ナンパのやる気が出ないときの対処法

この記事は 2 分で読めます。

こんにちは。ニャンチカです。
 
 
 
ナンパでやる気が出ない時は、
どう対処すればいいのか?
 
という話について、
今日は書いていこうと思います。
 
 
今回の記事では、
 
ナンパへのモチベーションを、
コントロールするための、
方法を書いています。
 
これさえわかれば、
 
行動力がガンガン上がりますし、
それに従って連れ出し数、
即数も増えます。
 
ナンパで成功するために、
是非とも読んでおくべき記事です。
 
 
ということで、
早速内容に入っていきます。
 

大学のテスト勉強のやる気が出なかった

 
なんでこんな話をするのかというと、
僕は大学のテスト期間の時、
 
やる気が全然出なくて、
仕方がなかったんですよね。
 
 
大学のテストって、
ただの暗記ゲーで、
全く役に立ちません。
 
 
みんな単位を取るために、
授業を受けるだけで、
その場限りの勉強感がハンパないです。
 
 
それに対してナンパなら例えば、
 
声を掛けて一瞬で仲良くなって、
相手をカフェに連れ出す能力。
 
 
 
これは仕事で営業をしている時も、
最初の第一印象で、
相手の興味を引き、
信頼関係を築けるようになります。
 
 
他にも会ったその日に、
ホテルに連れ込むならば、
 
相手の心理を読み取ったり、
感情を考えたりするので、
コミュ力が途方もなく上がります。
 
 
ナンパは人間の心理をかなり学ぶので、
コミュ力が上がると同時に、
人間関係もかなり改善するかと。
 
 
ナンパっていうと、
遊んでるとか、
暇人とか言われますけど、
 
いいことばかりですよ。
 
 
可愛い子と仲良くなれるし、
コミュ力も上がるしです。
 
 
 
で話を戻すと、
テスト期間中に勉強に身が入らなかった僕は、
 
ある方法を使ったら、
だらだらと怠けていた自分から、
 
テキパキと勉強できる自分に、
進化しました。
 
それをナンパに置き換えて、
これから話していきますね。

 

仕事と作業を分け優先順位を決めろ!

 
 
では僕が何をしたか先に、
結論を言ってしまうと。
 
 
仕事と作業を分けて
やることの優先順位を決める
 
 
です。
 
 
 
 
僕はこれで大学のテストを、
乗り切りましたし、
 
普段ナンパをする時も、
お世話になっています。
 
 
まず仕事作業を分けるといっても、
何が違うのか?
 
それを簡単に言いますと。
 
 
仕事は頭を使うもの
 
作業は頭を使わないもの
 
です。
 
 
 
例えばナンパを、
家で勉強する時なら、
 
仕事は自分の音声の、
反省点をメモすること。
 
 
作業はTwitterでナンパ師の、
ツイートを見ること。
 
 
だいたいイメージできましたか?
 
 
そして優先度が高いのが、
仕事です。
 
 
確かにTwitterで他のナンパ師の、
ツイートを見ることは、
悪いことでは無いです。
 
でもやらなくてもいいという程度です。
 
 
それよりも自分の音声を聞き直したり、
街に行って声をかける方が、
最優先でやるべきことなのです。
 
 
だって自分のナンパが、
上手くなかったら、
 
Twitterでナンパ師に、
絡んでも意味ないですもん。
 
 
だから基本は仕事を、
最優先でやっていく。
 
 
 
でも毎日は続かないから、
やる気が下がった時には、
作業をすると言った感じです。
 
 
作業はどんなにやる気がなくても、
これだけは絶対にやれる!
というものを設定しましょう。
 
 

仕事と作業を分けるメリット 

 
 
こういうふうに考えると、
何がいいのか?
 
 
それは
 
やる気がおきなくて、
何もせずに1日が終わった
 
という日がなくなります。
 
 
 
そしてだいたいこういうことをした次の日は、
 
「なんで俺は頑張れないんだ。
 意志が弱すぎる」
 
と自己否定のループに、
ハマります。
 
 
そして心に余裕が、
なくなってくると、
 
ナンパでも自信を持って、
声をかけたりしにくくなります。
 
 
 
僕は作業を続けることに、
才能やセンスは必要ない、
と思ってます。
 
自分が悪いのではなく、
環境が悪いのです。
 
 
つまりは今まで怠けていた人でも、
適切な環境さえ作ってしまえば、
誰でも大丈夫というわけです。
 
 
だから才能やセンスのせいにするのは、
勿体無いですね。
 
この考え方は自分の可能性を、
大きく閉ざしていしまいます。
 

 

大学のテスト勉強でも仕事と作業を分けた

 
で、僕はこれをテストにも応用しました。
 
 
僕は全くテスト勉強への、
やる気がわかなくて、
適当にこなしていました。
 
 
ただ、適当にやりすぎても、
留年してしまうので、
なんとかやる気を、
出す必要がありました。
 
 
 
もちろん最優先するべきことは、
プリントを暗記したり、
計算問題を解くことです。
 
 
ですがそんなやる気は、
出てきませんでした。
 
 
だから最初は頭を使わなくても、
いいことをやりまくりました。
 
 
最初はミクロ経済の、
プリントを眺めるとかですね。
 
 
 
読みもしません、
頭に入れるつもりもありません。
 
 
ただテスト範囲には、
ミクロ経済学が出るんだなーとか、
ぼんやり思うくらいです。
 
でもやらないよりは、
ずっとマシです。
 
 
それに眺めるだけならどんな時でも、
できますよね??
 
 
 
最初は眺めるだけ。
 
 
 
次は1行音読するだけ。
 
次は1ページ読んでいく。
 
こうやっていくと、
だんだんやる気が、
上がってくるんですよ。
 
 
 
 
 
そうするとだらけてた自分から、
テキパキと取り組む自分に、
進化するわけです。
 
 
そして結果的に僕は、
ガッツリテスト勉強を、
 
次第にできるように、
なっていったんです。
 
 
もちろん毎回テキパキと、
できたわけではありませんが、
 
やる気はやらないと、
湧き出てこないんです。
 
 
他にもテストで使う資料を、
印刷するだけとかは、
結構やってました。
 
もちろん頭は全く使わないけど、
何もやらないよりマシですからね。
 
 
あとこの方法のいいところは、
調子のいい時にやることと、
 
やる気のない時にやることが頭の中で、
明確になっていることです。
 
 
「あれもこれもやらなきゃ」
と思うとそれだけで、
エネルギーを消耗します。
 
 
 
でもこの方法なら、
迷いが出てやる気を、
なくすこともありません。
 
 
で、仕事と作業を分けて、
優先度を決めればいいと話してきました。
 
 

仕事と作業を分けるメモツール 

 
 
ただそれを頭の中で全て仕事と作業に、
振り分けるのはベリーハードです。
 
 
なので最後に
僕が使っているメモツールを、
紹介します。
 
これで忘れることなく、
頭の中をちゃんと整理しましょう。
 
 
オススメはEvernote。
 
 
すでに使っている人も、
多いのではないでしょうか?
 
 
とりあえず僕は
Evernoteを使っています。
 
 
PCからもスマホからも、
見れますし非常に使いやすいのが、
GOODです。
 
 
今日はこの辺で。
 
ありがとうございました。




最後に

僕は20歳まで「彼女いない歴=年齢」の童貞でした。
ですが、そんな僕が今ではナンパ師になって
色んな女の子と付き合ったり、エ○チできるようになりました。

・・・と、言っても怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「絶対嘘だろwwwありえねえよwww」
とか思っていること間違いないですね笑

ですが、これは紛れもない真実です。

僕は対人恐怖症、女性恐怖症に悩まされていた時もありました。
またうつ病を患っていたこともあり、時には自殺を考えたこともありました

ですが僕はナンパの勉強と実践を繰り返したことで、
スキルを身につけていき、
色んな女の子と仲良くなれるようになりました。
そうして僕はナンパ活動をしているのですが、本当によかったなと思っています。

この経験からどんなに恋愛に苦しんでいる人も、
ナンパスキルを身につけることで、
女の子と仲良くなって彼女にしたりセ○レにすることはできると僕は確信しております。

うつ病の僕はどのようにして、
ナンパ師になれたのか??その過程は以下の記事からどうぞ。

うつ病のニャンチカがヤリチンになるまでのストーリー

ーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、対人恐怖症だった僕がヤリチンになるまでの物語を読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<