有言実行と不言実行のバランスから見るモチベーション論

この記事は 2 分で読めます。

こんにちは。ニャンチカです。
 
今日は
 
「モチベの管理には有言実行と、
 不言実行のバランスが大事だよ」
 
という話をしていきますね。
 
 
有言実行と不言実行の、
バランスを知ることで、
 
モチベーションの管理が、
簡単にできるようになります。
 
 
「今日なんかやる気でねえなあ」
という時でも自然と、
 
やる気を出せてしまったり、
することができます。
 
 
それが今回お話しする内容です。
 
これを知るのと知らないのとでは、
ナンパの成長スピードも、
全然違ってきます。
 
 
早くナンパが上手くなりたい!
色んな女の子とエ○チしたい!
 
という人にとって、
是非とも読んでおくべき記事です。
 
 
 

有言実行のメリット

 
 
有言実行とは、
周りの人に目標を宣言して、
その通りに遂行していくことです。
 
 
 
文字通り、
 
宣言したことは必ず、
やり遂げなければなりません。
 
 
例えば、
「俺次のテストで90点取るから」
と言ったら・・
 
「お、マジで?絶対だからな」
と友人から言われます。
 
 
というか昔の僕でした。
昔の僕はそうやって、
やる気を出そうとしていました。
 
 
実行しなかった場合、
 
「宣言したのに、失敗かよww」
と煽られるため効果は抜群です。
 
 
 
周りから煽られたくないので、
宣言した人は絶対に実行しようと、
努力して行きます。
 
 
実際僕はナンパでもこれを、
よくやっています。
 
 
「今週で50人こえかけます!」
とか師匠や友人に言いますね。
 
自分を追い込むことで、
強制的に行動させるのです。
 
 
ですが有言実行にも、
デメリットがあります・・・
 
 

有言実行のデメリット

 
 
そのデメリットとは一体何か?
 
それは、
「失敗した時の自己嫌悪感」が、
半端じゃないということです。
 
 
 
僕はある時、
 
「今月中に4人女の子と、
 エ○チしてやる!」
 
 
と周りのナンパ師に、
宣言したことがありました。
 
 
でもちょうどそのときは、
スランプに陥っていたこともあり、
上手くいかなかったんですよね。
 
 
結局月に2人としか、
エ○チはできずに、
終了・・・
 
 
 
今でこそなんとかそれくらいは、
できるようになりましたが、
 
当時の僕は、
自己否定のループに、
完全にはまりました。
 
 
他のナンパ師には、
「あれ?月4人は?」
と煽られて、
 
 
スマホの壁紙にした、
「月4人とセ○クス!」
という文字を見て、
萎えまくっていました。
 
 
そしてどんどん自信を失い、
家で1人ぼーっとしていたのを、
覚えています。
 
 
有言実行は、
失敗した時にとてつもなく、
自信を失います。
 
だから有言実行をするときは、
慎重にやるべきです。
 
 
それか失敗したときは、
飯をおごるとか、
1000円払うなどの、
罰ゲームを作ったほうがいいです。
 
 
そうすると、
「何がなんでもやらなければ」
と必死になりますし、
 
ゲーム感覚になるので、
失敗した時のダメージも、
多少少なくなります。
 
 

不言実行のメリット

 
 
不言実行とは、
 
何も言わずに、何も語らずに、
行動を起こし、結果を出し、
夢を叶えていく
 
という感じです。
 
 
 
 
僕はこっちの方が、
かっこいいいなあとは、
思います。
 
 
 
実際に僕の周りのナンパ師でも、
自分の成果を口にして、
ドヤ顔したりせずに、
 
淡々とナンパを繰り返して、
モテるようになった人とかいますしね。
 
 
僕もこっちの方を、
目指して行きたいなあと。
 
 
そして不言実行の、
何が凄いかというと、
 
 
例えば僕が
「今週中に50人声掛けします!」
というような目標を宣言したとします。
 
 
ですが不言実行の人にとっては
 
「そんなの宣言する必要ある?
 俺昨日50人声掛けしたけど?」
 
というように、
 
当たり前の基準が高いのです。
 
いわゆる基準値が、
高いというやつですね。
 
 
「そんな当たり前のこと、
 宣言しなくたってできて当然だろ?」
 
 
なので困難にぶち当たっても、
淡々と乗り越えて行ったりしています。
 
 
 
ただ不言実行にもデメリットがあります。
 
 

不言実行のデメリット

 
不言実行のデメリットは、
 
達成できなくても自分の中で、
完結してしまうということです。
 
 
達成できなくても、
煽ってきたり、
攻めてくる人はいないので、
 
自分に甘い人にとっては、
この上なく危険です。
 
目標を達成するスピードが、
むちゃくちゃ遅くなります!
 
 
 

有言実行と不言実行の使い分けが大事

 
 
ここまで書いてきましたが、
両者ともバランスが大事です。
 
 
それぞれいい面があり、
悪い面があります。
 
二つを使いこなすことが、
できる人が強いです。
 
 
僕はどうしてもやる気が出ないときは、
有言実行しています。
 
 
「今日なんかだるいなー」
「昨日全然ナンパできなかったなー」
 
という時は、
友人や師匠に、
 
「今週までに○人連れ出しできなかったら、
 飯おごります!」
 
みたいな感じです。
 
 
 
ただそれ以外の時は、
不言実行です。
 
 
淡々と家でのナンパの勉強と、
実践を繰り返しています。
 
 
ということで、
今回はこの辺で。
 
 
それではまた。




最後に

僕は20歳まで「彼女いない歴=年齢」の童貞でした。
ですが、そんな僕が今ではナンパ師になって
色んな女の子と付き合ったり、エ○チできるようになりました。

・・・と、言っても怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「絶対嘘だろwwwありえねえよwww」
とか思っていること間違いないですね笑

ですが、これは紛れもない真実です。

僕は対人恐怖症、女性恐怖症に悩まされていた時もありました。
またうつ病を患っていたこともあり、時には自殺を考えたこともありました

ですが僕はナンパの勉強と実践を繰り返したことで、
スキルを身につけていき、
色んな女の子と仲良くなれるようになりました。
そうして僕はナンパ活動をしているのですが、本当によかったなと思っています。

この経験からどんなに恋愛に苦しんでいる人も、
ナンパスキルを身につけることで、
女の子と仲良くなって彼女にしたりセ○レにすることはできると僕は確信しております。

うつ病の僕はどのようにして、
ナンパ師になれたのか??その過程は以下の記事からどうぞ。

うつ病のニャンチカがヤリチンになるまでのストーリー

ーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、対人恐怖症だった僕がヤリチンになるまでの物語を読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<