モテ会話マスタープログラムの注意点。実践して気づいたけどさ・・

2週間でモテるようになるメールセミナーを無料でやっています

この記事は 2 分で読めます。

こんにちは、ニャンチカです。

今日は最近僕がオススメしている、
モテ会話マスタープログラム。

→モテ会話マスタープログラムの詳細

この教材の感想をしっぽりと、
書いていきたいと思います。

主に2点書きました。
ネタバレにならない程度に書いていますw

んで、主に書いていくのは、

僕が実践をして得られた気づきや
フィードバックについてです。

 

実際にモテ会話マスタープログラムを、
使って女性と会話をしてどうだったか?

ここですね。
これを書きます。

それではいきます。

①キャラ作りに命をかける

ぶっちゃけここが命ですね。
マジでキャラ命です。

キャラを作ることに全力投球して、
教材内で話されているキャラを、
しっかりと作っていく。

これをまずは意識する必要があって、
これをミスると盛大に失敗しますw

まず会話とか話の内容って、
「誰が言うのか?」の部分が、
めちゃくちゃ大事になってきます。

例えば、サッカー部でイケメンで、
クラスの人気者の男と、

超陰キャラでコミュ障で、
女の子からは不気味がられる男では、

同じセリフを言ったとしても、
絶対に反応が変わるはずです。

まあ、これはよくよく、
考えれば当たり前ですが、

「誰がそれを言うのか?」の部分が、
会話の全てだと思っても良いです。

極端な話、自分のキャラができてれば、
どんなことを言ってもウケますし、

キャラができてなければ、
面白いことを言っても滑ります。

 

んで、それは、
モテ会話マスタープログラムでも、
全く同じことです。

この教材を買った人の多くは、
「出水さんのセリフや言い回しをパクろう!」
と考えると思うんですけど、

もっと大事なのは、
「出水さんのキャラやノリを真似しよう」
って部分です。

ここをしっかりと学ばないと、
本質を見失います。

注意しておくべきなのは、

「出水さんが面白いことを、
  言っているから女性がウケている」

というわけではないんです。

 

「出水さんのキャラが良いから、
 どんなことを言っても女性が受ける」

「だから、面白いことを言ったら当然ウケる」

というだけの話なんですね。

 

僕自身も出水さんのセリフや、
言い回しを真似しまくった時期が、
あったんですけど、

キャラを変えずにあのノリで話したら、
普通にビビられましたw

「普段静かなのに急にどうしたのw」
みたいな。

 

もちろん、新しいコミュニティとか、
今まで話したことがない女性なら、
結構効果はあったんですけどね。

 

ただ、出水さんのような言い回しよりも、
出水さんのノリとキャラを真似しないと、
効果は半減するので要注意です。

 

 

②相手をよーく観察する

まず基本的にモテ会話で、
出水さんが話しているのを見ると、

結構テンションはやや高めです。

まあ、何を持って、
テンションが高いとするのかは、
全くわかりませんが。

 

少なくとも真面目コミュ障人間の、
僕にとってテンションは、
やや高いと思います。

ただ、テンションが高い方が良いのか、
低い方が良いのかは相手によります。

この教材では相手のテンションの、
少し上で調節すると話されていましたが、

相手をよーく観察して、
相手のテンションに合わせないと、
会話がうまく噛み合わなくなります。

あとオーバーリアクションも、
するかどうかは人次第ですね

そこは本当に相手を見て判断する感じです。

 

なので、モテ会話マスタープログラムを、
そのまま丸パクリで実践する前に、

必ず目の前の女性を観察して、
分析しておきましょう。

そうすることで、より効果が得られます。

 

ってことでしっぽり感想でした。

まだ買ってないよーって人も、
購入済みの人も参考にしてもらえればと思います。

 

特典ではこの教材の効果的な使い方について、
さらに詳しく書いているので見てもらえればと思います。

→モテ会話マスタープログラムの詳細はこちら

ピチピチの19歳女子大生から渋谷でLINEを奪った音声が聞けます

 

 

上記の音声は、渋谷のセンター街で、
高校卒業したてのピチピチ女子大生から、
たった3分でLINE交換に応じさせる音声の一部です。

現在、特別プレゼントにて、LINE交換音声の、
全貌と解説をお渡ししています。


対人恐怖症だった僕がどのようにして、
街中で女の子に声をかけてLINEを、
抜き去ることができたのか?

どんな思考でテクニックを使っているのか?

僕が底辺から這い上がれた理由とは?


その全てを理解できるようになってます。

絶対にブログには書けない恋愛の裏話を、
クローズドのメール講座で知ることができます。

→ニャンチカのメール講義を読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください