後藤孝規のナンパテンプレートの感想。後藤孝規さんのナンパに疑問

この記事は 6 分で読めます。

こんにちは、ニャンチカです。
今回レビューするのはこの教材。

後藤孝規氏の、
「ナンパテンプレート」です。

 

後藤孝規のナンパテンプレート&実録ナンパ動画

 

周りのブログを見ると、
かなり高評価なこの教材。

 

ただ、僕はこの教材については、
かなり否定的ですし、
あまり使えないという意見です。

むしろ、「買わなくて良い」と、
僕は思っています。

周りが絶賛する中で一人黙々と、
辛口でレビューをしていきます。

かなり毒舌ちっくに書きましたし、
後藤さんの教材とかについても、
色々と書きました。

そこらへんの理解もかなり深まると思うので、
ぜひ読んでもらえたらと思います。

 

後藤孝規さんとは?

恋愛商材業界を知れば、
必ず出くわす怪物の後藤さん。

彼の経歴を知っているだけ、
書いてみます。

 

・モテないことに恐怖を感じ、モテるためにアメリカに留学し、心理学を学ぶ

・帰国後、大手企業への就職の道を選ばず、歩合制のスカウトマンの仕事を始める

・そこから毎日死ぬ気で女性に声をかける生活が続き、店でトップになる

・恋愛コンサルタントとなり、数々の教材を販売する

・元モデルの奥さんと結婚しており、かなりの美女との噂

・1000人斬りの実力を持ち、8000人近くの男性の恋愛相談に乗る

 

まあ、だいぶぶっ飛んでますよねw
少なくとも普通じゃない感しかない。

 

で、実際に彼はかなり多くの教材を出していて、
僕もだいぶお世話になっております。

 

特に彼の教材である、
「Woman Master Project」は、
本当に素晴らしいなと思ってますしね。

 

後藤孝規さんのナンパテンプレートとは?

 

で、彼が得意としているナンパのセミナーと、
女性の前で声をかけるという実録動画が、
ついている教材です。

 

後藤孝規のナンパテンプレート&実録ナンパ動画

 

概要としてはこんな感じ。

本編:ナンパテンプレートセミナー映像

本編:450人斬りの北摂ナンパ師のセミナー映像

特典1:メールサポート(無期限・無制限)

特典2:電話サポート(予約制:購入後90日以内:1回のみ)

特典3:ナンパSNSアカウント

特典4:ナンパ実録動画(3種類)

シークレット特典:後藤孝規や弟子のルックス改善映像&実録映像

 

ボリューム的には結構多いです。
動画も特典を入れたら5時間以上はあるし、
PDFでのレジュメとか書き起こしもついてます。

 

だから、値段の割には、
ボリュームがあるのですが・・・

 

ナンパテンプレート(後藤孝規)が微妙な理由

で、僕は結構後藤さんのことを、
リスペクトしていて彼の教材も、
結構持っています。

ですが、このナンパテンプレートについては、
正直かなり微妙だと思いました。

その理由をいくつか書いていきます。

全然テンプレートになってない問題

 

まず僕が教材を読んでいて感じたのは、

「全然、テンプレート化されてなくね?」

ってこと。

 

まず、ここにあるテンプレートを教わっても、
ナンパができるようになるのは確実に無理です。

 

そもそもテンプレート化とかパターン化が、
役立つのは、「なぜ?」の部分まで、
切り込んで解説されている状況のみです。

 

ていうかこれはテンプレートに限らず、
どんな理論もそうだとは思いますが、

「なぜそれが有効なのか?」が、
解説されていなければ自分で、
応用していくことができません。

 

で、この教材は全くもって、
テンプレートになっていない。

あと、これは後藤さんの特徴でもあるのですが、
彼は「なぜ?」の部分をあまり深く、
解説しない傾向にあります。

それが良いのか悪いのかは人それぞれです。

 

ただ、「ナンパテンプレート」なのであれば、
そのなぜの部分はもう少し、
掘り下げるべきなんじゃないのかなあ

と個人的には読んでいて感じました。

 

後藤さんがセンスでナンパをしていて、
ナンパのロジックを、
うまく言語化できていない感じがします。

 

ナンパの本質に全く触れられていない点

 

まず僕個人がこの教材を読んで驚いたのが、

「ナンパの本質について、
 全く触れられていない」

ということです。

 

例えば、ナンパで重要になるのって、

「どんな雰囲気で話していくのか?」
「最終的に会話の着地点をどこにするのか?」
「どうやってすぐに言い合える関係になるか?」

などの部分です。

 

こういう一見解説しにくい部分が、
ナンパでは一番成功するための肝だったりします。

でも教材内では、
「こういう風に声をかけろ」とか、
「こういう場所でナンパしろ」みたいな、
方法論にかなり終始していたと思います。

(しかもかなり薄い)

 

確かに、

「ナンパってこういう感じで、
   やるものなんだ・・・」

っていうのはわかると思います。

 

でも、実際にこれを読んで、
実践できるかって言ったら、
多分無理だと思います。

 

たぶん、成功イメージも声かけの、
シュミレーションも全くできずに、
地蔵するかとw

で、基本的にナンパを解説したり、
恋愛テクニックなどを話す場合、

「その人の過去の恋愛の葛藤が、
 文章や言葉に宿る」

のが普通です。

でも、彼の場合は、
全くそれが見られない。

彼自身、元からセンスがあって、
それなりにうまくいったのではと、
個人的には感じてしまいました。

 

そして、ある程度のナンパ師になると、
「ナンパとはなんであるか?」という、
定義を自分で行うので、

そこに会話をしていると、
オーラみたいなものが宿るんです。

ナンパを真摯に探求し、女性との、
関わりを持っていけばいくほど、
必ず苦しいことも増えます。

だから、必ず葛藤が増えていくし、
自分でナンパを再定義するタイミングがくる。

でも彼からはそれが感じられなかったし、
本質的な部分にまで切り込んでる印象が、
なかったというのが感想です。

 

声かけの解説の少なさ

 

んで、次に驚いたのが、
声かけの解説の少なさ。

 

「解説が多ければ良い」
っていうわけではないですが、

これで本当にナンパしたことない人が、
声をかけられるようになるの???

ってのが甚だ疑問でした。

 

僕はナンパでは声かけが、
命だと思っていて、

声かけのアプローチの部分を、
徹底してまずは磨くべきという考えです。

 

だって、声かけがミスれば、
相手を止めることもできないし、
ただの発声練習で終わります。

 

会話が成立した後にどうするかとか、
相手から情報を引き出すにはどうするかとか、

そんなのは地蔵を超えて、
相手を止められるようになってから、
学べばいい話で。

 

まず、声かけで、
意識しないといけないのは、

女性から何かしらのプット(反応、発言)を、
得ていくということです。

ネガティブな発言でも、
無視よりはマシなわけで。
(それをどう料理するかですが)

あと、相手を立ち止めさせる意識を持つとか。

 

で、こういった本質的な部分を、
この教材では一切話されていないのが、
僕としてはかなり疑問でした。

 

あと、声かけの位置について、
触れられていないのが謎。

ちゃんとまともにナンパしてる人なら、
「声かけは相手の斜め前から」
ってのは常識のはず。

後藤さんの動画のように、
後ろや横から声をかけたら、
大抵無視されて終わりです。

 

後藤孝規さんはスカウト出身である点

 

僕が後藤さんのナンパを見て思ったのは、
「彼は少し特殊すぎる」
ということです。

 

まず、後藤さんはスカウト出身です。

メルマガとかブログに書いてあったのですが、
アメリカで心理学を学んだ後は、
真っ先にスカウトの仕事を始めたそうです。

そこから毎日女性に声をかける、
生活が続いたとか。

 

で、僕はスカウトとナンパは、
「似ているようで異なるもの」
だと思っています。

 

まずスカウトとかキャッチって、

ある程度無視されることを前提に、
声をかけています。

 

というのは、

「もっといい仕事ありまっせ!」
「今のバイトよりも給料上げられるよ!」

という武器があるので、
最初無視をされても、仕事の話を出して、
女性と会話を成立させることができるからです。

 

だから、声かけがクソ適当でも、
ぶっちゃけあまり問題ありません。

無視されても仕事の話を、
ちらつかせればいいだけなので。

で、後藤さん自身が声かけについて、
あまり触れていないのはこの部分が、
由来するのかなと個人的には思いました。

(声かけの位置がおかしいのもこれかな?)

あと、これは僕の予想ですが・・・・

後藤さんは笑いのトークが、
かなり上手なので、女性に無視されても、
その後の巻き返しが強いのではないか

と感じました。

つまり、粘りが異常に強い。

 

で、これって多分彼がスカウトの時に、
身につけた技なのかなと。

だから、彼は、
純粋なナンパ師というよりも、
スカウトからのナンパ師です。

 

その点で、普通の人がナンパをする際の感覚と、
結構ずれている部分があるかなという感じです。

 

関西出身の人のトークについて

 

あと、関西系のトークについて、
少し思ったのが、

 

関西の方の関西系の笑いとかユーモアって、
小さい頃から身についてることが多いです。

親が友達が先生がお笑いのノリだから、
自分もそれでノリがよくなってくみたいな。

 

あと、関西系の人って結構オチをつけたり、
する傾向にあると思うんですけど、
これも環境によるものですよね。

 

で、こういう風に小さい頃から、
お笑いの要素を学んでいると、

「笑いを言語化して説明できない」

っていう現象が普通に起こります。

 

「小さい頃からそうだったからなー」
で終わります。

だからそれを学ぶのは難しくなる。

 

で、後藤さんだけじゃなくて、
関西系の笑いを中心とした、
ナンパ師の方とかもいらっしゃいますけど、

僕は真似をするのは難しいなと思います。

 

難しいっていうか、彼ら自身、
自分の方法論を説明できないことが多いので、
真似しにくいんです。

 

だから、関西系の人から学ぶときは、
その人がちゃんと説明できるのかを、
僕は結構気にしています。

で、後藤さんも関西系のノリが、
ちょいちょい入ってます。

 

ただ、彼のトークは僕自身は、
結構真似しにくいなあと思います。

 

ナンパテンプレート(後藤孝規)の謎の評価

で、僕がこのレビューしたのは、

「他のサイトでこの教材の評価が
   謎に高すぎる・・」

と感じたからです。

 

例えば・・・・

「この教材の通りにやればうまくいく」
「ナンパをすぐに実践できるようになる」
「よくまとまっていていい教材」

みたいなことが、
たくさん書かれてます。

 

ただ、僕自身これらの意見には、
かなり疑問でしかありません。

 

少なくともこの教材でナンパが、
できるようになるとは思わないし、
良い教材だとも思いません。

誤解を恐れずに言えば、

「この教材が良いと言ってる人は、
 本当にナンパしたことあるの??」

と個人的には思ってしまいます。

 

あと、ナンパ師界隈で、
この教材の話を僕は一度も、
聞いたことがありません。

 

正直、話として出てくるのは、
岡田さんのTAVくらいかなと。

 

まず、後藤さんの話は出てこないし、
この教材が取り上げられたことも、
僕は聞いたことがない。

で、僕はそれが現実だと思うんです。

 

「これはいい教材ですよ!
 ナンパができるようになります!」

と言っている怪しい、
レビュワーを信頼するのか、

実際にナンパ界隈での、
「全くこの教材の名前が出ない」
という事実を信頼するのか。

 

そこは各々の判断にお任せします。

 

で、僕がこんなに批判している理由は、
上述の通りです。

 

少なくとも、後藤さんからナンパの、
指導力を全く感じられないというのが、
個人的には問題かなあと。

確かに後藤さんは話も上手だし、
LINEを交換したり、
ホテルに連れ込んでいる。

 

でも、これを真似しろって言われても、
正直、再現性がないから難しいし、

「本当にこれで教わった人は、
 ナンパができるようになるのかな?」

とは思ってしまいました。

 

話を戻して、僕が一番悲惨だと思うのは、

「評価が高いと思ってこの教材を買って、
 それで実践してしまう人」

です。

 

ていうか、実践すらたぶんできないはずだし、
普通に声をかけてもガン無視されて終わります。

 

 

さらにもっと言えば・・・・

この教材を評価している人は、
ナンパをしたことがない

と断言せざるを得ません。

たぶん、なぜあの教材がダメなのか、
っていうのは実際にやった人じゃないと、
絶対にわかりません。

 

ただ、彼の実力が全くないのかというと、
そんなこともないと思ってます。

前に後藤さんは、

「ナンパ音声フルパッケージ63本」
という教材を販売してました。

それは女性に声をかけて、
ホテルに連れ込んで、
セ○クスをするまでを録音し、

後藤さんが射精するまでの、
音声を63本配布するというもの。

 

んで、実際に63本ともきっちり、
女性を連れ込んでヤっていたので、
実力は高いんだと思います。

 

だから、別に後藤さんが詐欺師だとは、
全く言うつもりはありません。

 

ただ、少なくとも彼の教材を見て、
ナンパが上達することは、
あまり考えられないなと思ったわけです。

 

 

後藤孝規さんは個人的には好きだけど・・・・

 

で、僕は別に後藤さんが嫌いとか、
敵意があると言うわけではありません。

 

むしろ、彼の教材は好意的に思っていて、
「Woman Master Project」なんかは、
かなり素晴らしいと思ってます。

「すげえ・・・こんなによくまとめたな」
と思いましたし、

僕が何をすればいいのかわからなかった時に、
この教材を買っていればもっとすんなりと、
モテるようになってたんだろうなと。

 

ただ、Woman Master Projectの、
評価が非常に高かったからこそ、
今回のナンパテンプレートは残念でした。

 

もしかしたら、万人向けに作って、
あえて内容を薄めてるのかもしれませんが、
ナンパを実践している人からしたら、
かなり疑問が残る教材です。

 

個人的には、多少値段を上げてでも、
後藤さんならもっと本格的なナンパ教材を、
作れるのでは?と思いますし、
作って欲しいです。

 

それにこの教材の評価が高いというのが、
僕はすごい気になるというか謎でしかないし、

「本当に多くの人が実践してないのに、
 ナンパを知ったかぶりして高評価とか、
 書いちゃうんだな・・・・」

と恐ろしくなった件でもあります。

 

それでこの教材の言ってることが、
正しいと思い込んで実際にやって見ても、
全然声をかけられない。

「声をかけられないなんて、
  俺ナンパに向いてないのかな??」

それで落ち込んでしまう。

 

いやいやw
それあなた悪くないっすからw

と言いたいですね。

 

【結論】後藤孝規さんのナンパに疑問を持った

 

で、色々と書いてきましたけど、
この教材についてはかなり否定的です。

別に悪意とかあるわけじゃないんですけど、
他のサイトではかなり高評価だったので、
少し辛めに書いたって感じです。

で、やはり彼はスカウトが本流であって、
純粋なストリートナンパとは違うな。

というのが今回思ったことです。

 

だから、少し彼のやり方、流派は、
かなり特殊です。

 

それにこれがナンパだとは、
あまり思わない方がいいと思います。

 

もちろん、ノリと勢いでナンパする人は、
参考になるかもしれません。

でも、ノリと勢いでナンパできる人は、
たぶん、恋愛商材なんか買わないと思いますし、

それができないから、教材を、
探しているんだと思いますw

 

あと、やっぱり実力はあっても、
指導力があるかどうかは、
全く別なんですよね。

 

彼の恋愛コンサルタントとしての、
実力はかなり高いと思います。

 

実際にそれは、

「woman master project」

などの教材を見ればわかります。

 

でも、ナンパの指導力は別です。

 

教材を聞いてナンパの世界を知る分にはいいけど、
これがナンパだとは思わないで欲しいし、
この通りやってもうまくいかないと思う。

 

だから、この教材は買う必要がないかな、
というのが僕の意見です。

 

もし、ナンパの世界を知りたいのであれば、

フクイレン氏の
「だからお前はもてないんだやれ」
の方が100倍いいですし、

 

ガチでナンパに取り組んで、
LINE交換しまくり、やりまくりの生活を、
目指すのであれば、

岡田さんのTAV一択です。

 

 

今回はかなりボロクソ書いているので、
批判とかもあるかもしれないですが、

現場の人間としてはかなり否定的に、
ならざるを得ない教材でした。

もし、実際にナンパをしていて、
この教材が役立ったという人がいれば、
コメントでも残してくださればと。

 

一応、リンクを貼っておきますね。

後藤孝規のナンパテンプレート&実録ナンパ動画



-----最後に-----

僕は20歳まで「彼女いない歴=年齢」の童貞でした。
ですが、そんな僕が今では寝取られや浮気などの絶望を乗り越え
”そこそこ”可愛い女性と一緒にすごすことができるようになりました。

・・・と、言っても怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「うそくさーありえねえだろ」
とか思っていることは間違いないかと。

でも、実際に僕の経験談なんですよね。

僕は対人恐怖症、女性恐怖症に悩まされていた時もありました。
またうつ病を患っていたこともあり、時には自殺を考えたこともありました

ですが僕はひたすら恋愛の勉強を繰り返して、
ストリートナンパ、街コン、マッチングアプリ、合コンなどで
とにかく実践しまくりました。

失敗した人数は100人を超えていると思いますが、
今ではその日の気分で彼女やセフレ と毎日を過ごせています。


この経験からどんなに恋愛に苦しんでいる人も、
恋愛の勉強をすることで、
彼女やセフレは簡単に作れると僕は確信しております。


元うつ病患者の僕はどのようにして、
恋愛の道へのめり込んでいったのか?その過程は以下の記事をどうぞ

元うつ病のニャンチカが恋愛弱者から成り上がるまでの物語

ーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、うつ病、女性恐怖症の僕が底辺から這い上がるまでの物語を読む】



>>詳細はこちらから無料で読めます<<