【ペアマティックプロジェクト】即日セックスをしたいなら、メッセージが命!

2週間でモテるようになるメールセミナーを無料でやっています

この記事は 2 分で読めます。

こんにちは、ニャンチカです。

今日も引き続き、
ペアマティックプロジェクト、
についての記事を書いていきます。

→ペアマティックプロジェクトを2万文字でネタバレしています。

今回の記事ではネットナンパからの、
即日セックスについて書いています。

ネットナンパの本質的な部分を、
書いているので何回も、
読み直してもらえればと思います。

多くの人がここの部分を、
かなり誤解しているんですよね。

即日セックスとは一体、
なんであるかについて、
しっかりと学んでいきましょう。

 

即日セックスできるかは会う前で7割決まる

まず最初に話してしまいますが、
即日セックスができるかどうかは、
メッセージで7割決まります。

(残りの3割は後述)

ぶっちゃけ、会う前にほとんど、
決まってしまうわけです。

これってネットナンパならではです。

普通では考えられませんけど、
ネットナンパだとメッセージが、
かなり重要になるんですね。

 

まず、そもそもなんですけど、

「メッセージの段階で楽しくない、
 盛り上がらない、話が噛み合わない」

という状態であれば実際に会って、
話をしたとしても絶対に楽しくないです。

それは相手も全く同じで、

「メッセージが楽しくない、
 やり取りが面倒臭い、
 話が面白くない」

という状態であれば、
セックスどころか、
会うところまでいけませんw

 

ですが、逆に、
メッセージが面白かったり、
やり取りが楽しかったらどうでしょう。

そうしたら、会いたいって自然と、
なっていきますよね?

「この人どんな人なんだろう???」

「実際に会ってみたいな。。。」

「なんかこの人合う気がする・・・」

こんな風な印象をメッセージで、
持たせることができれば、

相手に期待を持たせることも可能です。

つまり、女性から好意を持たれた状態で、
実際に会うことができるんです。

そうなったら、かなり有利な展開で、
その後を進められることができるのは、
言うまでもないでしょう。

実際、僕が即日セックスできたのは、
しっかりとメッセージでやりとりして、
お互いにワクワクした状態で、
会った女性ばかりでした。

少なくともメッセージを全然、
してない段階で会った女性で、

即日セックスした子はいません。

 

だから、即日セックスをしたいのなら、
当日に何をするかよりも、

「メッセージでいかに楽しませるか?」
が大事になってくると言うことです。

 

メッセージがなければスキルの勝負

ただ、メッセージで楽しませられなければ、
即日セックスができないかと言うと、
全くそんなことはありません。

ただ、ハードルが高くなるのも事実です。

そもそも、ある程度のメッセージを、
やり取りしていない段階であれば、
女性は来ないことがほとんどですが、

たまーに、ちょっとのやり取りでも、
食事にくる子がいます。

 

で、メッセージのやり取りをしてないと、
相手がどういう人かわかりにくいですし、
何より女性が警戒しています。

なので、非常にやりにくいです。

ぶっちゃけ、ストリートナンパと、
あまり変わらないですし、

警戒心を持ちまくっていて、
緊張しているという点では、
ナンパよりも難しいかもしれません。

で、そうなると、純粋に、
トーク力とか恋愛テクニックとか、
そーいうスキルの勝負になってきます。

なので、ハードルはかなり高いです。

僕自身、ほとんどメッセージをせずに、
会った女の子の場合だと、
結構きついことが多いですw

即日セックスまで行った子は、
ほとんどいないのが実情です。

だから、本当にセックスしたいなら、
メッセージをしっかりと重ねないと、
絶対にうまくいきません。

 

そもそもなんですけど、

「マッチングアプリで会う」
という行為を1つとっても、
男女では全然違います。

男の場合は、

「まあ会えるんだから
   それなりにいい展開になるだろ」

と思っています。

 

ですが、女性の場合は、
「どういう人なのかを知る」
ことを目的に会いにきます。

ここが全然違うんですよね。

だから、実際に会った時の、
温度差って大抵男の方が、
かなり高いです。

男が勝手に一人で盛り上がってしまい、
女性が「何一人で盛り上がってんの?」
的な雰囲気になることはよくあります、

ここはぜひ覚えておきましょう。

 

「酒×暗闇×個室」が一番の武器

で、これは昔僕が、
よく使っていた手法ですが、

ぶっちゃけセックスするだけなら、

「酒×暗闇×個室」

これが一番最強です。

L字のカップルシートを予約して、
酒を飲ませていちゃいちゃすれば、
OKですね。

超王道ではありますが、
やっぱりこれが使いやすいです。

 

だから、マッチングアプリで、
会う時は必ず僕は夜にしてますし、
個室で暗闇の店を予約していますw

女の子の中には、
「え?ここですか?w」
という人もいますけど、

場が盛り上がらずに白けて、
つまらなくなって解散するよりも、
100倍マシですw

 

僕の経験的には、
話が盛り上がらなかったり、
お互い緊張していても、

雰囲気が良い店だったら、
ノリと勢いでなんとかなります。

あといちゃつけるので、
そこは結構楽ですね。

僕は同じ店を使いすぎて、
店員さんに覚えられましたw

それはそれで恥ずかしいですが、
やっぱり効果は高いですね。

 

僕自身、店の雰囲気で押し切って、
セックスした子を思い出すと、

「もしこの子とカフェとか、
    レストランで飯食ってたら、
    絶対にヤれなかっただろうなーw」

と思いますもん。

正直、雰囲気はやっぱりでかいです。

セックスしたいだけなのであれば、
料理の味よりも店の雰囲気ですね。

良い雰囲気の店、アポで使える店は、
今度別の記事でまとめようと思います。

 

結論 即日セックスは会う前に7割は決まる

結論ですが、即日セックスは、
やはり会う前でほぼ決まります。

「酒×暗闇×個室」
という武器を使えば、
確率は上がるかもしれませんが。

メッセージのやり取りをせずに、
お互いのことを知らない段階で、
会ったとしても難しいと思います。

少なくとも僕も結構疲れますし、
ダルいなあと思います。

ですので、即日セックスをしたいのなら、
いかにメッセージのやり取りの段階で、
楽しませられるかを考えてみてください。

そうすれば、自然と打率は、
上がっていくはずですので。

ちなみに即日セックスを、
可能にしていく、

メッセージのやりとりなどは、
こちらの記事で解説しています。

→ペアマティックプロジェクトを2万文字でネタバレしています。

かなり勉強になる点が、
多いと思いますので、
目を通してもらえればと思います。

 

それでは今日はこの辺で失礼します。

ピチピチの19歳女子大生から渋谷でLINEを奪った音声が聞けます

 

 

上記の音声は、渋谷のセンター街で、
高校卒業したてのピチピチ女子大生から、
たった3分でLINE交換に応じさせる音声の一部です。

現在、特別プレゼントにて、LINE交換音声の、
全貌と解説をお渡ししています。


対人恐怖症だった僕がどのようにして、
街中で女の子に声をかけてLINEを、
抜き去ることができたのか?

どんな思考でテクニックを使っているのか?

僕が底辺から這い上がれた理由とは?


その全てを理解できるようになってます。

絶対にブログには書けない恋愛の裏話を、
クローズドのメール講座で知ることができます。

→ニャンチカのメール講義を読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください