女性恐怖症の治し方を元女性恐怖症のナンパ師が徹底解説!

2週間でモテるようになるメールセミナーを無料でやっています

この記事は 3 分で読めます。

  • 女性恐怖症を治して、彼女が欲しい
  • 女性恐怖症だけど、どうやって克服すればいいんだろう
  • 女の子が怖くて、日常生活に支障が出ている。どうにかしたい!

この記事を読まれているあなたは、
上記のような悩みを抱えているかもしれません。

 

女性恐怖症にも

  • 女の子が怖いけど、実は彼女が欲しい
  • 女の子が嫌い。一切関わりたくない

など、様々なタイプの人が存在します。

 

というわけで今回は、

  • 女性恐怖症を治す上で役立った方法

について、元女性恐怖症である僕の意見をお伝えしたいと思います。

 

女性恐怖症を治す上で効果があったもの

 

①ひたすら恋愛テクニックを磨く

恐らく、僕が結構役に立ったものとして、
「恋愛テクニックを学びまくる」
というものがあります。

書店で売られている恋愛本や、
ネットの恋愛商材などを、
片っ端から購入して読みまくりました。

女性が怖くなってしまう理由の1つに、
「女の子のことを知らなさすぎた」
というものがあります。

 

具体的には、

「女の子は何を考えているのかわからない」
「女の子とはどうやって話せばいいのだろう」
「女の子と付き合うにはどうすればいいの?」

などの女の子への理解が、
めちゃくちゃ甘かったんです。

 

もともと女の子が苦手で、
避けまくっていたからこそ、

「女の子の扱い方」が、
全くわからなかったんですね。

 

なので、女の子と会話をしていても、

「この話をしてて女の子は楽しいのかな?」
「今、俺キモいと思われてないかな?」

など常に疑心暗鬼状態でした。

その疑心暗鬼状態が不安を呼び、
焦りを呼び、緊張を呼び、恐怖を、
呼び覚ますという感じです。

だから、僕は女の子について、
誰よりも詳しく学びまくってやる!

と考えて、ひたすら勉強。

 

恋愛本を買う。読む。

恋愛商材を買う。読む。

 

マジでこれの繰り返しです。

 

これのおかげでかなり女性への、
恐怖は和らぎました。

「どういう会話が女の子は好きなのか?」
「女の子と話す時に何を意識するべきなのか?」
「女の子と付き合うためにはどうすればいいのか?」

これらのことがわかったので、
緊張することも減ったんです。

 

②ソープに3回行った

 

もうしばらくソープは行ってませんが、
1ヶ月に3回行った時期がありまして、
この時はかなり女性への免疫がつきました。

まず、女性への恐怖や緊張の感情って、
自分の中でどんどん大きくしてしまいます。

だから、その悪いイメージをぶち壊す。

実際は怖くないよ。
怖くないんだよ。

ってことを壊すのに役立ちました。

 

ただ、これは付き合いで行ったので、
もう行こうとは思いませんけどねw

ソープ自体あまり好きではないので。

ただ、もし高校3年生の時の自分に、
伝えることがあるとすれば、

「バイトで働きまくって、
   ソープに10回行け!!!」

と言うかと思います。

 

そのくらい、ソープの威力は凄まじいです。

 

ちなみに、女性への恐怖がなくなる時とか、
女性恐怖症が解消される時っていつなのか?

ってことなんですけど、

「女性の現実を知って幻滅する時」

だと思います。

 

あ、女ってこんなもんなんだ。
思ってたのと、全然違う・・・

色んな意味でがっかりだわ・・・・

ってなる時ですね。

 

それは女性と別れたときかもしれないし、
付き合った時かもしれません。

 

ただ、人によってはソープランドは、
女性への幻滅が得られると思うので、
効果は高いです。

 

 

③ガールズバーに10回行った

 

これもかなり効果はデカかったですね。

僕はガールズバーに10回ほどしか、
行ったことがないんですけど、
かなり効果は大きかったです。

 

ガールズバーにいる女の子は、
容姿が綺麗な子が多いです。
(当たり前ですが)

なので、普通に女性慣れする際に、
むちゃくちゃ使えます。

 

あと、あっちも商売なので、
優しく接してくれますから、
ありがたいことこの上ない。

そして、水商売に来る女の子ですから、
コミュニケーション能力は高い子が多いです。

だから、仮にずっと黙ってたとしても、
うまく話を振ってくれますし、
緊張を普通にほぐしてくれます。

僕自身、ここに何回救われたかわかりません。

 

 

④メンターを見つける

今まで書いてきた中で、
一番助けになったものはどれか??

と言われたら多分これかなと思います。

自分1人で女性恐怖症を治すのは、
なかなかしんどいものがあります。

時にはどうすればいいのか迷ったり、
途方にくれることもあるからです。

 

そんな時に道しるべとなって、
進むべき方向を正してくれるメンターが、
いた方が挫折することなく進むことができます。

 

僕はある恋愛コンサルタントの方に、
教えを受けながら、女性恐怖症を、
克服しようとしていました。

実際、これがかなり役に立って、
困った時はメールで相談したり、
実際に対面でカウンセリングしてもらってました。

やはり、実際に自分の悩みを、
会って話せるのは違います。

自分1人で悩みを抱え込まないと言う意味でも、
非常にありがたかったです。

 

⑤彼女を作ることにフォーカスする

 

僕は女性恐怖症だったのですが、
女性恐怖症を克服するというよりも、
「彼女を作ること」にフォーカスしてました。

というのは、女性への恐怖というのは、
女性へのコンプレックスをなくさないと、
絶対に消えることがないと思ったからです。

 

僕が女性恐怖症になったのは、
過去女の子に振られまくったことが原因。

振られて、自分が嫌いになる。

これが原因でした。

 

なので、その過去を変えない限りは、
絶対に女性恐怖症は終わらないなと。

心理学やトラウマを勉強して、
メンタルトレーニングをしても、
全く無意味だと思ったんです。

 

で、これは正直、その通りでした。

彼女を作って、遊びまくって、
楽しく過ごせるようになったら、
女性への恐怖は次第に消えて行きました。

それは過去のコンプレックスからの、
解放も同時に意味していたのだと思います。

 

だから、女性恐怖症を解消するには、
「恋愛のコンプレックスを消す」ことを、
目標にすると効果的だったりします。

 

*女性恐怖症の中には、本気で女の子と、
関わりたくない、女が大っ嫌いという人もいるかと思います。

そーいう人は目標を変えた方がいいかもしれません。

 

まとめ

以上、5つの内容を書いてきました。

個人的にはメンターを持ったり、
恋愛の目標を決めることが、
かなり効果的でした。

 

ぜひ、自分に合うものを見つけて、
取り組んでみてください。

 

それでは、今日のところはこの辺で。

ピチピチの19歳女子大生から渋谷でLINEを奪った音声が聞けます

 

 

上記の音声は、渋谷のセンター街で、
高校卒業したてのピチピチ女子大生から、
たった3分でLINE交換に応じさせる音声の一部です。

現在、特別プレゼントにて、LINE交換音声の、
全貌と解説をお渡ししています。


対人恐怖症だった僕がどのようにして、
街中で女の子に声をかけてLINEを、
抜き去ることができたのか?

どんな思考でテクニックを使っているのか?

僕が底辺から這い上がれた理由とは?


その全てを理解できるようになってます。

絶対にブログには書けない恋愛の裏話を、
クローズドのメール講座で知ることができます。

→ニャンチカのメール講義を読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください