女の子が楽しそうにしててナンパの価値観がぶっ壊れた

この記事は 3 分で読めます。

 
こんにちは。ニャンチカです。
 
 
これから僕のナンパの価値観がぶっ壊れた話をしていきます。
 
 
今回の記事では、
ナンパの価値観について、
触れている部分が多いので、
 
初心者にとっては非常に重要な話です。
 
ナンパの罪悪感をぶっ壊すためにも、
このまま読み進めていってください。
 
罪悪感を感じないようになれれば、
どんどんナンパが楽しくなっていきますし、
成功率も上がるようになっていきます。
 
 
それでは入っていきましょう。

 

渋谷で師匠とナンパしていた時の話

 
 
師匠と一緒に渋谷のストリートで、
ナンパをしていた時のことでした。
 
 
 
 
まだナンパをし始めて、
2、3日ということもあり、
 
完全に地蔵状態の僕。
 
 
 
最初は師匠が声かけをして、
ナンパしていくのを、
 
僕が通行人のふりをして、
見て学ぶというスタイルでした。
 
 
 
 
「師匠ってどんな感じで、
 いつもナンパしてるんだろ。」
 
そう思いながら、
じっと見つめていました。
 
 
 
師匠の声掛け数は、
多くありませんでした。
 
3分に1人を声かけるくらいの、
ペースです。
 
その間師匠は獲物を狙うような目で、
ストリートで待機しています。
 
 
 
ナンパというと、
 
手当たり次第声をかけまくるような、
イメージがあったのですが、
そんなことは全くありませんでした。
 
 
 
師匠曰く、
 
「誰でもいいからと思って、
 声をかけたらどうなると思う?」
 
「そんな適当にやってたら、
 相手に興味ないことがバレちゃうよ。
 
とのこと。
 
 
 
 
そして渋谷に着き、
5分くらいしてから、
 
師匠が女の子に向かって、
歩きに行きました。
 
 
相手はおそらく女子大生。
大学1年生くらいだけど、
顔は可愛い。
 
 
師匠が話しかけるも、
失敗。
 
1人目はガンシカ(完全無視)。
 
 
 
僕「ガンシカでしたね」
 
師匠「あれは無理なパターンっすね。最初からナンパにはついていかないと決め込んでいるタイプ」
 
僕「そうなんですか」
 
師匠「ガンシカを決め込んでる人は誰がやっても無理だから仕方ない」
 
 
そしてまた次のターゲットを探す師匠。
 
3分くらいまたたちっぱの師匠。
 
 
そしてしばらくしたら、
また師匠が動きしました。
 
 
 
今回のターゲットも、
やはり女子大生。
 
さっきよりは、
格好も派手で、
ギャル系の感じがしました。
 
 
 
そして僕も師匠の後ろを、
ゆっくりついて行き、
師匠をずっと観察。
 
 
すると今回は、
オープン(会話が成立)して、
女の子と話してます。
 
 
 
女の子の顔を見ると、
まんざらでもない模様。
 
笑顔とまではいかないけど、
ニヤニヤしている。
 
 
そうしてしばらく歩いていたら、
師匠はスマホを取り出しました。
 
 
「これはもしや番ゲ???」
と思ったのですが予感は的中。
 
 
相手の女の子もスマホを取り出し、
どうやらラインを交換している模様。
 
 
 
 
ただ師匠と女の子が立ち止まったので、
僕もそこに止まっては変かと思い、
通行人のふりをして通り過ぎて行きました。
 
 
そして物陰に隠れて、
師匠が番ゲしたら、
僕が出ていきました。
 
 
僕「2人目で番ゲってすごいですね!」
 
師匠「いや最低でも連れ出さないとあまり意味ないんだよなあ」
 
僕「そうなんですね」
 
 
そして師匠がまたいつもの場所で、
立ち止まりました。
 
まるで獲物を見るような、
鋭い目つき。
 
 
師匠はその後すぐに、
綺麗なOLに話しかけに突撃。
ですがガンシカで終了。
 

 

ナンパされて楽しそうにする女の子

 
 
そして4人目。
 
 
師匠がある女の子に、
話しかけにいきました。
 
 
僕も後ろからついていきます。
 
 
師匠が女の子に話しかけた!
 
オープンしました。
 
女の子と話しています。
 
 
そうすると、、、、
その後女の子が立ち止まりました。
 
師匠となにやらなんか話してる。
 
 
今回も僕は師匠の後ろを歩いてたので、
通行人のふりをしてスルー。
 
 
そして物陰から、
師匠と女の子がどうなったかを、
確認しました。
 
 
すると師匠が立ち止まった女の子に、
まだ話しかけている様子。
 
女の子はニヤニヤ、
楽しそうにしてます。
 
 
「えー」という表情が、
口元から見られました。
 
おそらくカフェに連れ込もうと、
打診しているのでしょう。
 
 
「えーとか言う割に、
 女の子ニヤニヤしててワロタwww」
 
と思わず感じる僕。
 
 
結局1分くらいして師匠と女の子が、
カフェの方向に歩き始めました。
 
 
「お!これは連れ出し成功か!」
とワクワクして見る僕。
 
 
結局師匠と女の子は、
プロントのカフェに入っていき、
連絡先を交換し別れたそうです。
 
 
来週にその女の子と会うそうな。
 

 

「ナンパ=悪」の価値観がぶっ壊れた瞬間

 
人生初連れ出しを目の前で見せられて、
それだけで衝撃だったのですが、
 
それよりも驚いたことがありました。
 
 
それは師匠が女の子をカフェに連れ出す途中。
 
女の子がむちゃくちゃ楽しそうに、
師匠と話していたことでした。
 
 
 
まるで最初師匠が話しかけていた時とは、
別人といっても過言ではないです。
 
女の子からは笑みがこぼれていましたし、
師匠が話すたびにニヤニヤしていました。
 
 
 
「あれ?女の子楽しそうだなあ」
 
そう思わずにはいられませんでした。
 
 
もうね僕は一連の流れを、
生で見たからこそ思うのですが、
信じられませんでした。
 
 
僕がナンパを始めて最初の頃は、
 
 ナンパについてくる女の子とか、
 いるわけないし、
 
 連れ出したとしても、
 悪いことをしてるに決まってる。
 
と思ってました。
 
 
ですが、実際に師匠がやっていたのは、
女の子を楽しませて、笑顔にさせて、
連れ出すというトークでした。
 
 
この時から僕は価値観が変わりました。
 
ナンパって女の子を、
楽しませるものなんだ。
 
むしろ楽しませないと、
ついてこないし仲良くもなれない。
 
そう思えば思うほど、
「ナンパ=悪」の価値観が、
消えていったんですよね。
 
 
 
ともかくこの前は、
ナンパの価値観がぶっ壊されたので、
本当に有意義な日でした。
 
 
それではまた。
 
 
 
追伸
 
ナンパの具体的な話などについては、
メルマガで詳しく話してます。
 
ブログで言えないことも書いてるので、
気になる方は覗いてみてください。
 
無料ですし、
いつでも解除できます。
 


-----最後に-----

僕は20歳まで「彼女いない歴=年齢」の童貞でした。
ですが、そんな僕が今では寝取られや浮気などの絶望を乗り越え
”そこそこ”可愛い女性と一緒にすごすことができるようになりました。

・・・と、言っても怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「うそくさーありえねえだろ」
とか思っていることは間違いないかと。

でも、実際に僕の経験談なんですよね。

僕は対人恐怖症、女性恐怖症に悩まされていた時もありました。
またうつ病を患っていたこともあり、時には自殺を考えたこともありました

ですが僕はひたすら恋愛の勉強を繰り返して、
ストリートナンパ、街コン、マッチングアプリ、合コンなどで
とにかく実践しまくりました。

失敗した人数は100人を超えていると思いますが、
今ではその日の気分で彼女やセフレ と毎日を過ごせています。


この経験からどんなに恋愛に苦しんでいる人も、
恋愛の勉強をすることで、
彼女やセフレは簡単に作れると僕は確信しております。


元うつ病患者の僕はどのようにして、
恋愛の道へのめり込んでいったのか?その過程は以下の記事をどうぞ

元うつ病のニャンチカが恋愛弱者から成り上がるまでの物語

ーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、うつ病、女性恐怖症の僕が底辺から這い上がるまでの物語を読む】



>>詳細はこちらから無料で読めます<<