恋愛で成功するために絶対知るべき本当のお金の使い方とは?

2週間でモテるようになるメールセミナーを無料でやっています

この記事は 3 分で読めます。

こんにちは、ニャンチカです。

 

今日はモテるための、
正しいお金の使い方について、
話いきたいと思います。

 

結論から言うと、

「恋愛を学ぶためにまずは、
   お金を使いましょう」

という話です。

この記事を読むことで、
多くの人が陥るミスを回避し、
圧倒的に速攻で成功することができます。

大事なことを書いたので、
ぜひ何度も読んでもらえればと思います。

 

出会いを増やすより技術を身につける方が先

今回の主題としては、
「まずは技術を身につけろ!」
という内容なのですが、

わかりやすくするために、
僕の知り合いの話をします。

 

最近、ある友達の恋愛相談に、
乗っていたのですが、

「彼女が全然できないのが
 辛すぎる・・・・」

と彼は嘆いていたのです。

 

実際に彼女いない歴=年齢の、
23歳で全くモテないとのこと。

「生まれてから彼女できないのは
   マジでやばいと思うし、焦る・・」

と彼自身結構必死になっている様子が、
見ていて伝わってきました。

ただ、話していてそこまで悪くないし、
見た目も別に悪くはない。

 

で、僕が彼の状態がわからないので、
とりあえず、色々と聞いてみました。

「彼女作るために最近は何をしてるの??」

すると・・・・・・

 

「3つの出会い系に登録して、
   出会いを増やしまくっている」

「合コンとかパーティーに最低でも、
  月に2回は行ってますね」

という声が帰ってきました。

 

僕はこれを聞いた時、
「これはまずいなあ・・・・」
と猛烈に思いました。

というか、お金を間違った所に、
使いすぎですw

例えば1つの出会い系が、
月に3000円なら合計3つで、
毎月1万円の出費です。

そして、合コンやパーティーは、
1回5000円近くしますから、
合計で1万。

 

合わせて毎月2万円が出て行ってることになります。

これは本当に勿体無い。

当たり前ですけど、
本人の成功率が低ければ、
出会いを増やしたって無意味です。

実際に彼は社会人になって、
半年以上その生活を繰り返して、
出会いを量産してるそうですが、

彼女の一人もできていません。

 

「もったいないなあ・・・・
   てか、成功率を上げないと、
    無意味なことに気づけよw」

と。

 

逆に毎月2万円を、
恋愛の勉強に使ったら、
とんでもないことになるはずです。

確かに恋愛商材を買ったりとか、
恋愛本を買ったら数千〜数万は、
軽くいきますが、

それで成功率をあげられるなら、
非常に安い勉強代です。

 

成功率を上げれば長期的にみても節約になる

そして、成功率を上げるために、
お金を使うべきと書きましたが、

成功率を上げるために知識を学び、
先行投資をすれば長期的にみて、
節約することができるのです。

 

例えば、10人の女性とLINEを、
交換するために3回街コンに行ってた人が、

成功率を上げることができて、
2回の街コンで済むようになったとします。

そうしたら、街コン1回分の、
節約になります。

だいたい5000円くらいですね。

 

そして、これから10人の女性と、
LINEを交換しようと思ったら、
毎回5000円浮かせられるわけです。

これは正直大きいですよね。

 

恋愛の技術は一生もののスキルである

 

別にこれは僕だけじゃなくて、
恋愛を本格的に学びたいってことで、
20万とか30万の恋愛スクールに通って、

モテまくってる人も僕は知ってます。

 

別にそこまで大量に金を使う必要は、
全くないと思いますけどねw

「20万を恋愛にいきなり突っ込むのは、
   さすがに抵抗があります・・・」
と誰でもなるはず。

 

ただ、人によっては、
人生を変えるためにも、
安い金額かもしれません。

20歳の人ならこれから、
何十年使える恋愛の技術を、
学ぶことができるんですから。

少なくとも無意味に合コンに行ったり、
出会い系をやり続けるよりも、
よほどリターンがあるはずですw

 

逆にお金をかけずに節約して、
なんとかやり過ごそうとする人もいます。

でも、これも正直遠回りです。

遠回りというか成功率が、
格段に下がります。

大抵お金をケチってる人って、
服がダサかったりとか、
髪型とか眉もボサボサなんですけど。

まあ、普通に女性から良い印象は、
持たれないはずです。

別に彼のように、
服を買いまくる必要はないですが、
最低限の投資は必要です。

逆に、女性陣は男の何十倍もの金を、
服装とか化粧に使ってますから、
ダサい男はすぐに見抜かれます。

 

最低限のラインとして

・美容院に行って髪型を整える
・ズボンのサイズ感を合わせる
・眉を整える
・ちゃんとした靴を買う

まあこのくらいですかね。

あとは、毎日風呂に入るとか、
ヒゲをしっかり剃るとかそのレベル。

最初に服とかを揃えてしまえば、
毎月数千円くらいで済んじゃいます。

あとのお金は、
「彼女の作り方を学ぶ」ことに、
徹底的に使うべきです。

僕も彼女ができなかったり、
全くモテなかった時は、
「恋愛の知識」に金を使いましたね。

恋愛本を本屋で大量に買って、
親にバレて恥ずかしくなったのは、
今思えばいい思い出ですw

 

恋愛はドラクエと同じである

で、今まで恋愛の知識を得るために、
お金を使いましょうという話をしました。

ただこんな話をすると、
「いやいや、恋愛に金を使うなんて
   そんなの聞いたことないんですけど…」
と思う人もいるかもしれません。

 

ですが、これはドラクエで例えると、
わかりやすいと思います。

レベルをあげて敵を倒して、
アイテムや装備を整えて、
ボスを倒していく。

これがドラクエの基本的な、
攻略法だと思います。

 

当たり前ですけど。。。。。

アイテム0
装備0
金1000

みたいな状態って、
全く意味ないですよね。

「別に俺はモテたくないし・・・」
みたいな人だったら別にいいんですけど。

モテたいなら最初にてっとり早く、
金を使ってしまった方が、
成果が出るのは圧倒的に早いです。

それに何も永遠に、
金を使うわけではありません。

最初にお金を使って、
恋愛テクニックを学べば、
その後はずーっと使えます。

マジで一生ものです。

記憶喪失にならない限り、
死ぬまで使い続けることができます。

で話を戻すと、
ドラクエにしろ、RPGにしろ、

アイテムや装備がある方が、
絶対に楽にゲームを進められるはずです。

それと全く同じで、
恋愛のスキルがあれば、
楽に恋愛をすることができます。

今まで自分なりに努力をして、
女性にアプローチして振られていたのが、
マジでアホらしくなるはずです。

「最初からこれをやっておけば
   よかったじゃん!!!」
となりますから。

 

そんなイメージです。

武器や防具も何もなしに、
美女というボスへ突っ込むことは、
無謀でしかないとわかるはずです。

 

スキルを得てしまえば、すぐに成果は出る

で、基本的にスキルさえ得てしまえば、
彼女を作るくらいはどうってことありません。

もちろん、相手の女性のレベルにも、
よってくるので一概には言えませんが、

ちゃんと勉強を繰り返して、
実践を繰り返せば、

「彼女ができなくて死にそうです」
なんてことにはなり得ません。

色々なところで言っていますが、
恋愛でうまくいかないのは、

コミュ力がないからでもなく、
顔が悪いからでもありません。

 

彼女の作り方を知らないから。

これだけです。

 

知らないことはできませんし、
想像できないことは現実にできません。

 

だから、彼女ができないという悩みは、
恋愛のスキルを学ぶことで、
ほとんど解決されます。

そして、スキルを学んでしまえば、
成果はすぐに出ます。

 

僕自身、恋愛商材とかを買う前は、
1万、2万を払うかでものすごく悩んだけど、
今思えばなんて安かったんだろうと思います。

別にこれは恋愛に限らず、
様々な事柄で同じことです。

テニスがうまくなりたいのに、
ラケットとかボールを、
買わないのはありえないはずです。

良い大学に合格したいのに、
参考書を一切買わないのはおかしいです。

 

必要な武器やアイテムを揃えないまま、
女の子に話しかけまくっていても、

成果が出るのは尋常じゃないくらい、
遅くなってしまいます。

僕は多分もっと早い段階から、
恋愛の知識を学んでさえいれば、
成果が出るのも早かったなあと。

 

正直、書店で売られている恋愛本は、
レベルが低すぎますし、
大して勉強にはなりません。

それよりも恋愛を、
仕事にしているプロから、
恋愛を学んだ方が圧倒的に早い。

それは間違いありません。

ということで今回は、
お金を使うことの重要性について、
話してきました。

 

こちらの記事では、
お金の正しい使い方について、
レベル別にまとめています。

自分の状況によって判断できるので、
見てもらえたらと思います。

 

ピチピチの19歳女子大生から渋谷でLINEを奪った音声が聞けます

 

 

上記の音声は、渋谷のセンター街で、
高校卒業したてのピチピチ女子大生から、
たった3分でLINE交換に応じさせる音声の一部です。

現在、特別プレゼントにて、LINE交換音声の、
全貌と解説をお渡ししています。


対人恐怖症だった僕がどのようにして、
街中で女の子に声をかけてLINEを、
抜き去ることができたのか?

どんな思考でテクニックを使っているのか?

僕が底辺から這い上がれた理由とは?


その全てを理解できるようになってます。

絶対にブログには書けない恋愛の裏話を、
クローズドのメール講座で知ることができます。

→ニャンチカのメール講義を読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください