赤信号みんなで渡れば怖く無いは一生モテるようにならない考え方

この記事は 3 分で読めます。

どうも。ニャンチカです。
 
今日は、
赤信号みんなで渡れば怖くないと思ってると、
モテるようにならないよーって話をします。
 
この記事を読めば、
ナンパによって鍛えられるコミュ力が、
どれだけ素晴らしいものかということが、
理解できます。
 
ナンパができるようになれば、
女には苦労しない生活が、
待ち受けているので、
 
是非ともこのまま、
読み進めていってください。
 

卒業旅行には行かない僕

 
僕は今大学4年生なんですが、
この時期になると、
卒業旅行の話がぼちぼち出てきます。
 
 
 
夏休みが終わったくらいから、
行き始める人が非常に増えますね。
 
「私ヨーロッパ行きたーい」
 
「男ならタイの風俗旅行だろ!」
 
「アジアがやっぱり安いよな」
 
 
こんな会話が毎週聞こえてきます。
 
 
でも僕はナンパに専念するので、
卒業旅行には行きません。
 
 
しかし先日大学の友達と、
こんな会話をしました。
 
 
 
 
 
友達「卒業旅行どこいくのー?」
 
僕「いや俺は卒業旅行行かないよー」
 
 
 
友達「えっ?みんな行ってるのに行かないの?」
 
僕「別に行きたい場所ないし、なんか行きたい場所あるの?」
 
 
 
友達「いや特にないけど、でもみんな行ってるのに行かないのって変だし。。。」
 
 
とまぁこんな感じ。
 
 
 
確かに卒業旅行に行くのは、
常識みたいな風潮ありますからね。
 
 
 
まぁ僕は海外でも行きたい場所が、
普通にあるんですけど、
 
可愛い女の子と二人きりで、
行ってみたいってのが、
本音です。
 
 
 
 
師匠とか白人の女の子と、
アジアに二人で旅行に
行ったりしてますからね。
 
僕はそっちの方が憧れます。
 
 
 
 
それに卒業旅行行くよりは、
ナンパしてる方が面白いなってのが、
僕の思うところでもあります。
 
 
旅行って非日常と刺激を味わうために、
行くと思うんですよ。
 
でもナンパだったら毎回非日常と刺激の、
オンパレードなので笑
 
 
別にいいかなと思ってます。
  

赤信号みんなで渡れば怖くないと思っている日本人 

 
 
で、友達と話しててこの言葉を思い出したんですよ。
 
それは
 
 
「赤信号みんなで渡れば怖くない」
 
 
 
ちなみにこれは調べたところ、
ビートたけしさんが言って流行した言葉です。
 
 
 
 
僕も言葉こそ知っていましたが、
誰が言ったかまでは知らなかったです。
 
で、話を戻して何でこの言葉を、
取り上げたかというと。。
 
 
 
この言葉は日本人の集団心理を表す、
とても秀逸な言葉だと思ったからです。
 
 
当たり前ですが、
赤信号は止まれです。
 
でも日本人はみんなやってるから、
進んでしまえーと。
 
 
周りに流されてしまうわけです。
 
 
 
さっきの僕の話でいうなら、
”卒業旅行はみんなで行けば怖くない”
ということになります。
 
 
でもそうなんですかねー。
 
卒業旅行に行ったら、
20万とか30万くらいするわけですよ。
 
 
 
勿体無いなと。
 
もちろん体験価値としては、
残るかもしれませんが、
資産にはなりません。
 
 
旅行に行ったら、
それでもうおしまいです。
 
 
僕は20万、30万あったら、
凄腕のナンパ師に、
コンサルしてもらいますね。
 
 
 
 
そうやってコンサルを受けたら、
自分のダメな点が新たに分かって、
それが知識として身につきます。
 
その結果どんどん自分のナンパスキルが、
身についていきますからね。
 
 
いいことづくしです。
旅行のように体験価値として、
一瞬で終わるのではなく、
 
一生使えるスキルが身につきます。
 
 
 
別にナンパのスキルはナンパだけしか、
使えないものではありません。
 
仕事であっても、
対人関係であっても、
女性関係であっても、
家族関係であっても、
むちゃくちゃ良くなります。
 
コスパ最強です。
 
 
もちろん卒業旅行で楽しむことを、
否定するわけではありませんよ?
 
別に僕自体は旅行好きですしね。
特に温泉は好きです笑
 
 
ですがその膨大なお金を、
自分に投資した方が、
絶対にいいよなと思ってます。
 
長い目で見たら、
確実にそっちのが得です。 
 
 
 
 
 

ナンパを始めた時はボロクソに批判された

 
僕も初めはナンパをやってる人なんて、
周りにいなかったから、
不安でたまりませんでした。
 
特に周りからの反応は、
厳しいものがありました。
 
 
「ナンパなんてするキャラじゃないだろ?」
 
「ナンパでついてくる女なんていねーよw」
 
「騙されてるんじゃないの?」
 
とボロクソ言われ放題でしたからね。
 
 
 
でも親友だろうが友達だろうが、
どちらもナンパについては全く知りません。
 
 
 
なのに全てを分かったようなことを言ってきます。
本当は何もナンパのことを知らないのにです。
 
 
 
「僕が騙されてる?」
 
 
 
 
 
僕からしたら日本人はみんな国の都合のいいように、
騙されている風にしか見えない。
 
それは
 
「赤信号みんなで渡れば怖くない」
「みんなと違うこと=悪」
 
みたいな風潮から読み取れます。
 
 
 
それにナンパで鍛えたコミュ力さえあれば、
他の出会いでも無敵なんだよねえ。
 
 
 
 
 
初対面の人と一瞬で仲良くなって、
カフェに連れ出したり番号を交換したり、
ホテルにつれこめる力があったら、
 
合コンやパーティーで仲良くなれないわけ、
ないじゃないですか。
 
  
 
「バカなことしてないで
 勉強でもしてろ?」
 
 
 
学生らしく勉強しろとか言われるけど、
ナンパしてる方が圧倒的に勉強になります。
 
初対面の人と一瞬で仲良くなる術を、
身につけるわけです。
 
人の心理については、
これでもかというくらい勉強します。
 
そして相手を楽しませるトーク力や、
会話を盛り上げる力。
 
机に向かって分厚い本を読むよりも、
100倍勉強になりますよ。
 
だからナンパを成功させるために、
主体的に勉強したくなります。
 
そして人の気持ちであったり感情を、
理解できるようになって自然と、
人間関係はうまくいく。
 
つまりはナンパをすると、
コミュニケション能力は、
すごく上がるということ。
 
 
 
 
「勉強しててコミュ力上がりますかね?」
 
 
僕はナンパをしている方が、
絶対に人生に役立つと自信を持って、
言えます。
 
 
 
「ナンパについてくる女なんて
 いるわけない?」
 
 
もちろん一定数いますよ。
ついてこない人は。
 
 
最初から絶対に、
ナンパにはついていかないと、
決め込んでいる女の子。
 
こういう子は無理です。
 
 
でも全然ついてくる子いますよ?
 
 
「ナンパでついくるわけない!」と、
思っている人は恐らく誤解してますね。
 
 
全身が黒スーツで、
ホストのような格好をして、
 
「お姉さん!お姉さん!お茶行きましょうよ」と、
マシンガントークで誘ってくるDQNみたいなチャラ男。
 
ナンパっていうと、
こんなイメージ持ちませんか?
 
僕は こんなことしません笑
 
てか女の子も馬鹿じゃないので、
こんなアプローチでは絶対に来ませんwww
 
というか女の子が嫌がってたら、
そもそも付いてきません。
 
 
僕の師匠のナンパとかはそうですが、
彼のナンパを見ていると、
女の子がすごく楽しそうにしています。
 
 
それでその楽しい雰囲気のまま、
女の子を連れ出すんですよね。
 
 
 
ここはまあ僕もみんなを黙らせるような、
結果を残してからはっきりと言いたいとは思ってます。
 
 
モデルをホテルに連れ込んだとかですかね。
そういう実績を残してから、
語りたいですね。
 
 
まあでもついてくる子いますよ。
それに普通に可愛い子もいます。
 
ナンパにはブスしかついてこないとか、
言いますけどそれは嘘ですね。
 
むしろ美人であったり可愛かった方が、
ナンパ慣れしていることもあるので、
反応が良いこともしばしばです。
 
 
 
 
またユニクロの社長である柳生さんは、
こんなことを言ってます。
 
 
 
日本人は概して、変えるということに非常に怯えているか、自信がない。
一番の長所であり短所であるのが安定、安全、安心だ。
だが、成功するには時代を追っかけていてはダメ。
変化を自分で作っていかなければならない。
 
 
この言葉からもわかるように、
 
変化を恐れてみんなやらないから、
簡単にナンパで成果を出せてしまう、
というのも大いにあります。
 
 
 
なのでせっかくこの記事を見てるということは、
ナンパに出会った人なので、
 
周りの空気とかに惑わされず、
自分の進むべき道を決めて欲しいですね。
 
 
 
僕はもちろんやる気のある人は、
全力でサポートします。
 
 
では今日はここら辺で。
 
それではまた




最後に

僕は20歳まで「彼女いない歴=年齢」の童貞でした。
ですが、そんな僕が今ではナンパ師になって
色んな女の子と付き合ったり、エ○チできるようになりました。

・・・と、言っても怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「絶対嘘だろwwwありえねえよwww」
とか思っていること間違いないですね笑

ですが、これは紛れもない真実です。

僕は対人恐怖症、女性恐怖症に悩まされていた時もありました。
またうつ病を患っていたこともあり、時には自殺を考えたこともありました

ですが僕はナンパの勉強と実践を繰り返したことで、
スキルを身につけていき、
色んな女の子と仲良くなれるようになりました。
そうして僕はナンパ活動をしているのですが、本当によかったなと思っています。

この経験からどんなに恋愛に苦しんでいる人も、
ナンパスキルを身につけることで、
女の子と仲良くなって彼女にしたりセ○レにすることはできると僕は確信しております。

うつ病の僕はどのようにして、
ナンパ師になれたのか??その過程は以下の記事からどうぞ。

うつ病のニャンチカがヤリチンになるまでのストーリー

ーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、対人恐怖症だった僕がヤリチンになるまでの物語を読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<