過去のトラウマは諸刃の剣。生かすも殺すも自分次第

この記事は 3 分で読めます。

 
こんにちは。ニャンチカです。
 
今日はですね。
過去のトラウマって諸刃の剣なんだよ
という話をしていきますね。
 
 
この記事では、
 
”トラウマ”との向き合い方について、
 
書いています。
 
 
 
ほとんどの人が過去のトラウマによって、
行動できなくなることが多いですが、
 
これを読めばどうやって行動すればいいか、
わかるようになっています。
 
トラウマに苦しんでいる人は、
このまま読み進めていってください。
 
 
それでは早速書いていきますね。
 
 
それでは物語の始まり始まり〜
 
 

恋愛コンプレックスの知り合いと一緒にストリートナンパ

 
最近ブログの読者さんからメールが来たり、
友人や知り合いからナンパについて聞かれたりと、
相談をもらうことが増えてきました。
 
 
僕としては嬉しい限りですし、
できるだけ一生懸命になって、
答えようといつも頑張っております。
 
 
 
今回も僕の知り合いから相談をもらいました。
 
 
「女の子と何を話せばいいかわからない」
という相談です。
 
 
 
 
で色々話していたのですが、
知り合いの彼にある問題が、
あることに気づいたのです。
 
 
それは・・・・
 
 
 
女性に強烈なコンプレックスを抱えている
 
 
ということでした。
 
 
 
 
彼は大学2年生なのですが、
これまでに付き合った経験も、
セ○クス経験もなし。
 
中学に女の子からいじめられたことと、
高校では好きな女の子に告白したものの、
振られて、陰口を言われまくったこと。
 
 
これらの出来事が
彼の女性コンプレックス
を作ってしまったのです。
 
 
「女の子と話してて怖くなる」
と彼はよく話していました。
 
 
僕はそれを聞いた時に、
 
「彼女どうこうの前に、
 そっちを治す方が先だな」
 
 
と思ったので、
まず小さな成功体験を積ませるために、
2人でストリートナンパを始めました。
 
 
 
2人でナンパすることで
女性と会話する時間が増えて、
 
女性慣れをすることはできたので、
それはよかったです。
 
 
そんな感じで彼とナンパをしつつ、
恋愛のアドバイスをしているのですが、
 
 
彼がふと呟いた言葉があります。
 
 

トラウマは気合いで解決できるのか?

 
 
 
「お前はいいよなあ。そんなにモテるようになって」
 
「俺だって昔いじめられたりしなかったら、
 ガンガン行けてたんだろうな」
 
 
 
それを聞いた僕は、
思わず答えに詰まってしまいました。
 
 
 
なぜかというと、とても、
複雑な気分になったからです。
 
 
「は?過去を言い訳にすんなよ」
と少し腹立たしい気持ちもあり、
 
 
「誰でも努力すればこんくらい余裕だから」
と思う気持ちもあり、
 
 
2つの相反する気持ちが葛藤していたからです。
 
 
 
「うん・・・」
 
と言葉が出てこない僕。
 
 
 
 
 
僕は迷いました。
 
 
「なんて彼に言うのがいいんだろうか?」
 
と。
 
 
 
 
 
ここで彼を激励して、
 
「過去を言い訳にしないで努力しようぜ!」
 
と言うのは簡単だ。
 
 
「そんな昔のことでいつまで悩んでるんだよ」
「くよくよして女々しいぞ」
 
と一蹴するのはあまりにも容易い。
 
 
でも彼にそれが響くだろうか・・・
 
 
僕はそうやって必死に考えている時、
ある自分の姿が重なりました。
 
 
 

トラウマは気合いで解決できない

 
それは・・・・・
 
 
 
今目の前で悩んでいる彼と、
昔、恋愛に悩んでいた僕の姿です。
 
 
 
「ああ・・これ昔の俺じゃん・・・」
 
 
 
その時僕は過去の恋愛で苦しんだ経験が、
一気にフラッシュバックしてきました。
 
 
 
 
中学は女の子とまともに会話できずに、
トイレに逃げ続けていた日々
 
 
高校では好きな子からストーカー扱いされ、
地獄のような日々を送ったこと
 
 
 
いろんな女の子とデートしても、
全くいい感じになれずに、
音信不通が連続したこと
 
 
 
自分はこのまま女の子と仲良くなることなく、
人生を終えるのかと毎日夜中泣き続けた日々
 
 
 
・・・・・・・・・
 
 
 
そう思った途端、
 
彼に叱咤激励を飛ばすことの、
愚かさを理解しました。
 
 
 
 
トラウマというものは、
一生心に残ります。
 
大勢の前で容姿を馬鹿にされたり、
いじめられた本人からすると、
その出来事は絶対に忘れることはできない。
 
 
忘れていたつもりでも、
ふと思い出す。
 
 
事実、自分はこうやってナンパで、
女の子を捕まえまくっていても、
 
高校時代の出来事は、
たまにフラッシュバックするし、
夢でうなされることもある。
 
 
どれだけたくさんの女の子と、
エ○チし続けても、
前の彼女のことが、
忘れられないのと同じだと思う。
 
 
一度受けた強烈な出来事は、
一生忘れることができない。
 
 
これは受けた人にしかわからない痛み。
 
受けたことがない人には、
理解できない根深い悩み。
 
 
彼も女の子から陰口を叩かれまくったり、
いじめられていたりして
今でも心にそれが残っているのだろう。
 
 

トラウマをモチベーションにできたら最強

 
 
 
実際僕もいじめられていたのが、
トラウマになっています。
 
もう高校を卒業して、
4年が経とうとしているのに、
 
なぜかふとそのことを、
考えてしまうことがよくあるんです。
 
 
 
 
で一人で考えては、
赤面したり、
一人で焦ったりしてますw
 
 
そう思うと、
僕は彼になんて言えばいいのか、
すっと頭に浮かんできました。
 
(なんだ簡単じゃないか。普通に言えばいいんだ)
 
 
「自分も過去にいじめられたことがあるから
 トラウマになって怖くなる気持ちはわかる」
 
 
 
「でもそんないじめっ子のせいで
 あなたの人生を変えて欲しくない」
 
 
 
そして僕は
 
「過去にどれだけ恋愛に苦労したのか?」
「大学に入って死ぬほど努力して彼女を作ったこと」
「朝から晩まで必死にナンパし続けたこと」
 
を彼に話しました。
 
 
 
 
そして、
 
過去に受けたトラウマを
諦める理由にするのではなく、
行動する理由にする
 
 
ということを、
彼に話しました。
 
 
 
 
正直これを持っている人は、
ナンパでは強いです。
 
 
 
実際ナンパ師の多くは、
 
「過去自分が味わえなかった青春を取り戻す」
 
ためにナンパしている人が多い。
 
 
朝から晩まで何年間もナンパし続けられる、
モチベーションは過去の恋愛の、
コンプレックスにあったりします。
 
 
 
そして誰にだって、
人生を楽しくする権利はある。
 
だからこそいじめられっ子に、
取られた時間を取り戻さなければならない。
 
絶対に奪い返して、
幸せになる権利がある。
 
 
そうやって僕は彼に話し続けました。
 
 
 
 
 
もちろんこういうマインドの話は、
実際に言葉にして伝えるだけでは、
不十分です。
 
 
何回も聴き直して、
頭に刷り込んだり、
 
実際に行動して、
マインドの重要性に気づかないと、
自分の血肉にすることはできません。
 
 
 
なので彼もその部分については、
腑に落ちたり腑に落ちなかったり、
というような表情をしていました。
 
 
 
ただ彼は僕の言葉には、
多少なりとも共感は、
してくれたみたいでした。
 
 
女性のコンプレックスを解消しようと、
一緒によくナンパをしたり、
 
自分から出会いを求めたりと、
積極的に行動できるようになってきたのです。
 
 
今では女の子から、
番ゲもできるようになったし、
本当に良かったです。
 
 
彼はナンパでスキルを磨いて、
今後はサークルや普段の出会いで、
彼女を作ることを目標にしています。
 
 
こうやって実際に、
恋愛に悩んでいる人が自分のところに来て、
 
努力して、行動して、成功する。
 
 
という姿を見れるのは、
本当に嬉しいですね。
 
 
もちろん彼には、
僕の師匠を紹介したり、
教材を紹介したりと、
 
バリバリストリートをこなし中です。
 
 
・・・・・・
 
 
ということで今回は、
友人がトラウマで苦しんでいる話を、
していきました。
 
 
僕も過去にトラウマで、
苦しんだからわかるのですが、
 
「忘れちまえよ!」と簡単に、
片付けられるものではありません。
 
 
 
むしろ忘れなくていいですし、
忘れずに自分を奮い立たせるための、
 
材料にしていくことを、
お勧めします。
 
それではまた。
 
 




最後に

僕は20歳まで「彼女いない歴=年齢」の童貞でした。
ですが、そんな僕が今ではナンパ師になって
色んな女の子と付き合ったり、エ○チできるようになりました。

・・・と、言っても怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「絶対嘘だろwwwありえねえよwww」
とか思っていること間違いないですね笑

ですが、これは紛れもない真実です。

僕は対人恐怖症、女性恐怖症に悩まされていた時もありました。
またうつ病を患っていたこともあり、時には自殺を考えたこともありました

ですが僕はナンパの勉強と実践を繰り返したことで、
スキルを身につけていき、
色んな女の子と仲良くなれるようになりました。
そうして僕はナンパ活動をしているのですが、本当によかったなと思っています。

この経験からどんなに恋愛に苦しんでいる人も、
ナンパスキルを身につけることで、
女の子と仲良くなって彼女にしたりセ○レにすることはできると僕は確信しております。

うつ病の僕はどのようにして、
ナンパ師になれたのか??その過程は以下の記事からどうぞ。

うつ病のニャンチカがヤリチンになるまでのストーリー

ーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、対人恐怖症だった僕がヤリチンになるまでの物語を読む】



>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<