【日記】ご飯食べても3万、恋愛商材買っても3万

この記事は 1 分で読めます。

こんにちは、ニャンチカです。

今回の記事は僕のアウトプットも絡めて、
書いてます。

なので、少し近況報告的なノリです。

師匠から喝を入れられました

先ほど、師匠に喝を入れられました。

内容としては、

「もっとガンガン声かけて、
 ナンパしろよ!」

というものです。

僕は一度女の子と仲良くなると、
「この子でいいかなー」と安心してしまい、
それ以上他の女の子に行く気が失せるんです。

なので、ナンパのモチベも次第に、
下がって行きます。

もちろん卒論が忙しいのもあったんですが、
そんなのは関係ないですからね。

ナンパは隙間時間を使ってやろうとすれば、
いくらでもできます。

その様子を見た師匠が”喝”。

「ナンパだって恋愛だって、
 いつまでもできるわけじゃない」

「若いうちにしかできないんだぞ」

「今のうちやれコラ。
 やらないと海に沈めっぞ」

という感じです。

いやーつくづく自分は甘いなと、
思ってしまいますね。

若い時は失敗してなんぼなんだから、
ガンガン行動しろよと。

声かけるのがめんどくさいなんて、
言ってる場合じゃないと。

 

3万くらいケチんなよ

師匠から、

「とりあえずこの恋愛商材と、
 この恋愛商材を買って勉強しろ」

と言われたことがありました。

合計でだいたい3万円ほど。

「3万円かあ・・・」

とビビっていました。

ただ、3万円って本当に高いのか?
僕はそう思ってしまったのです。

東京の日雇いであれば3日やれば、
稼げる金額です。

3日捨てるだけで、モテるようになる方法を、
学ぶことができる。

要は人生を変える方法を知ることができる。

「3万円くらいどうってことなくね?」
と今なら思います。

食べ歩きしても3万

僕は大学2年生の時に、
食べ歩きと称して、美味しい店に、
1ヶ月間行きまくってっていたことがある。

東京の食べログの有名店を、
しらみつぶしに歩き回り、
合計で3万円くらい使いました。

食べ歩きで金を使っても3万。
恋愛商材で金を使っても3万。

前者はただの消費、というか浪費ですけど、
後者は自己投資です。

「別に3万くらいどうってことないか・・・」

何が言いたいのかというと、
別に3万払ったところで、
死ぬわけでもないし、
ホームレスになるわけでもないということです。

「ビビらずに進んでこうぜ」

そう思わされる出来事でした。

今日もまたナンパしに行ってきます。

それではまた。

ちなみに、
具体的なナンパの方法についてや、
ホテルに連れ込むまでの流れは、
こちらからどうぞ。
 
今ならナンパの方法を記した、
電子書籍を無料で受け取れます。
 
 




最後に

僕は20歳まで「彼女いない歴=年齢」の童貞でした。
ですが、そんな僕が今ではナンパ師になって
色んな女の子と付き合ったり、エ○チできるようになりました。

・・・と、言っても怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「絶対嘘だろwwwありえねえよwww」
とか思っていること間違いないですね笑

ですが、これは紛れもない真実です。

僕は対人恐怖症、女性恐怖症に悩まされていた時もありました。
またうつ病を患っていたこともあり、時には自殺を考えたこともありました

ですが僕はナンパの勉強と実践を繰り返したことで、
スキルを身につけていき、
色んな女の子と仲良くなれるようになりました。
そうして僕はナンパ活動をしているのですが、本当によかったなと思っています。

この経験からどんなに恋愛に苦しんでいる人も、
ナンパスキルを身につけることで、
女の子と仲良くなって彼女にしたりセ○レにすることはできると僕は確信しております。

うつ病の僕はどのようにして、
ナンパ師になれたのか??その過程は以下の記事からどうぞ。

うつ病のニャンチカがヤリチンになるまでのストーリー

ーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、対人恐怖症だった僕がヤリチンになるまでの物語を読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<