モテるために勉強してる男はほぼ皆無。だから、学べばマジでヤリチンになれるって話

この記事は 3 分で読めます。

こんにちは、ニャンチカです。

久しぶりのブログ更新ですが、
思うことを書いていきたいと思います。

色々と書き殴ってみました。

「恋愛の勉強をすれば男は簡単にモテるようになる」
って話です

 

突然ですが、

マジで男がモテるようになるのって、
本当に難しくないですし、
世間一般の人が考えるよりイージーです。

いきなりなんだと思うかもしれませんが、
最近はマジでずっと思ってます。

僕はモテることを難しく考えすぎていたのかもしれないと。

 

恋愛を本気で学べば誰でもモテるようになる

まず、恋愛って本気で学べば、
男は誰でもモテるようになります。

いやマジで変わります。

 

女性はどういう時に恋に落ちるのか、
どーいう状況で人を好きになるのか、
どんな会話が好きなのか、
我々男性に何を求めているのか、

などの情報がわかれば、
マジで恋愛はイージーモードになります。

 

女でモテるのはマジで難しい、でも男でモテるのは意外と簡単

 

モテるのは簡単だとか色々書いてきましたけど、
女性に比べたらマジで簡単な世界です。

 

女性は毎月自分の美を保つために、
化粧品だの洋服だのに数万円を、
使っています。

美女と呼ばれる女性になると、
毎月10万円近くを自分の維持費に、
使っている場合もあります。

 

ぶっちゃけ、女性がモテるかどうかは、
「顔が全て」ですから、

女性たちは少しでも可愛く見せようと、
マジで必死です。

 

イメージとしてはほとんどの女性が、
自分にお金をかけまくっているんで、
あんまり差別化ができないんですよ。

量産型女子なんて言いますけど、
量産型になるほどみんな金をかけて、
努力しまくってるってことです。

 

ですが、それに比べて男性ってのは、
どうでしょう?

毎月数万円モテるために金をかけたり、
時間を使ってる人っていないですよね?

だからこそ、イージーなんです。

 

男性で見た目に無関心な人は、
本当に酷いレベルで金も時間も使いませんから、
簡単にかっこよくなれます。

ぶっちゃけ、男性でモテるために、
毎月数万円使っていたら、
彼女とかすぐにできます。

 

だって、そんくらい頑張ってる男って、
ほとんどいないんですもん。

マジで皆無。

競争が激しい女に生まれなくてよかったーと本当に思います。

 

 

女性恐怖症の僕でも恋愛を学んだらガチで人生変わった

 

実際に僕もかなり恋愛の勉強はしました。

恋愛本を片っ端から読み漁ったり、
ネットに落ちている無料の情報は拾いまくりました。

で、色んな教材とかコンサルとかをこれまでに、
たくさん受けてきましたけど、
本当に見える景色が変わるんです。

 

例えば、女性と話している時でも、
何をすれば今後女性の反応が上がるのか、
何を話せば食いつきが上がるのか、

 

今、女性は何を話したがっているのか、
女性は自分に対してどう思っているのか??

 

こーいうことがわかるようになりましたから、
そりゃヤレるに決まっています。

僕自身、

 

僕がモテなかったのはモテる理由を知らなかったから。ただそれだけ

 

で、昔の僕がいかにモテなくて、
人並み以上にコンプレックスを、
抱えていたかについては、

プロフィールページなどを見ていただければ、
理解できるかと思います。

 

で、当時はかなり苦労して、
自分に欠陥があるからなんじゃないかとか、
人として問題があるからなんじゃないかとか、
色々考えました。

 

でも、今考えればうまくいかなかった理由は本当にシンプル。

「モテるための方法を知らなかったから」

マジでこれにつきます。

 

ぶっちゃけ、彼女を作ったりとか、
セフレを作るのに人間性とか、
人としての器って必要条件ではありません。

クズみたいな男でも女を抱きまくってたり、
モテまくってる人ってたくさんいますから。

 

だから、別にモテなかったとしても、
人間的に欠陥があるとかそういうわけでは、
なかったんだなーと強く思います。

 

ほとんどの男がノリと勢いだけで女性にアプローチしている

まず大前提として抑えておきたいのが、
世間のほとんどの男性はノリと勢いだけで、
女性にアプローチしています。

もっとはっきり言えば・・・・

ヤりたいから声をかける

おちんちんのいいなりになって、
ヤりたいから飯に誘う

断られても何回も誘い続ける。

自分がおしゃべりしたいから、
喋りたいことを喋る。

 

こーいう状態です。

 

まあ、何が言いたいのかというと、
誰も考えて女性にアプローチをしてない、
ってことです。

考えてないどころか、
おちんちんのいいなりですから、
動物かよって話です。

(昔の僕がそうだったので、
   偉そうなことは言えませんが)

 

で、何も考えていないってことは、
焦点が自分に当たっています。

女性を楽しませるためにってよりも、
自分が喋りたいから、ヤりたいから、
一緒にいるという風になってるわけです。

 

これじゃうまくいきませんよね。

当然、落とせる女性も落とせません。

 

フィーリングとか相性が大事と言うのはやめるべき

 

で、こういう勢いで声をかけたり、
おちんちんのいいなりになって、
アプローチするのはやめるべきです。

まあ、別にそれは楽しいかもしれないんですけど、
そうなると、

「狙った女性を落とす」
ってことができなくなるんです。

もう本当に確率論の世界になるので、
だから、僕はあまりオススメしないです。

ぶっちゃけ、性格が微妙であっても、
めちゃくちゃ可愛かったら、

「ヤりたい!!!」
「付き合ってみたい!!」
とは思いますよね。

 

「俺は性格が良い奴じゃないと嫌なんだ!」

とか言ってても、1回ヤっちゃえば、
付き合いたくなるはずです。

だから、「フィーリングがーー」とか、
そういうのは付き合った後に考えれば、
いいことであって、付き合うまでは、

戦略的に賢く女性を狙うべきです。

 

そのために、恋愛の勉強を、
する必要がどうしても出てきます。

 

恋愛の勉強は誰でもできるし、楽しいもの

 

で、勉強というとつまらなかったり、
楽しくないイメージをされる人が、
非常に多いんですけど、

恋愛の勉強はそんなことはないです。

むしろ、メリットありまくりで、
めちゃくちゃ楽しいものです。

マジで楽しいですよ。

 

実際、高校時代に教室の端っこで、
1人で本を読んでいた僕ですが、
気軽に女性と遊べるようになりました。

 

最近は年上の女性と話すことが、
非常に増えてきましたけど、
色んな女性にアプローチできるようになったのが、
何より嬉しいですね。

・女子高生(18歳以上の合法JKです)
・キラキラ女子大生
・バリバリ働くキャリアウーマン
・CA
・モデル
・受付嬢

などなど色々な女性に、
勝手にアプローチをすることが、
できるようになりました。

当時の僕だったらマジで、
考えられないですね。

実際、女性の目を見るだけで、
頭が真っ白になるほどの、
女性恐怖症でしたからw

マジで中学の時は女の子と、
話していると手が震えたり、

大学では「アル中なの?」と、
震える手を見て言われたりもしました。

最近はストリートで声をかけたりとか、
アプリを使って月に10人以上と会いまくってますw

いや、本当に人生って、
何が起こるかわからないです。

 

中学の自分が見たら仰天するでしょうね。

 

 

で、話を戻して恋愛の勉強って楽しいです。

「自分が何をすれば良いのか」が、
はっきりとわかりますし、

どうすれば女性が落ちるかを、
言語化して理解することが、
明確にできるからですね。

女性をホテルに効率的に連れ込める方法とか、
そーいうのを学べたら面白いと思いませんか?

僕は本当に楽しかったです。

僕がモテなかった頃、
こーいう情報を知れることで、
本当にアドレナリンが出まくりでしたし、

勉強すれば勉強するほど、
何をすれば良いのかわかってきて、
女性に対する恐怖も消えて行きました。

いやー、大学1年生の時に、
恋愛商材を読みまくって勉強した頃が、
本当に忘れられないです。

「こんな世界があるのか!!!!」
とマジでビビりまくりましたから。

 

まあ、色々書いてきましたけど、
恋愛の勉強と言われても、
何をすれば良いのかわからない人が、
多いかと思います。

勉強の内容については色んな記事で書いてますけど、
メールセミナーでは色々書いています。

ブログよりも具体的な情報を話してるので、
勉強したい方は読んでおいて下さい。

 

→ニャンチカのメールセミナー

 

それでは今日はこの辺で失礼します。

ピチピチの19歳女子大生から渋谷でLINEを奪った音声が聞けます

 

 

上記の音声は、渋谷のセンター街で、
高校卒業したてのピチピチ女子大生から、
たった3分でLINE交換に応じさせる音声の一部です。

現在、特別プレゼントにて、LINE交換音声の、
全貌と解説をお渡ししています。


対人恐怖症だった僕がどのようにして、
街中で女の子に声をかけてLINEを、
抜き去ることができたのか?

どんな思考でテクニックを使っているのか?

僕が底辺から這い上がれた理由とは?


その全てを理解できるようになってます。

絶対にブログには書けない恋愛の裏話を、
クローズドのメール講座で知ることができます。

→ニャンチカのメール講義を読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください