がとにかく大事です」

ってもてはやすから、

「しゃべり上手になろう!!!!!」
と思う人が増えてるんじゃなかろうかと。

 

さらに、最近は話がうまくない人を、
”コミュ障”とみなす傾向があります。

で、このコミュ障という言葉も、

「しゃべりがうまくなかったら、
    ダメなんだよコラァ」

という響きがある気がするんですよね。

 

 

だからなおさら、

「話を聞ける人が減って、
 しゃべり上手を目指す人が増えている」

ような気がします。

 

 

だから、R君のように、
話がうまくない人でも、
モテまくってるのは自然なことかもしれません。

 

でも、僕にとってもこれはかなり、
チャンスだなと彼の話を聞いて思いました。

だって、僕みたいに、
喋りがうまくない人であっても、
「女性を落とせる」ってことですので。

たぶん、モテるには話が、
うまくないといけないみたいな、
風潮がある気がするんですよ。

 

で、それにハードルを感じて、
自信をなくしてる人って、
たくさんいると思います。

 

「俺は喋るのがうまくないし・・・
 女の子と仲良くなるなんて無理だよ」
と。

 

昔の僕もそうだったんですが、
聞きのスキルを鍛えてしまえば、
本当に関係ないなと思います。

 

それはR君を見てもそうだなあと、
強く感じたんです。

 

で、これは相沢さんが教材の中で、
強く言っていたことなんですが、

「コミュニケーションは
 パフォーマンスではない」

という言葉があります。

 

相手を笑わせたところで、
その場が盛り上がるだけで、
女性があなたを受け入れるわけではないと。

確かにこれはすごい共感できます。

 

別に笑わせたってそこからは、
何も生まれないんですよね。

笑わせた後にどうするのかが大事で、
笑いは手段であって目的ではないと。

 

で、これは、”しゃべり上手”にも、
全く同じことが言えて、

喋るのが上手いっていうのは、
手段であって目的ではないと、
今回強く感じました。

 

 

で、しかも聞き上手になることの、
最大の魅力っていうのは、

「ライバルが圧倒的に少ない」

ということです。

 

たぶん、喋り上手を目指す人はいても、
聞き上手を目指す人ってそうそういないはずです。

 

そもそも男性は女性に比べて、
共感能力が低いので、

「聞き上手になる」ってのは、
普通にやっていたら難しいんですね。

つまり、後天的に身に付けようとしたら、
独学で学ぶのは不可能に近い。

 

だからこそ、自然とライバルが減ります。

 

なので、もし喋りに自信がないとか、
話がうまくなくて不安ですって人は、

「聞き上手を目指してみたら?」と、
個人的には思います。

 

恐らく、

「あ、今のままでいいんだ」
「無理にキャラを変えなくていいんだ」
ということがわかるはずです。

 

また、実際に女性を落としまくる過程で、
「別にコミュ障だってモテるんだ」
となるはずです。

 

ということで、教材を実践しての、
感想を書いてみました。

 

今回話に出てきた、
「美女を落とすための会話術」はこちらです。

 

→美女を落とすための会話術の購入はこちら

 

 

今ならニャンチカの豪華特典付きで、
販売しているのでぜひ見てみてください。

 

豪華特典はこちらから

美女を落とすための会話術のネタバレレビュー

 

美女を落とすための会話術の詳細な内容やレビューは、
こちらにまとめています。

1万字に渡って詳細にネタバレレビュー

 

美女を落とすための会話術の実践記はこちら

警戒心を解けなければ聞き上手は全て無意味

JKにストーカーされて震え上がった話

 

ピチピチの19歳女子大生から渋谷でLINEを奪った音声が聞けます

 

 

上記の音声は、渋谷のセンター街で、
高校卒業したてのピチピチ女子大生から、
たった3分でLINE交換に応じさせる音声の一部です。

現在、特別プレゼントにて、LINE交換音声の、
全貌と解説をお渡ししています。


対人恐怖症だった僕がどのようにして、
街中で女の子に声をかけてLINEを、
抜き去ることができたのか?

どんな思考でテクニックを使っているのか?

僕が底辺から這い上がれた理由とは?


その全てを理解できるようになってます。

絶対にブログには書けない恋愛の裏話を、
クローズドのメール講座で知ることができます。

→ニャンチカのメール講義を読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください