女性恐怖症か診断できる20個の症状診断チェックテストを紹介

2週間でモテるようになるメールセミナーを無料でやっています

この記事は 4 分で読めます。

女の子が怖くて仕方がない。もしかして女性恐怖症?
今までは考えたことなかったけど、女性恐怖症かもしれない
女の子と話していると、緊張して頭が真っ白になる

 

この記事を読まれているあなたは、
上記のような悩みを抱えているかもしれません。

そして、女性恐怖症の中には、
顔が赤くなったり、極度に緊張したりと、
様々な症状があります。

そこで、今回は女性恐怖症の診断リストと、
見分け方をお伝えしたいと思います。

 

女性恐怖症とは?

女性恐怖症とはどのような状態のことを指しているのか?

女性に対して必要以上に意識しすぎたり、
緊張してしまうというのは、思春期の頃には、
誰でも起こる状態です。

 

ですが、この緊張状態が激しかったり、
強く意識しすぎてしまった結果、

異常に汗をかいてしまったり、
ひどい赤面状態になってしまう。

このような状態の場合は、
女性恐怖症の可能性が高いです。

そして、これらの症状を感じた結果、
女性が苦手になってしまう男性が、
非常に多く見られます。

「本当は女性と仲良くしたいのに」、
苦手意識や恐怖から女性を避けてしまい、
ますます女性恐怖が強くなる。

このようなケースが多いのです。

 

それでは、その女性恐怖症の症状とは、
具体的にどのようなものがあるのか?

それをこれから見ていきたいと思います。

 

女性恐怖症か診断できるチェックテスト

下に具体的な症状を挙げました。

これらの項目をチェックテストとして、
今の自分にいくつ当てはまるかを数えましょう。

このチェックテストの項目に、
3つ以上当てはまれば、
女性恐怖症の可能性が極めて高いです。

↓ ↓ ↓ ↓

  1. 目を見ることができない
  2. 極度に緊張する
  3. 会話ができない
  4. 大量に冷や汗をかく
  5. 顔が赤くなる
  6. 女性を避けてしまう
  7. 女性に触れられることが嫌
  8. 1対1になりたくない
  9. 女性と関わると手足が震える
  10. 頭の中が真っ白になる
  11. 視線が過剰に気になる
  12. 不安になる
  13. 女性を信じられない
  14. 偏見を抱きやすい
  15. 女性と深くかかわらない
  16. 自分に自信がない
  17. 女性を見ると怖いと感じる
  18. 女性が近くにいると神経が過敏になる
  19. 女性と話しているとその場を離れたくなる

 

どうでしょうか?

上にも記載しましたが、
3つ以上当てはまる場合は、
女性恐怖症の可能性が高いです。

 

それでは、1つ1つの項目を、
具体的に見ていきましょう。

 

 

目を見ることができない

好きな女性や初対面の女性に緊張してしまい、
目を見ることができなくなる男性は多いです。

ですが、女性恐怖症の場合だと、家族以外の女性の、
目を見て会話をすることができません。

そして、女性が自分の目を見ているのに、
自分は女性の目を見れないという意識が、
なおさら自分を焦らせます。

その結果、女性と会話をしていて、
パニックになることが非常に増えていくのです。

 

極度に緊張する

どんな女性と会っても全く緊張しないという男性は非常に少ないです。

ですが、女性恐怖症の場合だと、
過度に女性に緊張してしまい、
挙動不審な仕草や素ぶりをしてしまいがちです。

やたらに手足や体を動かしたり、
必要以上に動きが激しかったりなど、
緊張状態が過度に達します。

貧乏ゆすりが体の全身で起こっている状態、
だと言った方がわかりやすいかもしれません。

 

会話ができない

女性恐怖症の人の場合、
女性と会話をすることができません。

ですので、女性からの質問を無視してしまったり、
話しかけられてもそっぽを向いてしまうなどの、
状態に陥りがちになります。

なので、受け答えができないというレベルではなく、
会話が成立しないと言った方が正確かもしれません。

 

大量に冷や汗をかく

女性に対する恐怖と緊張から、
顔や手足から汗が出てきます。

「気づいたら汗をかいていた」
という方が正確ですね。

女性を前にしているときは緊張と、
恐怖で一杯なので、

「今自分は汗をかいている」と、
感じる余裕が全くないので。

 

 

 

顔が赤くなる

これは赤面症の症状とも少し被っています。

ただ、女性恐怖症の人の場合は、
どのような女性に対しても、
顔が真っ赤になる人が多いです。

顔が可愛かろうと、可愛くなかろうと、
顔が赤くなります。

もしかしたら、ここは女性の年齢に、
よるかもしれません。

50歳、60歳のおばちゃんに対しては、
顔は赤くなることはないけれど、

20歳、30歳の女性には、
顔が真っ赤になってしまう人もいます。

 

女性を避けてしまう

女性恐怖症の人は女性との関わりを、
なるべくなくそうとします。

過去に傷ついた経験があるからこそ、
接点を持つことをやめようとするのです。

特に飲み会などに女性がいると、
わざと欠席したりすることもあります。

 

女性に触れられることが嫌

女性からのボデティタッチを極度に、
嫌がるケースが多いです。

女性から触られることに抵抗がある男性は、
いるかもしれませんが、

女性恐怖症の人は、
「本気で触られたくない」と、
強く思っています。

これは過去に女性から身体的な暴力を、
受けていたケースが考えられます。

 

 

1対1になりたくない

集団でいるときに女性がいるのは問題ないが、
1対1になると女性が急に怖くなる。

という人もいます。

女性恐怖症も症状が様々なので、
本当に多種多様です。

これはどちらかといえば、
女性の不慣れからくる、
女性恐怖症の人に多く見られるケースです。

 

 

女性と関わると手足が震える

女性と話していると手が震えたり、
緊張から膝が震えたりします。

僕も昔はよくこの状態になっていました。

軽いパニック状態に陥ってるので、
人によっては手足の震えから、
胸の動悸が激しくなる人もいます。

 

 

 

頭の中が真っ白になる

女性に対して過度に緊張し、
意識しすぎるあまりに、

何を話せばいいのかわからなくなり、
頭が真っ白になるという症状があります。

これは思考が止まってしまい、
何をすればいいのか全く、
わからなくなる状態です。

僕も女の子と話しているときに、
よくこの状態に陥ってました。

その度に、トイレに逃げていたのは、
懐かしい思い出です。

 

視線が過剰に気になる

「周りの人が自分のことをどう思っているのか?」

これが気になる人は多いと思いますが、
女性恐怖症の男性の場合は違います。

「女性が自分をどう思っているのか?」を、
女性が自分の周りにいる時、
常に意識してしまうのです。

なので、何かを作業するにしても、
隣にいる女性のことを意識して、

「今、自分は変なことしてないかな」
「もしかして今見られてるのか??」

と考えがちになります。

 

女性恐怖症の人の場合は、
見知らぬ女性であっても、

「今、自分は見られている」と、
過剰に意識してしまうことが多いです。

 

女性に対して不安の感情が湧いてくる

女性と関わっていたり、接していると、
ポジティブな気持ちよりもネガティブな気持ちが湧き、
不安な感情を味わってしまう。

このような状態に女性恐怖症の人は、
非常に陥りやすいです。

これは過去に女性と接して、
何か自分の期待を大きく裏切られたことが、
あると不安な状態になりやすかったりします。

 

女性を信じられない

過去に女性から裏切られた経験や、
幼少期の女性関係のトラウマにより、

「女性を全く信じられない」

と思い込むようになります。

 

ちなみに、長年付き合っていた彼女と別れて、
「俺はもう女のことを信じられないよ」と、
言っている人がいますが、
そういう軽いレベルではありません。

本気で女性のことを信じなくなり、
 常に女性の一言一句、
一挙一動を疑うようになるのです。

 

女性恐怖症の男性の女性不信と、
彼女と別れての女性不信はレベルが違います。

 

偏見を抱きやすい

 

先ほどの女性不信の部分とも被りますが、
女性を常に疑ってかかります。

ですので、女性と話していても、
「今の会話で嘘をついたところはあるかな?」
「今のセリフは本当だろうか?」と、
常に考えます。

その結果、「女性はこういう生き物だ」と、
考えるようになり、その偏見をあらゆる女性に、
無理やり当てはめようとします。

 

つまり、
「この女性もどうせ裏切るんだろう」、
「この女もあの女と同じだ」
などのように考えるのです。

 

 

女性と深くかかわらない

女性に対して恐怖の感情を抱いているので、
深く関係を踏み込むことはしません。

ですので、恋人や友達などの、
関係になろうとすることがないのです。

良くも悪くも、「知り合い」で、
終わらせてしまうことが多いのです。

 

 

自分に自信がない

自分に自信がある人は少ないですが、
女性恐怖症の男性の場合は少し特殊です。

恋愛以外のことに関しては自信はなくはないけど、
恋愛になると、急激に自信がなくなってしまう。

というケースが非常に多いのです。

もちろん、あらゆることに自信がなく、
恋愛についても全く自信がないという人もいます。

ですが、「恋愛に対して極度に自信がない」
という人は女性恐怖症の可能性が、
極めて高いかもしれません。

 

女性を見ると怖いと感じる

女性恐怖症の人は、女性が視界に入ると、
恐怖の感覚が湧いてきます。

仮に自分と会話をすることがなかったり、
全く見知らぬ女性であったとしても、
「怖い」と思ってしまうのです。

過去に女性とのやり取りの中での、
トラウマなどが関係しているケースです。

 

女性と話しているとその場を離れたくなる

 

女性と会話をしていると、
その場を一目散に去りたくなります。

女性との会話に勝手に気まずさを感じてしまい、
いてもたってもいられなくなる状態です。

ですので、女性との会話がうまくいってても、
わざと女性との会話を終わらせるために、
女性を無視したり、嫌われることを、
無意識のうちにしてしまうのです。

ですので、相手の女性にとっては、
傷つけられたと感じ、自分への対応が、
さらに雑になります。

雑になった対応を見てさらに女性へ恐怖し、
症状が加速してしまうというケースも。

 

女性に暴力を振るいたくなる

これは稀ですが、女性に対しての恐怖が、
怒りへとすり替わり、女性への暴力へと、
変わっていくこともあります。

 

「女性を思いっきり殴りたい」
と思ってしまったのであれば、
それは女性恐怖症も関係しているかもしれません。

ただ、女性に暴力を振るうのは、
傷害罪で犯罪なので気をつけましょう。

「女性恐怖症だから殴ってしまった・・・・」
はシャレではすみませんので。

 

女性を侮辱することに快感を覚える

 

これも非常に稀なケースですが、
女性を侮辱することに快感を、
覚えるケースがあります。

これは女性に対する恐怖をごまかすために、
女性を侮辱し、自分より下の人間だと、
自分を思い込ませるようにするのです。

ですので、女性を侮辱することで、
女性への恐怖をごまかそうとしています。

 

これは少し女性恐怖症の症状が、
変わっているので、
多くは見られません。

 

ですが、一定数の方はいらっしゃいます。

 

【まとめ】女性恐怖症の診断チェックテスト

 

ここまで女性恐怖症の診断チェックテストを書いてきました。

僕は女性恐怖症が治ったと思いましたが、
残念ながら5個も該当していました。

ただ、女性恐怖症は改善できないものではありません。

僕自身、かなりの女性恐怖症でしたが、
今では人並みの恋愛を送ることができています。

 

大きなハードルを自分に課しすぎず、
一歩ずつ克服してみましょう。

 

それでは、失礼します。

ピチピチの19歳女子大生から渋谷でLINEを奪った音声が聞けます

 

 

上記の音声は、渋谷のセンター街で、
高校卒業したてのピチピチ女子大生から、
たった3分でLINE交換に応じさせる音声の一部です。

現在、特別プレゼントにて、LINE交換音声の、
全貌と解説をお渡ししています。


対人恐怖症だった僕がどのようにして、
街中で女の子に声をかけてLINEを、
抜き去ることができたのか?

どんな思考でテクニックを使っているのか?

僕が底辺から這い上がれた理由とは?


その全てを理解できるようになってます。

絶対にブログには書けない恋愛の裏話を、
クローズドのメール講座で知ることができます。

→ニャンチカのメール講義を読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください