恋愛商材レビューサイトとかクソ食らえ!!!

この記事は 2 分で読めます。

こんにちは、ニャンチカです。

先日から僕が紹介している、
「美女を落とすための会話術」ですが、
非常に多くの方に手に取ってもらってます。

これほど素晴らしい教材はそうそうないので、
是非1人でも多くの方に手に取ってもらいたいです。

僕はこの業界を健全化したいのです。
多くの人が正しい教材を買うことで、
1人でもモテる人が増えたら・・・・

そのために、私は良い教材をレビューし、
厳選教材だけをオススメしてるのです・・・・

・・・・・・

 

なーんて言うと非常に安っぽく聞こえるかもしれませんね。

 

「良い教材をレビュー」
「1人でもモテる人が増えたら」

そう。もうこんな言葉は、
既に聞き飽きていると思うのです。

正しい教材をレビューしますと言う言葉は、
教材を売るための売り込み文句に、
成り下がってしまいました。

結局のところ、商材レビュワーなんて、
商品を売りたいだけですし、
購入者のことなんて何も考えていないのです。

「この商品は90点です!」

「この商品はDランクです!
   買う価値がありません!」

こんなことをずーっと続けていて、
僕はアホなんじゃないかと思います。

もし本当に読者をモテさせたいのであれば、
必要な商品は絶対に限られてくるからです。

そんな数十個もレビューしてどうすんの。
点数つけてどうすんのって話ですよ。

 

実際に僕はインフォトップの懇親会に参加したことがあります。

そこでは、ある程度恋愛商材を紹介したり、
販売している人たちが限定で集まれるのですが、
実際に集まった人たちはひどかったです。

何がひどいって、
「一発でわかる非モテ感」が、
圧倒的だったってこと。

で、その懇親会で話していた話題は、
「どうすれば女を落とせるか」みたいな、
話題はまったく出ずに、

どうすれば、商品が効率よく売れるか、
って話だけです。

「レビューをちゃんと書けば商品が売れる」
って月に商材を20本以上売ってた人が言ってましたから、
結局、そんなもんなんだって思いました。

結局、みんな売りたいだけ。

 

まあ、その懇親会にはある女性レビュワーも、
いたんですけど、全くと言って良いほど、
可愛くなかったですねw

こんな奴がレビューしてる商品を、
男が買っているんだと思うと、
僕はなんか複雑な気持ちになりました。

 

結局の所、恋愛商材業界というのは、
狭くてアングラな世界です。

モテない奴がさらにモテない男に商品を紹介する。

ひどい場合には童貞の男性が、
童貞に商品を紹介してることもあります。

だから、弱肉強食といえばそれまでですが、
僕は明らかにおかしいと思うのです。

 

だからこそ僕は、

恋愛商材レビューサイトとかクソ食らえ!!!

と言わざるを得ません。

 

少なくともインフォトップの懇親会で、
モテそうな人はほぼいなかったし、

(横山健さんと石井哲平さんは別。オーラ凄かった)

ナンパができる奴も、
全然いねーだろって感じです。

 

それに最近数多くの恋愛商材が販売中止していますが、
これもある恋愛商材レビュワーが関係しています。

(まあ、誰とは言わないですけど)

実際に僕が昔かなりお世話になった商材が、
今では販売中止していたり、
一部の人のみの公開となってるものもあります。

実際に販売者に会ったり、
コンサルを受ける過程で、
話を聞いていると、

「恋愛商材レビューサイトで叩かれまくって、
   悪い評判が勝手に広まった」

ことが原因だそうです。

 

一部の商材レビュワーがある教材を叩くと、
似たようなレビュワーもその教材を叩き始めます。

レビューサイトというのは責任がないですから、
勝手に自由に色々書けちゃいます。

 

ただ、せめてレビューするなら、
教材をしっかりと読み、実践してからにしてほしい、
と強く思います。

教材販売者に失礼じゃないの???
と。

 

 

僕が信頼しているKという恋愛コンサルタントの方は、

「恋愛商材レビューサイトは適当すぎる。
   ロクに中身を見たわけでも、実践したわけでも、
    全くないのに、気分次第でボロクソ書かれる」

「少し高度なテクニックが入ってると使えないと叩かれ
   初級者向けにすると簡単だと叩かれマジでふざけるなって思う」

「そんなに叩くんだったら、販売中止にしてやるよ」

とおっしゃっていました。

 

これは実際にその通りだと思います。

僕が女性恐怖症を治すきっかけとなった教材や、
最初の彼女を作るのに役立った教材は、
今では販売中止になっています。

これもレビュワーが叩きまくって、
悪評が勝手に広まったからです。

これは本当に残念だなと思います。

過去の僕のように恋愛商材で、
救われた人がたくさんいるかもしれないのに、

レビュワーの気分だけで、
販売中止に追い込まれる。

 

これってどうなの?

って感じです。

 

それで、自分から商品を買ってもらいたいが故に、
大量の特典を山ほどつけて購入してもらう。

 

 

いや、お前も商材を紹介してるじゃん。
あなたも結局、売りたいだけなんですよね?

って方は僕から買わなくて良いです。
というか、間違っても僕から買わないでください。

特典として正当な対価をつけてるからこそ、
紹介をしているだけの話です。

少なくとも山ほどつけられた20個近くの特典よりは、
ずっと価値があるものを提供しています。

 

「業界健全化、業界をよりよくしていく」

この言葉を恋愛商材業界で最初に使ったのは、
確か○さんだったと思いますが、

このままでは業界健全化なんてしないし、
良い方向に進んでいくことはありません。

 

少なくとも商材レビュワーで俺はモテるぞ、
って人がいるなら名乗り出てください。

実際に会って一緒にナンパをしても構いません。

 

それでは、今回はこの辺で失礼します。

ピチピチの19歳女子大生から渋谷でLINEを奪った音声が聞けます

 

 

上記の音声は、渋谷のセンター街で、
高校卒業したてのピチピチ女子大生から、
たった3分でLINE交換に応じさせる音声の一部です。

現在、特別プレゼントにて、LINE交換音声の、
全貌と解説をお渡ししています。


対人恐怖症だった僕がどのようにして、
街中で女の子に声をかけてLINEを、
抜き去ることができたのか?

どんな思考でテクニックを使っているのか?

僕が底辺から這い上がれた理由とは?


その全てを理解できるようになってます。

絶対にブログには書けない恋愛の裏話を、
クローズドのメール講座で知ることができます。

→ニャンチカのメール講義を読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください