マッチングアプリのメリットと旨味とは?3年間使った男が解説してみた

2週間でモテるようになるメールセミナーを無料でやっています

この記事は 3 分で読めます。

こんにちは、ニャンチカです。

最近僕はマッチングアプリを、
ただひたすら使いまくってます。

今週は3人と会って食事して、
色々と検証を続けてる感じです。

で、今日は、
「マッチングアプリの素晴らしさ」
について独断と偏見をもとに語ります。

多くの人がネットの出会いを、
敬遠してますけど、
上手く使えばかなり効果的です。

今までとは比べ物にならないほど、
多くの女性に出会うこともできますし、
付き合う人数、経験人数も、
勝手に増えていきます。

そこの部分の詳細を、
これから書いていきたいと思います。

 

圧倒的値段の安さ

まずマッチングアプリの素晴らしさは、
なんと言っても値段の安さです。

ほとんどのマッチングアプリが、
月に3000~4000円程度で、
使えてしまいます。

「3000円?それって高くね?」
と思う人もいるかもしれません。

 

ですが、他の出会いと比べれば、
無茶苦茶安いです。

 

例えば、合コンを開いたら、
1回6000円は軽くかかります。

街コンやパーティーに行っても、
5000円は絶対にかかるでしょう。

女性との出会いを作るにも、
お金はかかるのが現実です。

そして、それは安くはありません。

当たり前ですけど、
合コンとかパーティーに、
月に何回も行くのは無理でしょう。

金銭的に厳しい人が、
ほとんどだと思います。

ですが、マッチングアプリであれば、
月額3000円程度払えば、
女性とのメッセージが、
いくらでもできます。

LINEも大量に交換し放題です。

はっきり言って安すぎです。

僕はマッチングアプリであれば、
月に20人程度ならすぐにLINE交換できます。

別に普通の出会いで会っても、
20人くらいであれば可能ですが、

マッチングアプリの3000円で、
月に20人はかなり安い。

コスパが良すぎです。

 

合コンやパーティーであれば、
いくら頑張ったとしても、

そこから繋がる女性の人数は、
限界があります。

 

ですが、マッチングアプリであれば、
限界はありません。

実力を身につけていき、
スキルを磨けば磨くほど、
女性の反応が良くなっていき、

大量にLINE交換して、
女性と会いまくることができるのです。

本当に努力すれば、
週に2〜3人とかと会えますし、
これは普通の出会いであれば無理な芸当です。

これもコスパがかなりいいですよね。

 

メンタルを傷つけずに数を打てる

そして、次。

マッチングアプリは、
メンタルが傷つきにくいので、
大量に数を打つことができます。

例えば、知り合いの女性を誘って、
食事に行ったものの、うまくいかなければ、
めちゃくちゃ落ち込むと思います。

知り合いなだけに、
気がかりですし、

次会った時どうしようなど、
考えることもあるかもしれません。

 

ですが、マッチングアプリであれば、
メッセージで無視されたとしても、
食事に行って断られたとしても、

普通の出会いに比べて、
そこまで傷つくことはありません。

なので、普通の出会いに比べて、
大量に数を打つことができます。

僕自身、かなりのチキンなので、
女性から連絡がなくなれば、
かなり落ち込みますが、

やはりマッチングアプリで、
知り合った女性の場合、
そこで傷つくことも少ないです。

 

まー傷つかないことが良いのか、
悪いのかといった議論を、
するつもりはありませんが、

現実論として無意味に、
落ち込んだり傷つくのは、
良くありません。

 

たくさんの女性と遊びまくりたいと、
思うのであれば、当たり前ですが、
アプローチする女性の数も増えます。

「身の回りに女性がいない・・・」
と言う状態では遊べませんから、

知り合いの女性を増やす必要があります。

そこで、街コンとかパーティーに、
行くのもありっちゃありですけど、
マッチングアプリでもGoodです。

 

僕の周りでもマッチングアプリで、
遊びまくってる男は普通に多い印象を持ちます。

「メンタルを傷つけずに、
 大量の女性にアタックできる」

これはマッチングアプリならではの、
素晴らしい点の1つだと思います。

 

家に引きこもりながらでもできる

そして、次。

マッチングアプリの場合、
自分から出会いを外に求めずとも、
スマホ1つあれば出会いを作れます。

なので、結論、
家に引きこもりながらでも、
出会いを作ることができるのです。

家に引きこもりながらということは、

「自分のペースで出会いを作って、
   女性と仲良くなれる」

ということです。

自分のペースで恋愛ができるってのは、
無茶苦茶ありがたいですし、
時間の都合もつきます。

 

心の余裕につながる

まず恋愛をする上で大事なのが、
心の余裕ですが、

マッチングアプリがあると、
マジでこれは違ってきます。

女性にアプローチを、
かけて行く際に大事になるのは、

「別にこいつに断られても、
   また別の女を探せばいいや」

というマインドです。

で、このマインドは、
マッチングアプリを使えば、
すぐに身につくと思います。

仮にうまくいかなかったとしても、
またマッチングしてメッセージを送って、
仲良くなればいいだけの話なんだから・・・

↑こんな風に考えられれば、
恋愛の余裕はかなりできます。

心の余裕ですね。

これが簡単に作れるようになるので、
女性からもモテていきます。

「彼女好き好き症候群」とか、
「オンリーワン症候群」とかありますけど、

そーいう人はマッチングアプリを使って、
とにかく色々な女性と、
知り合ってみればいいと思います。

そうすれば、考え方が変わると思いますので。

 

セフレを作るのが簡単すぎる世界

そして控えめに言っても、
マッチングアプリは、
セフレを作るのが簡単すぎる世界です。

共通の知人がいないので、
お互い大胆になりやすいですし、

「失敗したらどうしよう・・」
という不安も少なくなります。

あと、ホテルに誘いやすい、
っていうのも大きいですよね。

例えば、職場の女性とかだったら、
気軽にホテルに誘えるわけないですし、
グイグイ攻めるのも難しくなります。

ですが、マッチングアプリで、
出会った女性であれば、
そこまで気にしなくなってきます。

これはかなり強いですよね。

んで、これは女の子も、
全く同じでお互い大胆に、
なりやすいです。

だから、セフレが欲しいのであれば、
マッチングアプリは、
マジで簡単だなと思います。

 

他の出会いの場でセフレを作るよりも、
100倍は簡単です。マジで簡単。

実際、マッチングアプリで、
遊びまくっている人は、
僕の周りでもかなりいます。

 

【結論】低価格・数撃ち可能・セフレ作り可能

 

色々と書いてきましたが、
メリットはこんな感じです。

マッチングアプリは、
他の出会いと多少違うので、
戦い方は変わってきますが、

ある程度やり込めば、
簡単に成果が出るかと。

 

特に、低価格で大量に数を打てて、
セフレ作りに適していますから、
遊びたいのであればオススメです。

コスパという面では最強でしょう。

僕自身、昔はマッチングアプリを、
避けていた面がありました。

「ネットの出会いなんて・・」
と敬遠していたんですね。

正直、怖い面もあったし、
本当に会えるの??と、
疑問だったからです。

でも、実際にやってみたら、
考えは一気に変わりました。

「これほど美味しい場所は、
   そうそうないな。。。。」
と。

フツーに女の子と会えますし、
フツーに遊べます。

遊び相手探しには困りません。

実際に僕がマッチングアプリを、
やり込んでいた時期は週5アポとか、
入れていましたからw

普通の出会いだったら、
週に5アポ入れるなんて、
まず無理ですよね。

でも、マッチングアプリが、
それを可能にしたんだと思います。

 

だから、マッチングアプリを、
やっていないのであれば、
実践することをオススメします。

これほどコスパの良い出会いも、
ありませんから。

ということで、今回はこの辺で、
失礼いたします。

 

ちなみの僕がマッチングアプリの、
教科書として紹介しているのが、
こちらの教材です。

ペアマティックプロジェクトを2万字でネタバレしてみた

教材を購入するしないに関わらず、
勉強になるように書いています。

ぜひ軽く目を通してもらえればと。

ピチピチの19歳女子大生から渋谷でLINEを奪った音声が聞けます

 

 

上記の音声は、渋谷のセンター街で、
高校卒業したてのピチピチ女子大生から、
たった3分でLINE交換に応じさせる音声の一部です。

現在、特別プレゼントにて、LINE交換音声の、
全貌と解説をお渡ししています。


対人恐怖症だった僕がどのようにして、
街中で女の子に声をかけてLINEを、
抜き去ることができたのか?

どんな思考でテクニックを使っているのか?

僕が底辺から這い上がれた理由とは?


その全てを理解できるようになってます。

絶対にブログには書けない恋愛の裏話を、
クローズドのメール講座で知ることができます。

→ニャンチカのメール講義を読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください