告白のタイミングに悩む大学生が知るべきこと。告白は重要ではない

この記事は 4 分で読めます。

こんにちは。ニャンチカです。

 

「告白のタイミングに悩む大学生」
というタイトルで今日は、
お送りいたします。

 

結論から言うと、
「告白とか無意味だよ」
って話です。

この記事を読めば、
告白がいかに無意味なことか、
理解できます。

モテている人のほとんどが、
告白という行為をしません。

逆に告白という行為に、
こだわってしまっては、
モテることから遠ざかります。

そのことを理解して、
モテる人間の仲間入りに、
なっていきましょう。

 

それではお題に入ってきます。

 

「告白のタイミング」に悩む大学生の友人

 

今回この記事を書くことにしたのは、

「告白が大事だと思ってる人が
 多すぎだろw」

と感じたからです。

 

 

この前、友人と話していたのですが、
彼には好きな人がいて、

いつ告白するかで、
悩んでいました。

 

「普通3回ご飯行ったら、
 告白って言うけど、
 どうなんだろう・・・・?」

 

という感じです。

 

 

周りの友人とか女の子も

「3回行ったならいいんじゃない?」

「まあ様子みようぜ」

という感じで色々と、
話していました。

 

 

ただ僕が思ったのは・・・・

 

「いやいやそもそも告白とか、
 全くいらなくね????」

 

ということです。

 

 

僕は実際に友人に、

「いや告白とか無意味やから、
 タイミングなんて考えなくていいべ」

ということを伝えたのですが、
いまいち納得されませんでした。

 

 

うーん、
説得の仕方が悪かったような、
伝え方が悪かったような。

 

ただそこにもう1人僕と、
同じ意見の先輩がいて、

その先輩が色々と、
わかりやすく話してくれました。

 

で、ここからは実際に彼に言った話を、
まとめてお送りしていきます。

 

告白は無意味である

 

まず恋愛の大前提として、
告白は無意味だと僕は思ってます。

 

 

告白なんて小学生とか中学生が、
やるもんだと思ってるし、

大学生になったら告白なんて、
するべきではないかと。

こんなことを言うと、

「じゃーなんで告白は無意味なのよ?」

という声が飛んできそうなので、
ちゃんと理由を書いていきます。

 

 

僕が思うに理由は3つです。

その1つ目がコチラ。

 

告白のタイミングよりどんな関係かが大事だから

 

僕は告白のタイミングよりも、
重要なものがあると思ってます。

 

それは”相手との関係”です。

 

 

「相手とは仲が良いのか?」
「相手とくだらない冗談を言い合えるのか?」
「相手と気軽に連絡できるか?」
「既に相手とセ○クスしたか?」

などなど、これらが重要だと思ってます。

 

ぶっちゃけ相手と気軽に連絡できたり、
くだらない冗談を言い合えれば、
付き合ってるのと同じです。

 

で、大事になるのが、
告白をするから付き合えるのではなく、

付き合えるような関係だから、
付き合えるということです。

 

 

あくまで”関係ありき”の話です。

告白は後です。

 

もし、2人の関係がイイ感じなら、
何を言おうとも付き合えます。

 

 

ですが、そこまで距離が、
縮まってなければ、
何を言っても成功しませんw

 

だからフォーカスするべきは、
告白のタイミングではなく、
”相手との関係性”です。

 

 

「今、相手とどんな距離感なんだろう?」

ここをしっかり考えましょう。

 

 

告白のタイミングに悩んでる時点で相手との関係を掴めてないから

で、次はコレです。

告白のタイミングを考えることが、
無意味な理由その2です。

告白のタイミングを考えてる時点で、
相手との関係が重要ということに、
気づけてないということになります。

 

 

これは問題ですw

 

相手と言い合える関係が、
築けているのであれば、
何を言おうとも付き合えるし、

築いてないならば、
何を言っても無駄。

という話になります。

 

ぜひ、”お互いの関係性”に、
目を向けていきましょう。

 

告白はオ○ニーと同じだから

 

少し過激な発言ですが、
僕は告白はオ○ニーと、
同じだと思ってます。

というのは告白という行為は、
全く相手のことを、
考えていない行為だからです。

 

そして告白とオ○ニーには、
1つの共通点があります。

 

それは何かというと・・・・

 

「自分が気持ちよくなりたい」
という思いです。

 

 

告白というのは、
要は、

 

自分はあなたが好きです。
だから自分と付き合ってください。
付き合いますか?
それとも断りますか?
さあ答えなさい。

 

ってことです。

 

 

すごい勝手な意見です、
これは。

それで告白をする時って、

「自分が感情を抑えられなくなったから」

という自分の欲望の話であることが、
非常に多いです。

 

 

「もう待てない!
 あなたのことが好きなんだ!」

みたいなシーンが少女漫画とかに、
よくありますが、
あれって現実でやると痛いです。

 

「もう待てないとか知るかよ・・
 お前が自分の欲望抑えられないだけだろ」
と女性は思ってます。

「(さっさと気持ちよくなりたいから)
 もう待てない!

  あなたのことが好きなんだ!」

ということになります。
相手にとって迷惑でしかありません。

 

 

もちろん、お互いが既にイイ感じなら、
何の問題もないと思うんですよ。

 

でも、距離感が微妙な状態で、
こんなことを言われても、

「知るか」って感じです。
(女の子目線)

 

 

だからよくよく考えると、
告白というのは、
自己満足でしかないんですね。

 

告白という行為の中に、
”相手の女の子の気持ち”は、
ありません。

正しい告白の知識を持とう

ちょっと前にネットで告白の記事を、
色々と見ていたのですが、
それはもうひどいものでしたw

 

 

「デートを3回したら告白しよう!」

「平日の夜が告白は成功しやすい!」

「告白する時はしっかりとした服装を!」

 

みたいな情報ばかりが、
たくさん書かれています。

 

逆に僕みたいな「告白不要論」は、
あまりない感じ・・・・

 

「何これwwww」って感じです。

 

 

確かに一般的に考えたら、
告白という行為はネットにあるように、
メジャーな行為なのかもしれません。

 

ですが、モテたいのであれば、
付き合う確率を上げたいのであれば、
”告白”という行為はするべきではありません。

 

大学生なら告白のタイミングなど考えるべきではない

 

で、上にある通り、

「大学生にもなって、
 告白のタイミングなんて考えるな!」

ということです。

 

 

さっきからずっと書いてきましたが、
フォーカスするべきは、
そこではありません。

告白のタイミングではなく、
”2人の関係性”が大事です。

 

だいぶ言いたい放題、
書いたのですが、

「偉そうに言ってお前は何様なんやコラ
 モテんのかてめえ」

という声が聞こえそうです。

 

 

で、僕はどんな感じだったのかと、
言いますと・・・・

 

僕「付き合おー」

女「いいよー」

 

で付き合ったこともあれば、

「○のことが好きです。
 僕と付き合ってください。」

と言って付き合ったこともあります。

(相手がちゃんと告白を、
 されたかった子だったので)

 

あとはセ○クスしてから、
流れで付き合ったとかですかね。

 

もちろん人によって付き合い方は、
様々だと思うのですが、

僕は告白のタイミングなんて、
あれこれ考えませんでした。

 

僕が考えたのは、

「何を言っても付き合えるような、
 関係を作っていく」

ということです。

 

 

で、ここまで色々と、
話してきたのですが、

モテる人は告白のタイミングを、
考えることはありません。

 

それよりも彼らは、
「相手との関係をよくすること」に、
重きを置きます。

 

 

僕、個人の意見なのですが、
「告白は高校生まで」
だと思ってます。

高校生とかが告白するーとかなら、
確かにわかるんですけど、

大学生とか大人になるにつれて、
告白をするという行為が、
だんだんと減っていくように思えます。

 

ナンパ師は告白なんてしないけど付き合える

 

で、僕はストリートナンパを、
半年近くやっています。

そのおかげで、”ナンパ師”という、
人たちと関わることになりました。

 

 

で、そこで学んだことは、
色々とあるのですが、
その中でも驚いたのが、

「ナンパ師やモテる人たちは、
 女性に告白という行為をしない」

ということです。

 

ナンパ師は女の子と仲良くなることに、
全力を費やします。

 

 

というのは、

相手と速攻で仲良くなれる能力が、
なければナンパが全く、
うまくいかないからです。

 

なので、彼らがすることは、
相手と速攻で仲良くなること、
これに尽きます。

 

で、そんな彼らは女の子と、
あっという間に仲良くなると、

その後は一気に、
セ○クスに持ち込みます。

 

で、セ○クスをした後に、
付き合うかどうかを決めるんですね。

「付き合うのー?」

「どうするのー?」

みたいな感じで。

 

いやこれはたまげましたよ。
びっくらぽんです。

 

で、彼らナンパ師曰く、

「別に告白なんてする必要ない。
 仲が良ければセ○クスだってできるし、
 実質、恋人と変わらんしな」

とのこと。

 

まあ極論かもしれませんが、

「なるほど・・・」
と思わざるを得ませんでした。

 

大学生に告白のタイミングなどない

 

で、長くなったのですが、

「大学生なら告白なんて考えんでええ」

ってことが今回の内容です。
だいぶ長くなりましたが、
これだけ覚えてもらえればなと。

 

 

告白よりも2人の関係を、
よくすることをもっと考えよう!

って感じです。

こちらの記事では、
よりナンパについて、
詳しく話しています。

パーティーなんか行くよりも、
はるかにナンパをした方が、
絶対にモテるようになるし、

ヤリまくれると僕は思ってます。

元対人恐怖症でうつ病だった、
ニャンチカの物語です。

ニャンチカのプロフィール

 

また、こちらのメールマガジンでは、
ナンパについての濃い話やテクニックなどを、
解説しております。

ニャンチカのナンパメルマガ

サクッと読めて、
面白いと評判です。

興味のある方は覗いていってください。





最後に

僕は20歳まで「彼女いない歴=年齢」の童貞でした。
ですが、そんな僕が今ではナンパ師になって
色んな女の子と付き合ったり、エ○チできるようになりました。

・・・と、言っても怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「絶対嘘だろwwwありえねえよwww」
とか思っていること間違いないですね笑

ですが、これは紛れもない真実です。

僕は対人恐怖症、女性恐怖症に悩まされていた時もありました。
またうつ病を患っていたこともあり、時には自殺を考えたこともありました

ですが僕はナンパの勉強と実践を繰り返したことで、
スキルを身につけていき、
色んな女の子と仲良くなれるようになりました。
そうして僕はナンパ活動をしているのですが、本当によかったなと思っています。

この経験からどんなに恋愛に苦しんでいる人も、
ナンパスキルを身につけることで、
女の子と仲良くなって彼女にしたりセ○レにすることはできると僕は確信しております。

うつ病の僕はどのようにして、
ナンパ師になれたのか??その過程は以下の記事からどうぞ。

うつ病のニャンチカに彼女ができるまでのストーリー

ーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、対人恐怖症だった僕に彼女ができるまでの物語を読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<